HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  女性自身が天皇陛下「訪韓も謝罪も両国民のためなら」女性自身は皇室報道において虚偽内容の記事を掲載したと宮内庁から複数回に渡って抗議や記事訂正を求められている、ある国会議員・ある外務省職員を明らかにしろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、女性自身が「訪韓も謝罪も両国民のためなら」と天皇陛下が仰せられたという記事を掲載したことはご存知だと考えます。
 
天皇陛下「訪韓も謝罪も両国民のためなら」
 
「(天皇が)韓国を訪問したいなら、独立運動をして亡くなった方たちを訪ねて、心から謝罪すればいい」
 
8月14日、韓国の李明博大統領が発したこの暴言により、日本国民の反韓国感情は一気に高まり、その余波は1カ月たったいまでも両国で続いている。日韓関係が冷え込むなか、そのことをいちばん憂慮されていたのが天皇陛下と美智子さまだった。
 
9月4日、両陛下は御所で、外務省の鶴岡公二総合外交政策局長からご進講を受けられた。局長からのご進講は両陛下が定期的に受けられているものだが、このご進講についてある外務省職員は次のように明かす。
 
「テーマは中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題などについてでした。局長は、日本政府の対応についてご説明し、両陛下からもいろいろご質問があったそうです」
 
そのなかで鶴岡局長を驚かせたのは、天皇陛下の「いつ私たちが、かの地を訪れることができるようになればよいのですが。これからも日本と韓国が友好な関係を保てるよう願っています……」といったお言葉だったという。前出の外務省職員は続ける。
 
「天皇皇后両陛下は、かねて”日韓の友好のためなら”と、韓国ご訪問の希望を持たれていました。しかし外務省としては、現状の日韓関係で両陛下の訪韓が実現するという想定はしていませんでした。さらに先日の李大統領の発言もあり、省内には”訪韓は10年どころか100年は遠のいた”という職員もいます。それにもかかわらず、ほかならぬ陛下が訪韓を諦めてはいらっしゃらなかったのです。あくまでも国際平和を願われる陛下のお気持ちに心を打たれました……」
 
陛下と韓国問題についてお話しした、ある国会議員がこう打ち明ける。
 
「陛下は”政府が望むなら、もちろん訪韓したい”とおっしゃっていました。さらに”私は両国の友好のためなら現地で謝罪を述べることも、やぶさかではない”とまでおっしゃられていたのです」
 
“ご自身への反感を露わにする韓国での謝罪も辞さず”、陛下はそんな悲壮な覚悟も決めていらした。両陛下の願いとはうらはらに、はるかに遠い国になってしまった韓国。天皇陛下と美智子さまの日韓友好を願う魂の叫びを韓国国民には知ってもらいたい。
女性自身2012年09月19日
http://news.livedoor.com/article/detail/6963714/
 
>日韓関係が冷え込むなか、そのことをいちばん憂慮されていたのが天皇陛下と美智子さまだった
 
常に国際平和を祈願されている、天皇、皇后両陛下ですから、日韓関係を憂慮されていることは事実です。
 
天皇、皇后両陛下は9月4日に御所で、外務省の鶴岡公二総合外交政策局長からご進講を受けられたことも事実です。
 
しかし、女性自身(光文社)の記事の内容は信用できません。
 
これまでにも女性自身は皇室報道をしていますが、良識ある日本国民は信用していません。
 
女性自身は、皇室報道において虚偽内容の記事を掲載したとして、宮内庁から複数回に渡って抗議や記事の訂正を求められています。
 
「女性自身」(平成2451日号)の記事について
 
平成24419
 
「女性自身」(平成2451日号)の記事「雅子さまご病状暗転の訴えに美智子さま下された『涙の決断』」の中で,事実に反する記載が見られます。事実関係及び宮内庁としての対応は下記のとおりです。
 
 
1, 410日の天皇皇后両陛下のご結婚記念日に際し,今年は御所にお子様方ご夫妻がお集まりになって夕食会を行い,お祝いをなさったことにつき,宮内庁が事前に異例の発表をしたと記載されておりますが,記事にも書かれているように私的な行事なので,例年通り今年も宮内庁からは一切発表しておりません。
 
2, 当庁においては,女性自身編集部に対して,速やかに同記事についてしかるべき訂正処置を取ることを求めました。
 
 
「女性自身」(平成22629日号)の記事について
 
平成22617
 
「女性自身」(平成22629日号)に「雅子さま消えた夕食会 ご成婚17周年のお祝いドタキャンの断腸」の見出しで書かれた記事に関する事実関係及び宮内庁東宮職としての対応は下記のとおりです。
 
 
1、「女性自身」(平成22629日号)の「雅子さま消えた夕食会 ご成婚17周年のお祝いドタキャンの断腸」は,皇太子同妃両殿下が611日に予定されていたご成婚17周年をお祝いする夕食会を中止された旨報じております。
 
本来この種の内輪の御夕餐については,そのご予定も含め対外的に明らかにしておりませんが,同記事には,全く事実に反する記述が見られますので,次の通り事実関係を明らかに致します。
 
同記事では,この夕食会が中止となった理由として,天皇陛下の御公務やご健康状態や,悠仁親王殿下の御体調が挙げられておりますが,今回の御夕餐は,皇太子妃殿下の御体調により,止むを得ず延期になった次第です。
 
2、宮内庁東宮職においては,「女性自身」編集部に対して,事実関係の誤りを指摘し,抗議しました。
 
 
>このご進講についてある外務省職員は次のように明かす
 
>鶴岡局長を驚かせたのは、天皇陛下の「いつ私たちが、かの地を訪れることができるようになればよいのですが。これからも日本と韓国が友好な関係を保てるよう願っています……」といったお言葉だったという
 
ある外務省職員ねぇ・・・
 
本当に、天皇陛下が仰せられたのでしょうか?
 
ご進講の内容は宮内庁も公表していないのですから、女性自身という外部に漏らした外務省職員がいることは問題です。
 
>前出の外務省職員は続ける
 
>天皇皇后両陛下は、かねて日韓の友好のためならと、韓国ご訪問の希望を持たれていました
 
>先日の李大統領の発言もあり、省内には訪韓は10年どころか100年は遠のいたという職員もいます。それにもかかわらず、ほかならぬ陛下が訪韓を諦めてはいらっしゃらなかったのです
 
これまで韓国政府は天皇陛下のご訪韓を求めていますが、日本政府が韓国政府と交渉した事実はありません。
 
なにより、天皇陛下がご訪韓を希望されているとは聞いたこともありません。
 
この外務省職員は怪しいです。
 
外務省には、中共を親と慕い、南北朝鮮を兄と慕う創価学会の池田大作信者がいます。
 
外務省には「大鳳会(おおとりかい)」という、同省内における創価学会の信者の集まりがあります。
 
外務省内で、創価学会の影響力を強めています。
 
2008年6月、ブラジルへの日本人移住100周年を慶祝する記念式典に、皇太子殿下が御臨席されました。
 
聖教新聞は第一面に、皇太子殿下と池田博正SGI副会長が並んでいる写真を掲載しました。
 

 

 
創価学会による皇室利用を企んだのは、サンパウロ新総領事で創価大学の一期生と言われています。
 
>陛下と韓国問題についてお話しした、ある国会議員がこう打ち明ける
 
>「陛下は政府が望むなら、もちろん訪韓したいとおっしゃっていました。さらに私は両国の友好のためなら現地で謝罪を述べることも、やぶさかではないとまでおっしゃられていたのです」

ある国会議員ねぇ・・・
 
天皇陛下と謁見が可能な国会議員といえば、与野党の有力議員に限られています。
 
李明博の天皇陛下への謝罪要求発言後、宮内庁の「天皇皇后両陛下のご日程」と産経新聞の「皇室」では、天皇陛下と謁見できたのは野田首相だけのようです。
 
天皇皇后両陛下のご日程
 
 
皇室
 
そもそも、天皇陛下が一国会議員に対して、このように重大な政治的発言をされることは絶対にありません。
 
それに、芸能・韓流ネタで稼いで皇室を侮辱している女性自身の取材に、このような重大情報をリークする国会議員や外務官僚がいるとも考えられません。
 

 
女性自身 [102日号] 見出し
 
陛下・美智子さま「韓国訪問も謝罪も両国民のためなら」

三笠宮信子さま「私が宮家の党首に!」彬子さまと怨念の母娘バトル
 
 
女性自身は、皇室報道において虚偽内容の記事を掲載してきましたが、ついに天皇陛下のお言葉という、超えてはいけない一線を越えたのです。
 
551 名無しさん@13周年 2012/09/19() 14:52
宮内庁に電話した

陛下はそんなことをおっしゃってないとのこと
ここに出てくる国会議員が誰かはわからないが
女性自身の今回の報道に関して、何らかの対応を検討しているとのことでした。

 
609 名無しさん@13周年 2012/09/19() 14:55
>>568

朝から同じような電話が多数来ているとのこと

先の土下座発言の事もあることもあるし

「陛下が政治的に踏み込んだ発言をされることは絶対にない」

と言うのが宮内庁発言です。
どこからそんな記事が出てきたのか、理解に苦しむとのことでした。
 
日韓併合については本ブログで記事にしていますが、韓国は天皇陛下に感謝するのが史実で、天皇陛下が謝罪をするような日韓の歴史はありません。
 

 
韓国メディアは女性自身の記事を取り上げて報道し、韓国人は「日王は韓国に来て謝罪をしたがっている」と騒ぐのでしょう。
 
女性自身は、天皇陛下が「訪韓も謝罪も両国民のためなら」と仰せられたという記事が事実だというなら、ある国会議員・ある外務省職員を明らかにするべきです。
 
女性自身 電話番号 03-5395―8240

 
女性自身は、皇室報道において虚偽内容の記事を掲載してきましたが、今度も虚偽内容の記事であれば廃刊すべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、女性自身についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。