HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  マンUのスタンドに旭日旗のような旗 韓国アナウンサー「イカれた野郎」電子機器メーカー「Canyon」日本海軍旗をモチーフにした「東日本復興グッズ」を販売するも韓国から抗議受け販売中止、日韓友好はない
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国人がマンUのスタンドに旭日旗のような旗があったことを非難したのはご存知だと考えます。
 
マンUのスタンドに旭日旗のような旗 韓国アナウンサー思わず「イカれた野郎」
 
韓国が「日本の軍国主義の象徴」と批判する旭日旗が、また韓国で物議を醸したようだ。

韓国メディア京郷新聞によると、29日に行われたサッカーのイングランド・プレミアリーグ第6戦、マンチェスター・ユナイテッド対トッテナムの一戦で、試合を中継していたSBS放送の画面に、旭日旗のような旗が登場した。旗の中央にはMF香川真司の背番号26の文字があった。

旗はマンUのスタンドにいるサポーターが掲げており、香川を応援するために制作されたようだった。

しかし、旗の存在に気がついたSBS放送のペ・ソンジェアナウンサーは、放送中は何も言及しなかったものの、放送後、ツイッターを通じて不快感を露わにした。

「OT(マンUのホームスタジアム、オールド・トラッフォードの略)に旭日旗を持ち込んだイカれた野郎が一人いましたね。香川の26番が書いてあったけど、自国選手に恥をかかせる行為だということが分かっていないようです」。

これに、韓国のネットユーザーたちも反応し、「旭日旗の歴史的な意味を知らないマンUの経営陣に抗議し、このような行為が起こらないようにすべき」「(旭日旗の意味は)プレミアリーグでナチスの旗を持って、ドイツ選手を応援するのと同じ」などとコメント。一部には、「旭日旗の意味を知らないのだろう」「現地人が持っているから、日本を悪く言うのはおかしい」などの意見もあったが、多くの人がマンUのスタンドに登場した旗を問題視した。

一方、この日の試合で、マンUはトッテナムに2-3で敗北。香川は後半に今季2点目を決めたが、惜しくもチームの連勝は4でストップした。
2012年09月30日 韓フルタイム
http://news.livedoor.com/article/detail/7001512/
 

 
29日に行われたサッカーのイングランド・プレミアリーグ第6戦、マンチェスター・ユナイテッド対トッテナムの一戦で、試合を中継していたSBS放送の画面に、旭日旗のような旗が登場した。旗の中央にはMF香川真司の背番号26の文字があった
 
こんなことで物議を醸すのは韓国だけだ!
 

 
韓国人は、マンチェスター・ユナイテッドの試合で「旭日旗」が使用されるのではないかと嘆いていました。
 
6月に、マンチェスター・ユナイテッドが香川真司選手の入団を正式発表しました。
 

 
韓国のネット掲示板などには、「これからマンUの試合に旭日旗が上がるのか?」など、韓国のネットユーザーたちから嘆きの声が相次いでいました。
 
>旗はマンUのスタンドにいるサポーターが掲げており、香川を応援するために制作されたようだった
 
日本だけではなく海外のサッカークラブのサポーターも、日本人選手の応援に旭日旗を使用するのは珍しいことではありません。
 
ドイツのサッカークラブのドルトムントは、旭日旗がデザインされた香川真司のTシャツをクラブオフィシャルにしていました。
 

 
大東亜戦争の敵国だったオランダでも、フェイエノールト宮市亮選手を歓迎して応援するときには旭日旗を使用しています。
 

 
ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦(日韓戦)の試合会場で、旭日旗を使用したのも外国人でした。
 

 
>「OT(マンUのホームスタジアム、オールド・トラッフォードの略)に旭日旗を持ち込んだイカれた野郎が一人いましたね。香川の26番が書いてあったけど、自国選手に恥をかかせる行為だということが分かっていないようです」
 
イカれた野郎は、SBS放送のペ・ソンジェアナウンサーのほうです。
 
マンUのサポーターが香川真司の応援に旭日旗を掲げたことが問題なら、英国メディアも報道をしています。
 
しかし、海外メディアは取り上げてもいません。
 
マンチェスター・ユナイテッド対トッテナムの試合で、香川真司は今季2点目を挙げました。
 
9月30日付の英紙ミラーは、「バレリーナのような優雅さ」と、オブザーバーは「絶妙なターン」とゴールを絶賛しています。
 
米テレビのESPNも電子版は、「ユナイテッドのファンに希望をもたらした」と報道しています。
 
>韓国のネットユーザーたちも反応し、「旭日旗の歴史的な意味を知らないマンUの経営陣に抗議し、このような行為が起こらないようにすべき」
 
必ず韓国人は、マンUの経営陣にも抗議をします。
 
後述しますが、電子機器メーカーの「東日本復興グッズ」は、韓国人から「旭日旗をデザインに使うな」と抗議を受けて販売中止に追い込まれています。
 
そもそも旭日旗を「日本の軍国主義の象徴」だと非難している韓国人が、旭日旗の歴史的な意味を知らないのです。
 
旭日旗の歴史などは本ブログで記事にしていますが、旭日旗は軍国主義の象徴ではなく、必勝を祈願する旗として使用している日本の伝統文化です。
 
韓国が懇願して締結した日韓併合後の、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、大東亜戦争で、当時は日本国民だった朝鮮人も旭日旗を使用していました。
 

 
提灯行列での旭日旗
 
>「(旭日旗の意味は)プレミアリーグでナチスの旗を持って、ドイツ選手を応援するのと同じ」などとコメント
 
韓国人は、「旭日旗は、独ナチスの文様(ハーケンクロイツ)に例えられる帝国主義と軍国主義の象徴」だと非難しています。
 
ネットでは「旭日旗とハーケンクロイツは同義ではない」と、韓国人に説明すべきとの意見もありますが、韓国人が聞き入れるはずがありません。
 

 
そして韓国人は、2002年日韓共催ワールドカップのドイツ戦で、自分たちが行ったことも忘れています。
 

 
韓国人は、日本の「旭日旗」を非難していますが、何でも日本の真似をする韓国人は旭日旗もパクって「太極昇天旗」と称して使用しています。
 

 
 
韓国では販売されていない海外の電子機器メーカーの「東日本復興グッズ」が、韓国人から「旭日旗をデザインに使うな」と抗議を受けて販売中止に追い込まれました。
 
チェコの首都プラハで電子機器メーカーが販売する旭日旗をモチーフにしたバッグに、「売上金の一部を東日本大震災の被災地救済金に充てる」と書かれていました。
 
バッグを発見した韓国人は販売店に抗議書を送付して、電子機器メーカーに対して韓国人のネットユーザーも「旭日旗をデザインに使うな」と抗議をしました。
 
電子機器メーカーは韓国人の抗議を受け付けませんでしたが、その後も韓国人が繰り返し抗議を行った結果、「東日本復興グッズ」は販売中止になりました。
 

 
電子機器メーカー「Canyon」 日本海軍旗をモチーフにした「東日本復興グッズ」を販売するも韓国から抗議受け販売中止に

このところ韓国で度々非難を浴びる「旭日旗」が、また韓国で問題視されたようだ。韓国メディア「DCニュース」によると、電子機器メーカーの「Canyon」が販売する「ライジングサン」シリーズが、韓国ネットユーザーから「旭日旗をデザインに使うな」と抗議を受けたことにより販売中止に追い込まれた。

騒動はあるネットユーザーA氏の書き込みから始まった。A氏によると、チェコの首都プラハを訪問した際、旭日旗デザインのメッセンジャーバッグが店で売られているのを発見した。太陽の光が放射線状に伸びるデザインの「Rising Sun」というシリーズのバッグで、バッグには売上げ金の一部が東日本大震災の被災地救済金に充てられると書かれていた。

A氏は改めてCanyonのホームページで「Rising Sun」シリーズを確認したところ、パソコンのマウス、ステッカー、ヘッドフォン、スピーカーなどさまざまな種類があることが分かった。A氏はこれを問題視し、販売店に抗議書を送付した。

A氏がコミュニティーサイトに「実際に販売中止になるかは分からない」と書き込むと、「Rising Sun」の発見から抗議までを知ったほかの韓国人ネットユーザーたちも、次々と抗議へと動き始めた。CanyonのホームページやFacebookなどに、英語で「旭日旗はドイツナチスのハーケンクロイツと同じ日本の帝国主義の象徴」「旭日旗を掲げた日本軍により、韓国や中国をはじめ多くの東南アジア国家が苦痛を受けた」などと書き込み、同商品の販売禁止を求めた。

だが、Canyonは韓国ネットユーザーたちの抗議を受け付けず、Facebookに書かれた抗議文も削除するなどの措置をとった。Canyonの韓国支社も、「東日本大震災を慰労するために限定的に販売されているモデルで、日本を美化したり、そのほかの意図はない」と説明。同商品が、韓国で販売されることもないとネットユーザーたちに理解を求めた。

しかし、どうしても販売中止に追い込みたいネットユーザーたちは、その後も繰り返し抗議を行った。その結果、Canyonは28日、Facebookに「最近、アジア太平洋地域で暮らす方から日本の海軍旗をモチーフにした“Rising Sun”エディションについて、メールやFacebookで意見をもらった」「第2次世界大戦で苦痛を受けたアジア人の心を傷つけたことについて、深くお詫びします」と謝罪文を掲載。「Rising Sun」も販売中止にすると伝えた。

Canyonのホームページに掲載されている「Rising Sun」は現在もまだ販売されているが、今後、ホームページから消える可能性は高い。

韓国では、旭日旗を軍国主義の象徴と見る傾向がある。ロンドン五輪では、日本体操選手のユニフォームが旭日旗を連想するとして、大韓体育会が日本側に抗議した。
2012年09月28日提供:韓フルタイム
http://news.livedoor.com/article/detail/6997406/
 
韓国人が「東日本復興グッズ」を販売中止に追いんだのは、今回だけではありません。
 
韓国人は、日本海と書かれた震災復興を支援するTシャツも販売中止に追い込みました。
 
2011年4月4日、米国のカジュアルブランド「J.CREW」は、震災復興支援のために、「日本愛Tシャツ」(JAPAN Love Tee)を製作販売して、収益金の全額を日本赤十字社に寄付するとしました。
 
Tシャツには、日本語で「がんばれ日本!」の文字と日本地図がデザインされているシンプルなものでした。
 

 
韓国人は、「SEA OF JAPAN」の文字が記されていたので、「Tシャツを来て歩いている人を想像すると怒りがこみ上げてくる」などと抗議して、販売中断になりました。
 
韓国人はマンUのスタンドに旭日旗があったと非難しましたが、旭日旗は外国人も普通に使用しているのが現実で、東日本復興グッズを販売中止に追い込む韓国との友好はありません。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国人についてご考慮下さい。
 
ふざけんな韓国人!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。