HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  フジテレビ「とくダネ!」小倉智昭のオープニングトーク廃止か、2012年3月期におけるフジ・メディア・ホールディングス平均年収1510万円はテレビ局トップ、日枝久会長1億7千万円・豊田皓社長1億3千万円
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、フジテレビの「とくダネ!」で小倉智昭のオープニングトークが廃止されるという報道はご存知だと考えます。
 
視聴者離れ招く「小倉トーク廃止」
 
フジテレビ平日の朝情報番組「とくダネ!」で司会を務める“朝の顔”小倉智昭(65)が、特権をハク奪されることになった。

 1999年の番組スタート以来、10年余りも続いてきた小倉のオープニングトークが、9月から廃止されるという。

「あそこは小倉さん本人にとって相当思い入れが強いコーナーです。そもそも小倉さんが番組を引き受ける際の約束が、オープニングで自由に話す時間を5~6分もらうことだったんです」。こう語るのはある芸能プロ関係者だ。

 それだけ大事なコーナーをなくすのは、やはり局側にとって目先の数字(視聴率)への執着があるようだ。

「『とくダネ!』と同じく午前8時から始まる日テレの『スッキリ!』は、番組冒頭からニュース映像で視聴者を取り込んでいますよね。小倉さんが気になる話題について話している間に、フジは数字がどんどん下がってしまうそうです」(同関係者)

 欧米のニュース番組では、アンカーマンが世相についてスピーチするのが一つのスタイルになっている。小倉もそれをいち早く取り入れ、番組のウリとして続けてきたのだが、ここ最近はなかなか視聴者に受け入れられなくなってきた。「とくダネ!」は8月に入り、5%台の過去最低視聴率を記録してしまった。かつてはずっと同時間帯トップの視聴率だったが、最近は他局の裏番組に負けることも増えている。そこで“数字獲得”のため、小倉のオープニングトークがカットされることになったのだ。

「小倉さん、オープニングトークは数字が下がることも承知の上で番組側と約束を交わしたので、今さらなくせと言われても当初はなかなか納得できなかったようです。小倉さんは先日、ロンドン五輪取材へ行ってましたが、番組の幹部がロンドンまで出向いて説得にあたり、なんとか納得してもらったそうです」(前同)

 小倉本人としては、仮にこれで視聴率が挽回できたとしても複雑な心境だろう。
東スポ
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/35706/
 
 
>1999年の番組スタート以来、10年余りも続いてきた小倉のオープニングトークが、9月から廃止されるという
 
>小倉さんが気になる話題について話している間に、フジは数字がどんどん下がってしまうそうです
 
>かつてはずっと同時間帯トップの視聴率だったが、最近は他局の裏番組に負けることも増えている。そこで“数字獲得”のため、小倉のオープニングトークがカットされることになったのだ
 
小倉智昭は「とくダネ!」で暴言を繰り返しているので、フジテレビは番組を降板させるべきです。
 
私は本ブログで取り上げてきましたが、小倉智昭の暴言の多くは、「とくダネ!」のオープニングトークによるものです。
 
アジアカップカタール2011の日韓戦で、韓国代表の奇誠庸がPKを決めた後に「猿の真似」をしました。
 

 
試合後に奇誠庸はツイッターで、「観客席にあった旭日旗を見た時は涙が出る思いだった」と発言しました。
 
テレビ朝日が日韓戦の中継をしましたが、試合会場に多くのスタッフを配置していたテレビ朝日が調べても、試合会場に旭日旗はありませんでした。
 
2011年1月27日放送の「特ダネ!」で小倉智昭は、
「オリンピックだとかバレーの試合だとか、サッカーの試合などでもスタンドで旭日旗が見られることがあるんですよね。そうするとそれに対してあまり思いが良くない国にとってはそういう印象を与えるっていうことが当然あるんでしょう」
などと、奇誠庸を擁護しました。
 
そして、
「FIFAでは人種差別のような行為を試合中にとった場合は、出場停止とかの厳しい処分もあるそうですから、まぁ、そういうふうにならなければ良いなと思いますけどね」
と、奇誠庸の人種差別行為を擁護しました。
 
【猿マネ問題】小倉「旭日旗なら仕方がない」(動画)
 
 
2011年5月に、焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」のユッケを食べて死者まで出た、ユッケ食中毒事件が起きました。
 
「とくダネ!」で、自身が焼肉店を経営している小倉智昭は、ユッケの風評被害を避けたい発言をしました。
 
小倉智昭は、ユッケを食べた男児2人が死亡した時に、
「これでユッケ食べる人減っちゃうかもわかんないですね」・「ナマ食用のお肉だと若干高くなるんで、加熱用のものを使っちゃったのかも」・「今回はユッケが悪者になっていますけど、それ以外で危険な物もいっぱいあるじゃない」
などと発言をしました。
 

 
2011年5月6日放送の「特ダネ!」で、小倉智昭は、「焼肉よりもフグで死ぬ人の方が多い」などと発言をしました、
 
しかし、2009年以降にフグの中毒での死亡者は一人もいないので、小倉智昭の発言は間違いでした。
 
小倉智昭が経営する焼肉店「炙りや なかむら」の、当時の隠れ人気メニューの1位は「和牛たたきのユッケ」でした。
 

 
2011年8月24日の「とくダネ!」で、暴力団関係者と親密な関係の島田紳助が引退したことについて、小倉智昭は暴力団の存在を肯定するような発言をしました。
 
小倉智昭は、
「みなさんの周辺でも、知らないうちにそういう人(闇社会)が解決してくれるってことは起こるはずなんです」・「ダメなことはわかってても、それしか解決方法がなかったって人はいると思うのね」
などと発言をしました。
 

 

 
小倉智昭の発言は、暴力団排除条例などで禁止されている、暴力団による民事介入「暴力団に金を出さない、利用しない、交際しない」を否定するものでした。
 
フジテレビには、「小倉智昭は暴力団を擁護するな!」などという批判が殺到しました。
 
小倉智昭のコメントについて、元警察官僚の小野次郎参議院議員は8月25日のツイッターで、「番組降板と謝罪会見ぐらいは当然」などと発言をしました。
 
小野次郎(参議院議員)
@onojiro

ヤミ社会の関与について24日「とくダネ!」小倉さんのコメントは、一発アウト!全国生放送で「ヤミ社会(反社会勢力)の圧力でモメ事の解決があり得る」などと訴える事は、たとえ有名人についてであっても、不適切。「番組降板」と「謝罪会見」ぐらいは当然。
 
「とくダネ!」で暴言を繰り返している小倉智昭は、「とくダネ!」を降板すべきです。
 
フジテレビの「とくダネ!」は、韓流ゴリ押しが酷いことでも有名です。
 
そして、「とくダネ!」のメインスポンサーは「花王」です。
 
「花王」については本ブログで記事にしていますが、「花王」はフジテレビのメインスポンサーであり、海外の反日ドラマのスポンサーを続けた売国企業です。
 
8月27日にゼータ・ブリッジは、7月度における民放キー局の「テレビCMオンラインランキング」(放送回数順位)を発表しました。
 
CMの放送回数が最も多かった企業・団体は、6月に続いて「花王」が1位でした。
 

 
「花王」のCM出稿を民放キー局ごとに分けると、5月までは日本テレビに次いでフジテレビが多かったですが、6月からはフジが1位になっています。
 

 
 
国民共有の財産である公共の電波を安値で借りて、莫大な利益を得ているテレビ局は、まさに「濡れ手で粟」の商売をしています。
 
週刊ポスト(2010年11月12日号)で、フジテレビが2010年に支払った電波利用料は3億5400万円と、事業収入1717億円の0.21%だけです。
 
しかも、テレビ局の社員の年収は高給で、テレビ局の中でもフジテレビ(フジ・メディア・ホールディングス)が一番の高給です。
 
週刊ダイヤモンド(2010年8月7日号)の特集「上場3309社 給料全比較」では、フジ・メディア・ホールディングスは平均年収1452万円(平均年齢43.9歳)でした。
 
2012年3月期におけるテレビ局の年収を、ダイヤモンドオンラインなどが明らかにしました。
 
テレビ局のトップは相変わらずフジ・メディア・ホールディングスで、平均年収は1510万円(平均年齢44歳)です。
 
フジ・メディア・ホールディングスの日枝久会長は1億7000万円で、豊田皓社長は1億3000万円の高給です。
 

 
テレビ局の高額給与に変化あり 給与減だった日テレが2位浮上の怪

'12年3月期におけるテレビ局の年収を、ダイヤモンドオンラインなどが明らかにし波紋を広げている。

 トップは相変わらずフジ・メディア・ホールディングスで1510万円。これはとんでもない高額といえよう。
そして2位になんと日本テレビが浮上した。TBSホールディングスを抜き1425万円、3位が朝日放送で1397万円である。4位以下はTBSホールディングス1377万円、5位がテレビ朝日で1303万円、6位が毎日放送1290万円、7位がテレビ東京ホールディングス1287万円、8位が九州朝日放送の1244万円となっている。

 また、朝日新聞社の1287万円、日経新聞社の1247万円もベスト20以内である。
 だが、新聞社で入っているのはこの2社のみで、読売新聞社はベスト20圏外。やはりテレビ局はお手盛りというしかない。

 とくにフジ・メディア・ホールディングスはもらい過ぎだろう。日枝久会長が1億7000万円、豊田皓社長が1億3000万円の高給。豊田社長の場合、月収に換算すると1000万円で、ほかに運転手つき社用車が与えられて、毎月数百万円の交際費も出るのだ。
(週刊実話)抜粋
http://wjn.jp/article/detail/0392474/
 
フジテレビは、偏向放送・韓流ゴリ押しをしている反日テレビ局なのに、国民共有の財産である公共の電波を安値で借りて社員は高給を得ています。
 
フジテレビは「とくダネ!」で小倉智昭のオープニングトークを廃止するだけではなく、放送免許を返上して廃業すべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、フジテレビについてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。