HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国人選手がズル! U-18 世界野球選手権台湾VS韓国でわざとボールに当たってデッドボールを狙うも審判にバレてつまみだされる、日本選手の圧縮バット使用を日韓戦後に李正勲「壊してみないと分からない」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国で野球の18U(18歳以下)世界選手権が開催されていることはご存知だと考えます。
 
U-18 世界野球選手権】台湾VS韓国で韓国人選手がズル! バッターがわざとボールに当たってデッドボールを狙うも審判にバレてつまみだされる
 
現在、韓国で開催中のU-18世界野球選手権大会。9月5日に行われた台湾VS韓国戦の生中継中に驚くべき事態が発生したという。なんと韓国チームのバッターがわざとボールに当たり、出塁しようとしていたのだ。この問題のシーンはYoutube上の動画で確認することができる。

試合は5回、0-0。韓国チームの攻撃だ。2ストライク2ボール2アウト、ランナーは2塁である。韓国側としては、ここはどうしてもヒットを打ちたい。せめて、出塁だけでもして次のバッターにつなげたいところだ。何としても!

そのプレッシャーに負けてしまったのだろうか。バッターは何とピッチャーから飛んできたボールにわざと自分の肘をぶつけて、デッドボールによる出塁を画策したのである。

だが、その動作は後ろにいる主審から丸見え。台湾チームのキャッチャーも抗議である。主審は即刻、ズルをしようとしたバッターにベンチに戻るように命じた。韓国チームのコーチはこの判断を不服とし抗議するも認められずである。こうして、幻のデッドボールはボールとしてカウント、試合は続行となった。

あまりにも大胆すぎる不正行動。実況も「これは……わざとですね。明らかに自分からボールにあたりにいっています。プロテクターもつけていますね。韓国チームはどんな作戦もとりますね、本当になんでもやる!」と呆れて笑うしかないようだ。

野球ファンからは「なんてスポーツマンシップに欠ける行為」、「もう韓国との試合は見たくない」と不正を批判するとともに「主審グッジョブ!」、「とても公平な判断だ」、「スッキリした」とその判断を支持する声が集まっている。

なお、試合は7-3で台湾が勝利している。韓国の次の対戦相手は日本。両チームとも負けると優勝の可能性がなくなる負けられない試合だ。試合は今日9月6日18:05~である。
ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/09/06/246417/
 
 
>現在、韓国で開催中のU-18世界野球選手権大会。95日に行われた台湾VS韓国戦の生中継中に驚くべき事態が発生した
 
>なんと韓国チームのバッターがわざとボールに当たり、出塁しようとしていたのだ。この問題のシーンはYoutube上の動画で確認することができる
 
スポーツマンシップの欠片もない、韓国人らしいやり方です。
 
台湾対韓国戦の動画を見れば分かりますが、韓国代表の選手はわざとボールに当たりにいっています。
 
更多棒球影音連載於 "大將軍豪洨專區FB粉絲團" (動画)
 
 

 
>主審は即刻、ズルをしようとしたバッターにベンチに戻るように命じた。韓国チームのコーチはこの判断を不服とし抗議するも認められずである
 
韓国は開催国なのに、自国の選手のスポーツマンシップに欠ける行為について、コーチが抗議をしたことも非常識です。
 
>実況も「これは……わざとですね。明らかに自分からボールにあたりにいっています。プロテクターもつけていますね。韓国チームはどんな作戦もとりますね、本当になんでもやる!」
 
台湾対韓国戦では、韓国代表のバッターがわざとボールに当たってデッドボールを狙っただけではありません。
 
台湾のピッチャーが投球モーションに入ると、何度も韓国のバッターは打席を外して主審から注意を受けていました。
 
多棒球影音連載於 "大將軍豪洨專區FB粉絲團(動画)
 
 
>野球ファンからは「なんてスポーツマンシップに欠ける行為」、「もう韓国との試合は見たくない」と不正を批判するとともに「主審グッジョブ!」、「とても公平な判断だ」、「スッキリした」とその判断を支持する声が集まっている
 
韓国は、国際スポーツの場で審判買収による八百長事件を続けているから、主審の判断を支持する声が集まっているのです。
 
韓国で開催した1988年のソウルオリンピックと、2002年の日韓ワールドカップだけでも、世界各国は韓国による審判買収の事実を知っています。
 
1988年のソウルオリンピックでは、ボクシング競技のライトミドル級決勝戦で、米国のロイ・ジョーンズ・ジュニアと地元韓国の朴時憲が対戦しました。
 

 
ジョーンズ・ジュニアは朴時憲から2度もダウンを奪い、有効打も86対32とジョーンズが圧倒して、誰もがジョーンズの勝利を疑いませんでした。
 
しかし、ジョーンズは判定負け(3対2)になりました。
 
後の調査で、韓国による審判の買収が判明しました。
 
ジョーンズはIOC会長からメダルのレプリカを与えられ、アマチュアボクシングの採点システムが変更されるきっかけとなりました。
 
ロイ・ジョーンズ・ジュニア vs 朴時憲(動画)
 
 
2002年の日韓ワールドカップで、韓国代表がベスト4に進むには、ポルトガル・イタリア・スペインといった強豪国を倒さなければなりませんでした。
 
韓国は、実力的に大きな差があるので審判を買収して、レッドカードの乱発、韓国選手のラフプレーのスルー、ゴール取り消し等の荒業を使いました。
 
結果は、韓国1-0ポルトガル・韓国2-1イタリア(延長)・韓国0-0スペイン(5PK3)になりました。
 
韓国は審判買収により、記録上のワールドカップベスト4という事実を作りました。
 
ワールドカップ2002 韓国八百長伝説(動画)
 
 
>韓国の次の対戦相手は日本。両チームとも負けると優勝の可能性がなくなる負けられない試合だ
 
6日の日韓戦は、日本代表が4-2で韓国代表に勝利し、日本に優勝の可能性が残りました。
 
野球の18U世界選手権では、韓国代表の李正勲監督が「日本選手が圧縮バットを使用している」と主張したことが問題になっていました。
 
李正勲は4日の日本対チェコ戦を視察後、韓国メディアに対して「日本が圧縮バットを使用していることは100%確実」と、日本に難癖をつけました。
 
大会組織委員会は、反発力に優れる圧縮バットは「公平性に欠ける」という理由で使用を禁止しています。

圧縮バットの使用が確認されれば、使用した選手は即アウトとなり、退場処分を受け、別の試合にも出場できなくなります。
 
このような重大な問題を、試合を見ただけで「100%確実」というのが韓国代表の監督です。
 
5日の韓国地元紙にも日韓戦で「ハンマーでバットを割ってみる」などという、李正勲の過激な発言が報道されました。
 
日本高野連サイドは5日、国際野球連盟(IBAF)と大韓野球協会(KBA)側に発言に至った経緯の説明を求めました。
 
そして両協会はともに、日本のバットに「不正はなし」という判断をしました。
 
李正勲は台湾戦後に、「あれは日本に向けての話ではなく、参加するすべての国に対してだ」と言い訳をしました。
 
しかし、日韓戦後に李正勲は、報道陣から「日本は圧縮バットを使っているか?」と聞かれると、「壊してみないと分からない」と話しています。
 
韓国監督「壊してみないと…」/高校野球
 
 

 
日本が不正なバットを使用していると難癖を付けた、韓国代表の李正勲監督
 
日本は来年3月に開催される、第3回WBCに参加することが決定しました。
 
このようなスポーツマンシップに欠ける韓国と、またも対戦をすることになります。
 
第1回のWBCで日本が優勝したことについて、韓国は日本を批判しました。
 
韓国人は「韓国の方が日本より勝敗数は上だ」と言い出して、韓国こそ優勝国・WBCのシステムが間違っている・韓国は最大の被害者だと主張しました。
 

 
第1回WBCの開催直前、日本代表のイチロー選手は「今後30年間は日本に勝てないと思わせたい」と、各参加チームへ対して発言しました。
 
この発言を韓国だけが、「韓国を侮辱した発言だ」・「イチローを潰せ」と言い出して、韓国で大炎上をしました。
 
韓国人の「イチロー攻撃」は、スポーツの常識を超えていました。
 
イチローにデッドボールをぶつけた韓国のピッチャーを、「国家有功者に選定しよう」とか、デッドボールの写真を「国史教科書に掲載しよう」と騒ぎました。
 

 
 
2009年版の第2回WBCの案内広告に、イチロー、ドミニカのオルティス、米国のジーターの3選手の写真が大きく掲載されました。
 
メジャーリーグを代表する3選手の写真が大きく掲載されるのは当然のことでした。
 

 
ジーター選手の頭の上に、韓国は小さく載せられている
 
しかし韓国人は、「第1回のベスト4に続き、北京五輪で金メダルを獲得した韓国をその他の国と同じく小さくするとは侮辱している」と非難をしました。
 
第2回のWBCで、準決勝の1位を争う日韓対決は接戦でした。
 
しかし、負けた韓国の監督は、「今日の試合の勝敗に意味はない。主力選手を温存した」と、フェアー・プレイ精神のない負け惜しみ発言をしました。
 
漫画「美味しんぼ」の作者で、反日・親韓の雁屋哲でさえ韓国を批判しました。
 
美味しんぼ・雁屋哲氏「韓国代表監督はフェアーじゃない。卑怯だ。汚い。醜悪だ」 金監督の『戦力温存』発言に激怒

WBCの準決勝の1位2位を決める試合を見た翌日の朝鮮日報ネット版で韓国の監督が「きょうの勝敗にそれほど意味はない。これまで使えなかった選手を中心に起用し、こちらが勝った試合に出場した選手を温存するという戦略で臨んだ」と言っているのを読んで非常に不愉快に感じた。負けた監督がこんなことを言うのかよ、と言うのがまず第一の印象。

試合に勝ったとしても、これは、言うべき言葉ではない。ましてや負けておいて何を言うのか。
卑怯だ。汚い。およそフェアー・プレイという態度がない。自分の対戦相手にたいする尊敬の念がない。
いかなる試合であれ自分のもてる最大の力を発揮するという、フェアー・プレイの精神が分かっていない。

日本の選手がこの試合に必死に取り組んだのは知っているはずだ。韓国は自分たちの方が強いのは当たり前だから手を抜いたというのか。
負けた後で、「こっちは本気を出さなかったからね」、というのは相手を侮辱する最悪の言葉だ。いや、試合に負けた自分自身をも侮辱する最悪の言葉だ。
負け惜しみなんてことですむことではない。これだけは、スポーツ選手が言ってはならないことだ。

韓国のWBCの監督よ。
君にはスポーツをする資格がない。
君に率いられるチームの選手が可哀想だ。
君に率いられたチームの選手が、WBCで優勝したとても、それは君たちの国家の名誉になるかも知れないが、スポーツのフェアー・プレイの精神からみたら、敗者だよ。
君の、あの一言は、本当に醜悪だった。スポーツを愛する人間である私にとって、あんな言葉を眼にしたくなかった。スポーツ以上に韓国を愛する人間である私にとってはなおさらだ。
(雁屋哲の美味しんぼ日記 2009年3月21日)
 

 
私は本ブログの記事にしましたが、国際オリンピック委員会(IOC)は昨年7月、2018年冬季五輪の開催都市を韓国の平昌に決定しました。
 
スポーツマンシップのない韓国には国際スポーツを開催する資格はないので、韓国は2018年冬季五輪の開催都市を辞退するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。