HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  サントリーが韓国「東海」名称を冠したゴルフ大会のスポンサー企業に名を連ねているとの情報が出回り物議を醸す、韓国企業OBとの業務提携と韓国ロッテとの酒類輸入契約も解除しろ、反日企業の不買運動を拡大しよう
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、サントリーが韓国の「東海」イベントを支援しているとの情報が出回り物議を醸していることはご存知だと考えます。
 
サントリーが韓国の「東海」イベントを支援?

韓国では日本海を「東海」と称し、その呼称をめぐって日本との対立が続いてきた。

その「東海」という名称を冠したゴルフ大会のスポンサー企業に、サントリーが名を連ねているとの情報が出回り、物議を醸している。韓国のノーカットニュースの記事(2012年10月9日)によると、大会は今年で28回目を迎え、同国でも最高水準の賞金と最大規模の観客数を誇るという。

大会の開催告知では、「東海」だけが漢字で書かれている。告知の下部にスポンサーの一覧が掲載されているのだが、その部分をよく見ると、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」のロゴマークがある。また、上述の記事の最後には、関係者と称する人物によるコメントも掲載されている。

サントリーに対しては、過去にも「韓国寄り」との批判がネット上で繰り返し提起され、同社への抗議行動なども発生している。日本企業が「東海」という表現を含むイベントを支援しているとのことで、今回も非難の声が続出した。当サイトでは、サントリーホールディングス株式会社に取材した。

この度の件について広報の担当者に尋ねると、ネット上で話題になっているということだけでなく、韓国でそのような事態になっていたことも知らなかったという。現時点での状況を説明したところ、早急に確認すると担当者は述べた。その後、担当者から指定された時間に再度連絡を取った。

同社で確認した結果、今回の件は韓国の企業「OB(Oriental Brewery)」によるものと判明したという。サントリーは、ザ・プレミアム・モルツの韓国での展開を目的に、2010年12月からOBと業務提携している。そのOBが、サントリーには無断で、モルツを掲げてゴルフ大会に協賛していたというのである。

サントリーでは大変困惑しており、OBに対して抗議するとのことだった。
探偵ファイル 10/13
http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2012/10/13_01/
 
>韓国では日本海を「東海」と称し、その呼称をめぐって日本との対立が続いてきた
 
韓国政府は日本海について、「日本海・東海」の併記を要求し続けていますが、今年の国際水路機関(IHO)総会でも認められませんでした。
 
しかし、韓国政府は諦めていません。
 
韓国政府は来年、2009年以来4年ぶりに、世界主要地図での東海表記現況について全数調査を実施する方針です。
 
韓国政府 世界地図の「東海」「独島」表記調査へ

【ソウル聯合ニュース】韓国政府関係者は12日、「東海」と「独島」の表記について、来年に世界地図の全数調査を行う方針を明らかにした。政府の正式調査は2009年以来。

 世界の地図では日本名の「日本海」「竹島」と明記されている場合が依然多く、韓国政府は表記の変更を要請している。これまでの活動の成果を確認し、今後の対応策を講じるのが狙い。
10月12日聯合ニュース 抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121012-00000034-yonh-kr
 
>その「東海」という名称を冠したゴルフ大会のスポンサー企業に、サントリーが名を連ねているとの情報が出回り、物議を醸している
 
>大会の開催告知では、「東海」だけが漢字で書かれている。告知の下部にスポンサーの一覧が掲載されているのだが、その部分をよく見ると、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」のロゴマークがある
 
ネットの掲示板では、「またサントリーか!」・「ふざけんなチョントリー!」など、サントリーに対して批判の声が上がっています。
 

 

 
>サントリーに対しては、過去にも「韓国寄り」との批判がネット上で繰り返し提起され、同社への抗議行動なども発生している
 
サントリーは2011年4月からホームページにある、韓国焼酎「鏡月グリーン」の名称由来の紹介に「韓国/東海(日本海)」と表記していました。
 

 
2011年8月に、サントリーが「韓国/東海(日本海)」と表記していたことが発覚しました。
 
サントリーは、韓国が主張する「東海」を「日本海」と併記しただけではなく、(日本海)として「東海」を先に表記していたので悪質でした。
 
しかもサントリーは、2002年から数回繰り返していた確信犯でした。
 
そして、サントリーに対する抗議と、サントリー製品の不買運動が起きました。
 
チョントリーに電凸してみた(動画)
 
 
反日朝鮮酒造サントリーの公式見解
 
Q.どういうつもり?
A.東海表記は特別な意図のあるものではない。
 
Q.再犯だよね?反省したフリしてたよね?
A.さようでございますね。
 
Q.サイト消して逃げてんだから承知の上でやってんですよね?
A.さようでございますね。
 
Q.なんで東海なの?サントリーって朝鮮企業なの?
A.そういったことではございません。
 
Q.発表も発表予定もないのに突然サイト消して逃げたよね?
A.申し訳ございません。
 
Q.トンスルっていうドリンクも売ってらっしゃるんですか?
A.トンスルという" "(酒って知ってるんだ)は取り扱ってはございません。
 
チョントリーに凸電してみた2(動画)
 
 
サントリーは、多くの抗議を受けたことにより、2011年8月19日にホームページから該当ページを削除しました。
 
サントリーはホームページに、「お客様にご不快な思いをおかけしましたことに対して、深くお詫びいたします」とする謝罪文を掲載しました。
 

 
鏡月ブランドサイト内の表記について

2011819
サントリー酒類株式会社

韓国焼酎「鏡月」のブランドサイトにおきまして、製品のネーミング由来を紹介する文章中にございました地名表記につきましては、あくまで、商品を紹介するための広告上の表現で、地名に関する見解を表明するものではありませんでした。

お客様にご不快な思いをおかけしましたことに対して、深くお詫びいたします。

以上
 
しかし、サントリーはホームページのトップにある「新着情報」に、「謝罪」の情報を掲載しませんでした。
 

サントリー・トップページ
 
サントリーが販売している韓国焼酎「鏡月グリーン」は、韓国ロッテが製造元で、サントリーに輸出しています。
 
サントリーがホームページから「韓国/東海(日本海)」を削除すると、韓国ではサントリー製品の不買運動の呼びかけが起きました。
 

 
韓国ロッテにも、「売国企業と呼ばれたくなければサントリーへの酒の供給をやめるか、サントリーに東海表記を復活させるよう要求し、これに応じたら供給せよ」という声が上がりました。
 
>同社で確認した結果、今回の件は韓国の企業「OB(Oriental Brewery)」によるものと判明したという。サントリーは、ザ・プレミアム・モルツの韓国での展開を目的に、2010年12月からOBと業務提携している。そのOBが、サントリーには無断で、モルツを掲げてゴルフ大会に協賛していたというのである
 
本当か?
 
サントリーは反日企業なので信用は出来ません。
 
1988年、サントリーの社長だった佐治敬三は、JNN報道特集で、「仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い」と、東北を見下げた発言をしました。
 
東北地方ではサントリーの不買運動が起きて、東北各県にサントリー幹部らのお詫び行脚が続きました。
 
しかし、サントリーのお詫び行脚とは、心からの謝罪ではなく不買対策のためだけにしたことです。
 
現在でも、東北最大の歓楽街、 仙台市 の国分町ではサントリー製品を扱わない店は多いのです。
 
2008年、毎日新聞が長年に亘り英文サイト、毎日デイリーニューズ上のコラム「WaiWai」で、日本人変態記事を世界中に発信したことが発覚しました。
 
この際、多くの企業が毎日新聞への広告掲載を中止しましたが、サントリーだけが広告の掲載を継続しました。
 
>サントリーでは大変困惑しており、OBに対して抗議するとのことだった
 
抗議をしても韓国人は謝罪をしないので、サントリーは、韓国企業のOBとの業務提携契約を解除するべきです。
 

 
そしてサントリーは、韓国ロッテとの酒類輸入契約も解除するべきです。
 
サントリーが輸入・販売している韓国焼酎「鏡月グリーン」と「ソウルマッコリ」は韓国ロッテが製造元です。
 
反日企業のロッテについては本ブログで記事にしていますが、1948年に日本でロッテを設立した創業者は、在日韓国人1世の辛格浩(通名:重光武雄)です。
 
辛格浩は、「韓国ロッテ設立時から日本で稼いだ金を韓国に投資し始めたが、韓国で稼いだ金は一度も日本に持って行くことはなかった」と発言しています。
 
サントリーに「ソウルマッコリ」を輸出しているロッテ酒類の関係者は、「今年も2けた成長を目標にマーケティングを展開し、日本国内の‘マッコリ韓流’ブームを続けたい」と発言しました。
 
マッコリ韓流ブームというのも、電通支配のマスコミが仕掛けたものです。
 
サントリーは、飲食店向けに「ソウルマッコリ ご繁盛キャンペーン」を実施していました。
 

 
サントリー
 
また、本ブログの記事で、女性向けのファッション雑誌「MORE」3月号の特集記事での韓流ゴリ押しを取り上げましたが、「マッコリバー」のゴリ押しもありました。
 



 
サントリーは2011年のCMにはチャン・グンソクを起用していましたが、ロッテもCMにチャン・グンソクを起用していました。
 

 

 
「2012年CMギャラランキング トップ20(男性)」によれば、チャン・グンソクの1社のギャラは、2011年は1億2000万円、2012年は8000万円です。
 

 
サントリーとロッテで約2億円になります。
 
チャン・グンソクのCMのギャラは、チャン・グンソクと所属事務所で配分しますが、韓国の外貨獲得になるので、サントリーとロッテによる韓国支援です。
 
サントリーが「東海」イベント支援との情報が物議を醸していますが、日本国民は、花王・サントリー・ロッテ・ソフトバンクなど、反日・売国企業の製品不買運動を拡大するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、サントリーについてご考慮下さい。
 
反日企業の製品不買運動をしよう!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。