HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国の国会が日本の旭日旗使用と搬入禁止のための対応を要求する決議案を発議、日本人は堂々と「旭日旗」を持って日本代表の応援をすべき、日本政府・外務省は在留邦人へ速やかなる帰国と韓国へ渡航自粛を呼びかけろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国の国会が日本の旭日旗使用と搬入禁止のための対応を要求する決議案を発議したのはご存知だと考えます。
 
「旭日旗応援はいけない」 韓国国会が対応要求決議案を発議
 
韓国の国会が日本の旭日旗応援の動きに対する政府の積極的な対応を求める決議案を発議した。

民主統合党の安敏錫(アン・ミンソク)議員は29日、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会政論館で、日本の旭日旗使用と搬入禁止のための対応を要求する決議案の発議について記者会見を開いた。 この席で安議員は「第2次世界大戦当時に日本軍が使用した旭日旗は、独ナチスの文様(ハーケンクロイツ)に例えられる帝国主義と軍国主義の象徴」とし「2000万人以上のアジア人の命を奪った旭日旗を連想させる柄の衣装を着て表彰式に出てくるなど厚顔無恥な姿勢を変えていない。 政府が競技場内の日本の旭日旗使用および搬入を禁止し、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)に積極的に抗議するべきだ」と強調した。

これと関連し、安議員ら国会議員68人は、日本の旭日旗応援禁止のための対応を求める決議案を発議した。 決議案には、政府がIOCとFIFAに対して丁重にこれを抗議し、今後、使用禁止のための積極的な外交努力とともに、IOCとFIFAが日本の旭日旗使用および搬入禁止を決定するよう働きかけることを求める内容が含まれている。

30日午後に行われるFIFA女子U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)準々決勝の韓日戦を控え、日本のサッカーファンの間では、旭日旗を持って応援しようという提案がSNSやオンラインコミュニティーで急速に広まっている。 日本サッカー協会は当初、政治的なトラブルの原因になりうるという理由で、観客の旭日旗所持を禁止した。 しかし大会の開幕直前、突然「FIFA規定の拡大解釈があった」として禁止方針を撤回した。 小倉純二日本サッカー協会名誉会長も28日、「日本国内で禁止したのではない。旗の搬入は止めない」と明らかにした。
中央日報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000068-cnippou-kr
 
>韓国の国会が日本の旭日旗応援の動きに対する政府の積極的な対応を求める決議案を発議した
 
>日本の旭日旗使用と搬入禁止のための対応を要求する決議案の発議
 
これまで韓国人は日本の旭日旗使用を非難してきましたが、ついに韓国の国会はスポーツの応援を政治問題にしました。
 
現在、世界各国はスポーツと政治は別だと考えているので、スポーツに政治を持ち込んだのは韓国の国会だけでしょう。
 
>「第2次世界大戦当時に日本軍が使用した旭日旗は、独ナチスの文様(ハーケンクロイツ)に例えられる帝国主義と軍国主義の象徴」
 
私は本ブログで記事にしていますが、韓国人は、ドイツと日本を比較すること自体が誤りだということを理解していません。
 
1938年3月に、ドイツがオーストリアに侵攻して全土を占領しました。
 
ドイツに併合されたオーストリアは、僅か6年の併合期間でしたが、戦後に、「ナチスのドイツの共犯者の国でもある」などと認めて謝罪をしています。
 
日本と韓国は、国際法に則った「日韓併合条約」を、欧米列強諸国の承認の下に締結しています。
 
しかも、日韓併合は35年もの長期に亘ってです。
 
仮に、日本が大東亜戦争の加害者になるのであれば、韓国は被害者ではなく共犯者になるということを、韓国人は理解をしていません。
 
旭日旗の歴史などは本ブログで記事にしていますが、旭日旗は軍国主義の象徴ではなく、必勝を祈願する旗として使用している日本の伝統文化です。
 

 
韓国が懇願して締結した日韓併合後の、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、大東亜戦争で、当時は日本国民だった朝鮮人も旭日旗を使用していました。
 
そして「旭日旗」は、外国人も普通に使用して認めています。
 

 

 
アメリカ ビヨンセとレディガガのVideo PhonePV
 
ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦(日韓戦)の試合会場で、旭日旗を使用したのも外国人でした。
 

 
ドイツのサッカークラブのドルトムントは、旭日旗がデザインされた香川真司のTシャツをクラブオフィシャルにしていました。
 

 
 
大東亜戦争の敵国だったオランダでも、フェイエノールト宮市亮選手を歓迎して応援するときには旭日旗を使用しています。
 

 
8月11日未明(日本時間)、ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦終了後のセレモニーで、韓国代表のパク・ジョンウが「独島は我々の領土」というプラカードを掲げました。
 

 
 
8月12日に韓国メディアは、韓国人が日本の旭日旗の使用を問題にして、IOCなどに正式に抗議する姿勢を見せているという報道をしました。
 
この問題は、自民党の佐藤正久参議院議員もツイッターで取り上げていました。
 

 
 
 
韓国メディアは、「日本体操選手たちは旭日旗ユニホームを着てオリンピックに出場した。国際オリンピック委員会が真相調査を始めるのが当然だ」などと報道をしました。
 
国連ファッションのデザイナーらは、「日本の体操選手がアジア人を死に追いやった象徴である旭日旗をはっきり連想させる体操服を着た」として、IOCに異議を提起するとしました。
 
 
韓国人の異常な「旭日旗」非難について、ネットで旭日旗を検索して、旭日旗の真実を調べた日本人は多かったようです。
 
韓国メディアの報道直後、私のブログへの訪問者数は1万5千人を超え、翌日も1万人を超えていました。
 
旭日旗の真実を取り上げたブログ主宰者からも、「過去最多の訪問者数になった」というご連絡がありました。
 
つまり、韓国人が「旭日旗」を非難すればするほど、多くの日本人に「旭日旗」の使用に問題はないという真実が広まっているのです。
 
 
>2000万人以上のアジア人の命を奪った旭日旗を連想させる柄の衣装を着て表彰式に出てくるなど厚顔無恥な姿勢を変えていない
 
韓国は、体操や新体操の日本チームのユニフォームが旭日旗だと、軍国主義の象徴だと、全く事実無根の言い掛かりを付けています。
 
愚かな韓国人には、何でも旭日旗に見えてしまうのです。
 

 

 
大韓体育会長は、ロンドン五輪で日本体操選手が旭日旗を連想させる体操服を着たとして、第二次世界大戦被害国と共に共同対処する方案を検討中としました。
 

 
【五輪体操】 日本の「旭日旗」体操服に抗議〜大韓体育会長、第二次世界大戦被害国すべてに呼びかけ[08/18]
 
 
韓国と共に共同対処する第二次世界大戦被害国がいるとしても、歴史を捏造している中共・北朝鮮だけです。
 
中共は、北京五輪などで「旭日旗」の使用を非難していないので、韓国と北朝鮮だけかもしれません。
 
>政府が競技場内の日本の旭日旗使用および搬入を禁止し、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)に積極的に抗議するべきだ
 
韓国のことですから、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)に積極的に抗議するのでしょう。
 
上述したように、スポーツの応援で「旭日旗」を使用することついて、IOCもFIFAも問題視はしていません。
 
>30日午後に行われるFIFA女子U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)準々決勝の韓日戦を控え、日本のサッカーファンの間では、旭日旗を持って応援しようという提案がSNSやオンラインコミュニティーで急速に広まっている
 
>小倉純二日本サッカー協会名誉会長も28日、「日本国内で禁止したのではない。旗の搬入は止めない」と明らかにした
 
日本人は堂々と「旭日旗」を持って、日本代表の応援をするべきです。
 
国際スポーツの場でも、日本人は「旭日旗」を掲げ、「旭日旗」のTシャツなども着て、日本チームの応援をするべきです。
 

 
 
ソウルの在韓日本大使館は28日、大使館のホームページに韓国を仕事や観光で訪れる日本人や在留邦人に対し注意喚起を公開しました。
 
在韓国日本大使館
 
 
しかし、外務省の海外安全ホームページには、最新スポット情報として「済州及び韓国全域:台風15号の接近に伴う注意喚起」しか掲載していません。
 
外務省
 
 
日本政府・外務省は、日本人の安全よりも韓国政府への配慮を優先しているのでしょうか。
 
 
韓国好きの日本人モデルが韓国旅行で、日本人へ対する屈辱的な言葉を韓国人から受けたと、自身のブログで公開したことも話題になっています。
 

 
韓国旅行に行った日本人モデルに韓国人が暴言「くそ猿野郎」 「あなたは可愛い。純日本人じゃないでしょ?」
 
 
 
韓国で反日感情が高まっているので、日本政府は、在留邦人へ速やかなる帰国と、韓国への渡航自粛を国民に呼びかけるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。