HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  大阪市営地下鉄のパチンコのラッピング広告車両が廃止されずに運行継続、「マルハン」は市民の「射幸心をあおる」「ギャンブル依存症は深刻な社会問題」「パチンコによる借金苦の自殺も多い」複数の苦情を無視するな
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、 大阪市 営地下鉄のパチンコのラッピング広告車両が廃止されずに運行継続していることはご存知だと考えます。
 
パチンコの地下鉄ラッピング広告 廃止のはずが運行継続
 
大阪市営地下鉄の車両全体を覆うパチンコのラッピング広告について、「射幸心をあおる」と市民が苦情を寄せたところ、市交通局は「昨年4月に廃止した」と回答した。ところが広告列車は今も走っている。広告主側が打ち切らないかぎり自動更新される契約のためで、まだ数年間は走り続けるという。

 現在、御堂筋線で大手パチンコ業者名入りの電車が1編成(10両)走る。ギャンブル依存症の人を支援する団体の女性(43)が、2010年9月から「ギャンブル依存症は深刻な社会問題」と何度か廃止を求めたが返事はなかった。それが今年7月に突然、「11年4月に廃止した」とのメールが来たという。

 市交通局によると、御堂筋線のパチンコ業者のラッピング広告は05年4月スタート。広告料年約2500万円は貴重な収入だった。しかし、「パチンコによる借金苦の自殺も多い」などの複数の苦情を受け、広告審査基準を改定。11年4月から、パチンコや公営ギャンブルのラッピング広告は新規契約を取りやめた。

 ただ、現在の業者との契約は、車体の廃車など「当局の業務上の支障」がない限り、毎年自動更新されるため、「今後数年、掲載される可能性がある」(市交通局)。業者側も「広告を続ける方針」と話す。
朝日新聞 10月4日
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201210040021.html
 
> 大阪市 営地下鉄の車両全体を覆うパチンコのラッピング広告について、「射幸心をあおる」と市民が苦情を寄せたところ、市交通局は「昨年4月に廃止した」と回答した。ところが広告列車は今も走っている。広告主側が打ち切らないかぎり自動更新される契約のためで、まだ数年間は走り続けるという
 
ふざけんな!
 
大阪市営地下鉄のパチンコのラッピング広告車両とは、「違法ギャンブル宣伝車両」です。
 
パチンコは違法ギャンブルです。
 
競馬などの公営ギャンブルは、法律により「現金の払い戻し」が認められて、宝くじやサッカーくじも「賞金の受取り」が認められています。
 
パチンコ業界は、特殊景品を使った三店方式を採用しています
 
三店方式とは、「ホールで出玉と特殊景品を交換」→「景品交換所が特殊景品を現金で買い取る」→「景品問屋が交換所から特殊商品を買い取り、ホールに卸す」という換金システムです。
 
しかし、公然と行われている「パチンコの換金」は違法行為です。

警察庁は、「パチンコ店が直接現金に換えているわけではないから、直ちに違法にはならない」としています。
 
しかし、新宿でカジノ業者が同じ三店方式を採ったことがありましたが、賭博罪で摘発しました。
 
つまり、パチンコの換金(三店方式)とは、刑法185条・風営法第23条により違法行為です。
 
パチンコを違法ギャンブルとして取り締まる立場の警察は、天下りなどでパチンコ業界と癒着しているので、パチンコだけは摘発をしません。
 
大阪市営地下鉄とは、 大阪市 民の共有の財産です。
 
違法ギャンブルで日本国民から金を巻き上げているパチンコ業者と、広告の自動更新契約をしていた 大阪市 側にも責任があります。
 
橋下 大阪市 長は弁護士出身なのですから、国政や領土問題ではなく、 大阪市 営地下鉄の「違法ギャンブル宣伝車両」の問題を解決するべきです。
 
>現在、御堂筋線で大手パチンコ業者名入りの電車が1編成(10両)走る
 
大手パチンコ業者とは、「マルハン」のことです。
 
地下鉄御堂筋線 10系 マルハンラッピング車両(動画)
 
 

 

 
大手パチンコグループ「マルハン」の韓昌祐会長は、2002年に日本へ帰化した韓国系日本人です。
 
韓昌祐は密入国者で、「戦後のどさくさにまぎれて、日本に密航して来て永住権資格を得た」と自身も認めています。
 

 
>ギャンブル依存症の人を支援する団体の女性(43)が、2010年9月から「ギャンブル依存症は深刻な社会問題」と何度か廃止を求めた
 
「パチンコ依存症」は、医学的にも立証されています。
 
公営ギャンブルの競馬・競輪・競艇は、大きなトラブルもなく運営されています。
 
しかし、パチンコは、パチンコへの依存症が増加をして、自殺・事件・生活破綻者なども増加しています。
 
パチンコ代欲しさからの強盗・負けた腹いせでの放火・借金苦での自殺・子供が車内で蒸し焼きになり死亡するなど、全国で事件が多発しています。
 

 
2010年に厚労省が発表した統計によると、女性のギャンブル依存患者は推計75万人まで増加をしています。
 
主婦などが、パチンコ代欲しさから借金をして性風俗店で働いたり、パチンコ依存症が原因で一家離散になったりと、多くのトラブルが起きています。
 

 
>現在の業者との契約は、車体の廃車など「当局の業務上の支障」がない限り、毎年自動更新されるため、「今後数年、掲載される可能性がある」(市交通局)。業者側も「広告を続ける方針」と話す
 
大阪市交通局に多くの市民が「射幸心をあおる」・「パチンコによる借金苦の自殺も多い」など複数の苦情を寄せているのに、「マルハン」は市民の声を無視しています。
 
そして、「マルハン」などパチンコ業界は、生活保護受給者からもカネを巻き上げています。
 
「違法ギャンブル宣伝車両」が走っている 大阪市 は、生活保護受給者数が全国最多です。
 
そして、生活保護受給者が生活保護費の大半をパチンコに使っていることが問題になっています。
 
2011年2月11日放送のテレビ朝日「JチャンネルSP」は、 大阪市 でパチンコに生活保護費の大半を費やす生活保護受給者について報道しました。
 
私のブログに御訪問を頂いている、ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」様が取り上げていたのでご紹介いたします。
 
2011年2月11日放送テレビ朝日「JチャンネルSP」
【大反響!“働きたくない”生活保護者たち】

大阪市の受給者は14万人以上で全国最多
 

ここ 浪速区 では区民の10人に1人、隣の 西成区 では区民の5人に1人(現在は4人に1人)の割合で生活保護費(公費)を受けており、 西成区 の毎月の支給額は20億円超となっている。
 

生活保護費を受け取った受給者たちは、すぐ近くに地下鉄の駅があるにもかかわらず、何故か次々とタクシーに乗り込む

いったいどこに?

なぜ急いでいるのか?
 

 

生活保護の受給者たちが集まる場所は、朝鮮玉入れ屋(パチンコ店)だった!

支給直後にギャンブル三昧!
 

朝鮮玉入れ屋(パチンコ屋)の店員に聞くと、生活保護の支給日は非常に混み、客の半分が生活保護受給者らしい。
店内に居る200人の客のうち、100人が生活保護受給者となる。
 

店から出て来た客に聞いてみると、生活保護者で、この日は6万円負けたという。
「生活保護で10万円くらい負けることはしょっちゅうや!」
 

酒を買いにパチ屋から出てきた別の客「金もうらうようになると、みんなそれでやっていこいうと思って、働く意欲がなくなる。」
そう言って酒を飲み干すと再びパチ屋に入って行った。
 

次に登場した客は覚醒剤後遺症で2年前から生活保護を受けている。
その使い道は、7割がパチンコで使い、それを使い果たすと、あとは無料の炊き出しに通う。
 
 
マスコミは、韓国がパチンコを禁止している事実、パチンコ依存症による犯罪や自殺などの危険性、警察とパチンコ業界との癒着、換金の違法性を追及しません。
 
マスコミが報道しないのは、在日韓国・朝鮮人の利権産業であるパチンコ業界の広告費に依存しているからです。
 
2011年5月に、「パチンコの違法化・大幅課税を求める議員と国民の会」が設立されました。
 
小坂英二代表11.5.25パチンコの違法化・大幅課税を求める議員と国民の会①(動画)
 
 

 
この会の代表で、パチンコ違法化に取り組んでいる 荒川区 の小坂英二区議会議員は、2012年6月にラジオ日本に出演しました。
 
しかし、ラジオの収録の7割にパチンコ違法化関連の話をしたのに、放送ではその部分を100%カットされました。
 
https://twitter.com/neroli_k/
kosakaeiji
kosakaeiji
荒川区 議 小坂英二
ラジオ日本での小坂が出演した番組の放送、終了。正直「やられた!」状態。録音の際、小坂から話をした内容はパチンコ違法化関連が7割、放射線問題が3割位。録音の編集をすると聞いていましたが、見事にパチンコの話は100%カットされてた。録音現場ではパチンコ問題もOKと聞いてたのに。
7:35 AM Jun 29th
 
荒川区 議 小坂英二‏@kosakaeiji
ラジオ日本での小坂が出演した番組で録音の際、小坂から話をした内容はパチンコ違法化関連が7割、放射線問題が3割位のところ、見事にパチンコの話は放送時に100%カットされた件でパーソナリティーの清水さん(編集は別の方が実施)に聞くと、ご自身も驚いてました。こんな事態、初めて!とのこと
 
このようにマスコミは、パチンコ違法化については放送をしません。
 
マルハンは、「射幸心をあおる」「ギャンブル依存症は深刻な社会問題」「パチンコによる借金苦の自殺も多い」など、市民からの複数の苦情を無視しています。
 
マルハンだけではなくパチンコ業界は、日本国民からの苦情を無視しています。
 
在日韓国・朝鮮人の利権産業であるパチンコは違法ギャンブルであり、北朝鮮を資金面で支え、パチンコ依存症による犯罪などもあるパチンコは根絶するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、パチンコについてご考慮下さい。
 
違法ギャンブルのパチンコは廃止しろ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。