HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  NHK「14年大河」ホントは「島津義弘」だった、朝鮮出兵で大活躍したため日韓関係に配慮、NHK石田研一放送総局長が韓国人歌手の紅白歌合戦出場について「政治と文化は違うというスタンスで考えたい」と発言
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願いします。
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、NHK2014年の大河ドラマが本当は「島津義弘」だったという報道はご存知だと考えます。
 
NHK「14年大河」ホントは「島津義弘」だった
 
<朝鮮出兵がネック>
 
 3週連続で1ケタ台の視聴率にあえいでいるNHK大河「平清盛」。21日の放送は関西地区で7.5%(ビデオリサーチ調べ)を記録し、またまた過去最低を更新。最終回(12月23日)まできっちり放送するというが、クライマックスの源平合戦を待たずして“討ち死に”状態である。

 早くも話題の中心は次の大河に移っていて、13年は綾瀬はるか(27)主演の「八重の桜」、14年は岡田准一(31)主演の「軍師官兵衛」と先日発表になったが「本当は『島津義弘』が当確だったが、二転三転し、黒田官兵衛になった」というのはNHK関係者だ。

 14年大河を巡っては、発表の1カ月前にも一部スポーツ紙が「明智光秀が有力」と報じている。しかし、フタを開けたら「官兵衛」になっていた。舞台裏で何があったのか――。

 島津義弘は、織田信長や豊臣秀吉と同世代に活躍した薩摩の戦国大名。島津家中興の祖といわれた第15代当主・貴久の次男で、兄の義久を助けた島津家最強部隊の将だ。

 関ケ原の合戦では300足らずの兵で敵中突破したことで有名。他にも、文禄の役と慶長の役で朝鮮へ出兵し、明の大軍相手に勇敢な戦闘力を発揮したことで知られる。

 「その豪快なエピソードがネックになった。朝鮮出兵は義弘公の見せ場のひとつ。“鬼島津”と恐れられたという資料も残っている。絶対に外せないシーンだし、申し分ない“山場”です。が、8月に勃発した竹島の領土問題で日韓が揉めている中で、局内から難色を示す声が出た。物議を醸すような事態を避けたわけです」(NHK関係者=前出)

  義弘公の地元・鹿児島は県を挙げて大河の誘致活動に積極的だった。数年前には鹿児島にゆかりのある人物でプッシュしようと署名活動までし、09年には「観光かごしま大キャンペーン推進協議会」を発足させ、昨年10月にNHKへ要望書を提出していた。

  大河の舞台となった地元への経済効果は絶大で、08年の「篤姫」は鹿児島県内に262億円をもたらした。

  コトなかれ主義で弱腰なNHKと野田外交に振り回されては、義弘公もいい迷惑である。
日刊ゲンダイ10月27日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121027-00000008-nkgendai-ent
 
>「その豪快なエピソードがネックになった。朝鮮出兵は義弘公の見せ場のひとつ。鬼島津と恐れられたという資料も残っている。絶対に外せないシーンだし、申し分ない山場です。が、8月に勃発した竹島の領土問題で日韓が揉めている中で、局内から難色を示す声が出た。物議を醸すような事態を避けたわけです」
 
この報道は事実でしょう。
 
NHKは2014年の大河ドラマを、「島津義弘」が朝鮮出兵で大活躍したために、日韓関係、韓国に配慮して「黒田官兵衛」に変更したと考えられます。
 
ネットの掲示板では、「NHKはどこの国の放送局だ!」など、NHKに対して批判の声が上がっています。
 
また、「嫌韓ブームに島津義弘なら視聴率50%だったな」、「泗川の戦いを見たかった」などという声もあります。
 
泗川の戦い(しせんのたたかい
 
59 :名無しさん@恐縮です:2012/10/28() 10:02

特に島津が10倍以上の朝鮮・明軍をなで斬りにする泗川の戦いを是非再現して欲しかった。

「島津忠恒の鹿児島方衆が10,108、島津義弘の帖佐方衆が9,520、冨隈(島津義久領)方衆が8,383
伊集院忠真の軍が6,560、北郷三久の軍が4,146、計38,717のチョン軍の首を取って帰ったらしい。
数えきれず打ち捨てた死体は数知れずで、明の記録では「戦死者約8万人」とされている。
薩摩の兵は7千足らず、計略でパニックに陥れ、イレグイ状態で朝鮮兵の首を取ったらしい。
 

 
反日NHKですから、予定通りに「島津義弘」を制作しても、歴史を捏造して極悪人の「鬼島津」を創り上げて韓国人に配慮をしたでしょう。
 
NHKは「島津義弘」を制作しても、豊臣秀吉の「朝鮮出兵」も歴史を捏造して「朝鮮への侵略だった」として韓国人に配慮をしたでしょう。

韓国は、豊臣秀吉の「朝鮮出兵」の歴史も捏造しています。
 
韓国は、「豊臣秀吉の朝鮮侵略の犠牲者の立場である韓国人」としていますが、事実ではありません、
 
当時の朝鮮は明の属国でした。
 
文禄の役で豊臣秀吉軍は、釜山上陸からわずか二十日間で首都・漢城を陥落させて、激戦にもなりませんでした。
 

 
豊臣秀吉軍は、李氏朝鮮の支配階級に虐げられていた朝鮮民衆の解放軍として迎え入れられ、多数の朝鮮民衆が秀吉軍に従軍しました。
 
実際に秀吉軍が戦った相手とは、明軍と、明の支援を受けた朝鮮の支配階級軍でした。
 
李氏朝鮮の支配勢力(第14代王宣祖と両班ら)の圧政からの解放を願っていた朝鮮の民衆が、支配をアジア広域に広げようとした秀吉の政策と利害が一致したので利用しました。
 
講和交渉も日本と明の間で行われ、朝鮮は講和交渉にも参加していません。
 
豊臣秀吉の朝鮮出兵とは、秀吉軍と朝鮮民衆が、明軍と朝鮮支配階級軍と戦ったのが史実です。
 
「人心怨叛し、倭と同心」(人心は怨み叛き、倭に同調するのみ)
「賊兵の数、半ばは我国人というが、然るか」(明の朝鮮支援軍が駆けつけると、辺りに散らばる首の殆どが朝鮮の民であった)
『宣祖実録』
 
快進撃の背景には日本軍を解放軍として迎えた朝鮮民衆の支援もあったのだ。
「秀吉が勝てなかった朝鮮武将」貫井正之
 
景福宮などの焼失は、大部分の韓国の観光案内板によれば、「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の兵によるもの」と書かれているが、それは嘘だ。
李恒福の『白沙集』によれば、秀吉軍の入城前にはすでに灰燼となっていた。
それは、民衆が兵乱と聞けばすぐに蜂起して、宮廷を襲い略奪したからだ。
ことに奴婢は、秀吉軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院に火を放った。
それが歴史の史実だ。
『龍を気取る中国 虎の威を借る韓国』黄文雄

『宣祖実録』によれば、「人心怨叛し、倭と同心」するような社会状況の中で、明軍が朝鮮軍支援にかけつけてみると、「斬る所の首級半ば皆朝鮮の民」といったふうだったという。
また、江戸時代末期に日本で書かれた『征韓偉略』によれば、秀吉の軍隊が京城に入城した時、兵士の半ばは朝鮮の民であったという。
また、韓国の教科書には「文化財の被害も大きかった。景福宮が焼け、実録を保管した書庫が消失した」と書かれているが、火をつけたのは朝鮮の民であり、秀吉の軍隊が京城に入る前に、既にそれらの建物は焼け落ちていたのである。
宣祖の京城脱出と同時に、日頃から怨念を抱いていた民衆が略奪・放火をほしいままにしたのであり、「虐げられた朝鮮の民衆にとって、外敵の侵入はまさに解放軍の到来と映った」との指摘すらある。
「日韓・歴史克服への道」下條正男
 
さて、年末が近づきNHK紅白歌合戦の出場歌手の予想が話題になっています。
 
NHKは、今年の紅白にも韓国人歌手を出場させるかもしれません。
 
昨年のNHK紅白歌合戦には、KARA・少女時代など3組の韓国人歌手グループが出場をしました。
 
昨年の紅白歌合戦の後半の平均視聴率は41・6%でした。
 
KARA「KARA2011スペシャルメドレー」38・4%は-3・2%、少女時代「GENIE」39・9%は-1・7%で、後半視聴率を下回って足を引っ張っただけでした。
 

 
韓国の李明博大統領は、天皇陛下に謝罪を要求し、竹島に不法上陸、日本へ密入国をしました。
 
これらの問題により、今年の紅白には、韓国人歌手の出場がゼロになるのではないかと予想されていました。
 
しかし、NHKの石田研一放送総局長は24日の定例会見で、韓国人歌手の紅白出場について、「政治と文化は違うというスタンスで考えたい」と発言しました。
 
韓国人歌手の紅白出場「お答えできない」

NHK定例放送総局長会見が24日、都内の同局で行われ、石田研一放送総局長は、竹島問題で揺れる中、韓国人歌手の紅白歌合戦出場について語った。「政治と文化は違うというスタンスで考えたい」とした上で「まだ検討中なので今の段階ではお答えできない」と明言を避けた。
日刊スポーツ10月24日抜粋
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121024-1037065.html
 
李明博天皇陛下への謝罪要求発言や、韓国国会の国防委員会所属の議員が竹島へ不法上陸をしても、NHKは韓流ゴリ押しを続けています。
 
 
10月25日
NHK
地球イチバン
 
976 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/10/25() 10:19:47.63 ID:GP42/ZyT0
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-10-25&ch=21&eid=30771
地球イチバン「地球でイチバンのアイドル大国~K-POP~」
今回は、音楽産業の輸出伸び率が世界一の国、韓国。なぜK-POPは、世界で支持を集めているのか。
メロディーとリズムに、どんな秘密が?
番組では、しれつなオーディションをくぐり抜けてデビューを迎える“イケメン5人組”の初ライブまでに密着。
【リポーター】マーティ・フリードマン,【出演】デーブ・スペクター,はるな愛,【司会】渡辺満里奈,【声】ビビる大木,【語り】あおい洋一郎
 










 
306 名前:公共放送名無しさん :2012/10/25() 22:06:24.86 ID:dovKT7Qz
世論操作やめろよいいかげん
 
311 名前:公共放送名無しさん :2012/10/25() 22:06:27.76 ID:SRDtwyJo
国家が主導して売り込んでるんだから政治と文化は別ってのは通用せんからな
 
韓国に媚び続けているNHKだから、「島津義弘」が朝鮮出兵で大活躍したために、韓国に配慮して2014年の大河ドラマを変更したのでしょう。
 
李明博が天皇陛下に謝罪を要求し、李明博と国会議員が竹島に不法上陸をしたのに、「政治と文化は違うというスタンスで考えたい」というNHKは解体するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、NHKについてご考慮下さい。
 
韓国に媚び続ける反日NHKは解体!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。