HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国のプサンの日本総領事館で放火未遂事件発生、TBSは放火未遂をした男を「逮捕はされていないということです。」と報道、日本政府は危険な韓国への渡航を自粛するように日本国民・日本人女性に呼びかけるべきだ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国のプサンの日本総領事館で放火未遂事件が起きたのはご存知だと考えます。
 
 
韓国・プサンの日本総領事館に放火未遂
 
24日午後、韓国・プサンの日本総領事館の前で抗議行動をしていた男が、入り口付近に火をつけようとして警察に取り押さえられました。けが人は無く、建物への被害もありませんでした。

 韓国のプサン警察庁によりますと、24日午後4時頃、プサンの日本総領事館の前で、60代の男が持っていたスプレーにライターで火をつけようとして、警察官らに取り押さえられました。けが人や建物への被害はありませんでした。

 男は、日本が竹島の領有権を主張していることに対して1人で抗議活動をしていて、日本総領事館と書かれた建物の表札部分に火をつけようとしたとみられています。
TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5114831.html
 
>韓国のプサン警察庁によりますと、24日午後4時頃、プサンの日本総領事館の前で、60代の男が持っていたスプレーにライターで火をつけようとして、警察官らに取り押さえられました。けが人や建物への被害はありませんでした
 
TBSは24日18:55の報道で、放火未遂をした男を「逮捕はされていないということです。」としました。
 
TBSの報道が事実であれば、韓国のプサン警察庁は放火未遂の犯人を逮捕しなかったことになります。
 
 

 
日本総領事館と書かれた建物の表札部分に火をつけようとした韓国人
 
7月9日午前5時前には、在韓日本大使館の正門へ抗議トラックが突入する襲撃事件が起きています。
 

 
 
8月24日の野田首相の記者会見について、韓国政府は日本政府を批判しています。
 
韓国メディアも日本政府を批判して、韓国人の反日感情は極めて高まっています。
 
日本人は、このような韓国に行くのは危険です。
 
韓国観光公社調べによると、8月1日から15日までの日本人観光客数は16万7千人余りで、前年度より14%の増加をしています。
 
JTB総合研究所によると、ウォン安・韓流ブームの影響で、2008年から2011年までに韓国旅行をした20代の日本人女性は倍増しています。
 
20代女性の海外旅行総数の28.7%を、韓国旅行が占めるまでになっています。
 
2008年以降は男女比が逆転して、2011年には韓国への日本人旅行者数の58.6%を女性が占めるようになっています。
 
韓国旅行は女性だけでの実施が半数以上で、20代では7割以上ということです。
 
「女性の韓国旅行の実態調査」
 
・韓国を訪れる日本人旅行者の約6割は女性
 
特に20代女性が急増し、08年から11年までに倍増。
・韓国旅行は「女性だけ」で出かけたい
  直近の韓国旅行は女性だけでの実施が半数以上。特に
20代は7割以上
・韓国旅行は一度行ったら「虜」になる傾向も
  
3年以内に韓国旅行をしている女性の再訪意向は強い
 
JTB総合研究所( 東京都千代田区  代表取締役社長 日比野健)では、「女性が牽引する韓国旅行の実態調査」を実施しました。
この調査は、
1989年から毎年発行している「JTB REPORT 日本人海外旅行のすべて」の調査より、近年韓国への旅行者のうち、特に20代の若い女性が大きく伸長していることに着目し、その人気についてさらに調査分析をしたものです。主な調査結果は以下のとおりです。
 
 
20代女性の韓国旅行、2009年以降に急増。 理由はウォン安と「新しい韓流ブーム」の影響
日本人の出国者数は、2005年以降、毎年1,700万人前後で推移しているが、2008年、2009年は、リーマンショックや新型インフルエンザの影響により1,500万人台に大きく減少した。
しかしながら、韓国への旅行者は、
2008年は総数で約235万人(1)と前年比6.4%増。これが2009年は約302万人(1)と前年比28.6%も増加し、初めて300万人台となった。特筆すべきことは2008年以降男女比が逆転して、2011年には韓国への日本人旅行者数の58.6%を女性が占めるようになったことである(図1)。
1:航空会社等乗務員を除く
 
図1
 

 
女性のなかでも特に目立つのが20代女性で(図2)、2008年から2009年にかけて62.1%増という驚異的な伸びをしている。この韓国旅行人気は年を追って高まっており、2008年から2011年までに20代の韓国への旅行者数は倍増している。また、20代女性の海外旅行総数の28.7%を韓国旅行が占めるまでになった(図3)。

図2
 

 
図3
 

 
 
 JTB総合研究所
 
私は本ブログ5月の記事で、韓国で45歳の日本人女性が韓国人男性から性的暴行を受けて、在韓日本大使館が警察へ告訴状を提出したことを書き記しました。
 
韓国旅行をしていた日本人女性は、ゲストハウスの経営者の友人らと一緒に酒を飲んだ後、ゲストハウスに戻って自分の部屋で寝ていました。
 
日本人女性は、ゲストハウス経営者の友人の韓国人男性が部屋に入り込んで、肛門性交やオラルセックスを強要され、性的暴行を受けたと主張しました。
 
また、本ブログ6月の記事にしましたが、セブ島で20代の日本人女性2人が韓国人男性に強姦された事件が起きました。
 
韓国人男性の2人は、6月22日夜から23日未明にかけてセブ市内の飲食店で、日本人女性2人にテキーラやビールを大量に飲ませて泥酔させました。
 
そして、女性たちが酔って意識を失うと、日本人女性2人をモーテルに連れ込んで集団強姦をしました。
 
4月に韓国メディアが、「弘益大学クラブで男5人組みと酒を飲んでこん睡」~被害者の申告を敬遠して観光会社もみ消し、というタイトル記事を報道しました。
 
韓国メディアは、若者たちがダンスを楽しむクラブが多く密集する弘大(ホンデ)一帯で、外国人女性を狙った性的暴行事件が相次いで起きているとしています。
 
日本人女性6人がクラブで出会った5人組の男から、居酒屋で薬物を投与された酒を飲まされて、性的暴行を受けたという情報もあります。
 

 

 
 
韓国の性犯罪率の高さは有名です。
 
世界のレイプ発生数ランキングの1位は南アメリカで、アジアのレイプ発生数ランキング1位は韓国(参考:NATIONMASTER)です。
 
しかし、これは、現行犯・被害届での性犯罪率だと考えられます。
 
韓国で発生する強姦など性犯罪は、2007年の1年間で人口1万人当たり3・16件発生して、米国は1万人当たり3・09件の発生でした。
 
韓国は、被害者が周囲を気にして被害届を出すのは米国よりも少ないと予想されるので、実際は米国以上の発生率と考えられます。
 
韓国最高検査庁が発刊した「2011年犯罪分析」によると、2010年1年間の性犯罪は1日平均54.6件発生しています。
 
13歳未満の児童が被害に遭った性犯罪は、1日平均3.2件発生しています。
 
性犯罪事件数がもっとも多い地域は、首都のソウルです。
 
韓国の検察庁で捜査を受けた性犯罪者は、2010年は2万1116人です。
 
小中高生による学生間の性犯罪事件は、2010年7月までで90件で、2日に1件発生しています。
 
親族による親族間性暴行犯罪は、2010年は468件で、1日1件以上発生しています。
 
韓国警察白書(2011年版)の性暴力犯罪は、2万375件で前年比約11%も増加しています。
 

 
 
日本人女性は、危険な韓国へ行くのをやめるべきです。
 

 
 
8月15日に韓国の俳優・ソン・イルグクは、韓国から竹島に泳いで渡るパフォーマンスをしました。
 

 
 
山口壮外務副大臣は24日のテレビ番組で、ソン・イルグクについて「申し訳ないが、これから日本に来るのは難しくなるだろう。それが国民的な感情だと思う」としました。
 
山口壮外務副大臣の発言について、ソン・イルグクはツイッターに、「私の3人の息子の名前でも呼んでみます。大韓、民国、万歳!」と書き込んでいます。
 
竹島へ遠泳の韓国俳優、外務副大臣発言に「何とも言えない」

竹島(韓国名・独島)に上陸する遠泳リレー行事に参加した韓国の俳優ソン・イルグク氏は24日、山口壮外務副大臣がテレビ番組で「(ソン氏は)これから日本に来るのは難しくなるだろう」と述べたことについて、短文投稿サイトのツイッターに「何とも言えませんね…」と投稿した。

 その上で「私の3人の息子の名前でも呼んでみます。大韓、民国、万歳!」と書き込んだ。ソン氏は3月に生まれた三つ子の息子に大韓、民国、万歳と名付けていた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120825/kor12082501130002-n1.htm
 
捏造韓流ブームに騙されている日本人は、これが韓国の芸能人の正体だと知るべきです。
 
評論家の金美齢さんは、韓流に浮かれる女性たちに「韓流ファンの女性たちは、もっと現実を見たほうがいいわね」とクギをさしています。
 

 
北原みのり氏「竹島のために韓流という女の遊び奪わないで」

しかし評論家の金美齢さんは逆に、韓流に浮かれる女性たちにこういってクギをさす。

「今回の一連のことで、韓流スターといわれる人たちが日本をどう捉えていたのかが、はっきりしたんじゃないでしょうか。結局、日本の女性たちのお財布が目的でしかないということでしょう? 文化交流や親善の美名のもとに、日本の女性ファンはコケにされてきたんです。韓国のイケメンたちのホストクラブもあるようですが、それもこれも韓国に利用されているだけ。韓流ファンの女性たちは、もっと現実を見たほうがいいわね」
(女性セブン2012年9月6日号)抜粋
http://www.news-postseven.com/archives/20120824_138863.html
 
 
韓国への観光旅行客の年間総数は、日本は中共に次いで多いのです。
 
竹島を不法占拠している韓国への観光旅行で、韓国内で金を使うのは経済支援と同じで愚かな行為です。
 
日本政府は危険な韓国への渡航を自粛するように、日本国民、特に日本人女性に呼びかけるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。