HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  フジ「本当に日本のテレビ局なのか」ジャンプで転倒キムヨナが「今季最高得点」「浅田真央より上」報道にネットで怒り「すぽると!」でキム・ヨナ復帰完全検証特集、キム・ヨナがいたら浅田真央は優勝できなかった?
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、フジテレビは「本当に日本のテレビ局なのか」と非難の声があがっていることはご存知だと考えます。
 
ジャンプで転倒キムヨナが「今季最高得点」「浅田真央より上」報道にネットで怒り
 
フィギュアスケートの浅田真央選手(22)がグランプリファイナル優勝を果たした一方で、「宿命のライバル」韓国のキム・ヨナ選手(22)が復活を遂げた。「今季最高得点」を叩き出したというのだが、その報道のされ方にネットユーザーなどから疑問の声が上がっている。

「浅田真央よりキムヨナが上といっているに等しい」などと怒り心頭なのだ。

2010年バンクーバー冬季五輪の金メダリスト、韓国のキム・ヨナ選手が2012年12月9日、ドイツのドルトムントで開かれたNRW杯で優勝を果たした。

■フジテレビが「キム・ヨナ復帰完全検証」と銘打った特集

驚きなのは、その点数だ。8日に行われたショートプログラム(SP)では、浅田真央選手のNHK杯での67.95(今季最高得点)を大きく上回り、72.27点。フリーでは、浅田選手のグランプリファイナルでの129.84(今季最高得点)よりわずかに低い129.34点を記録した。合計は201.61点で、グランプリファイナルで浅田選手が記録した今季最高得点(196.80点)を超えた。

これを受けて、フジテレビは12月10日放送の「すぽると!」で「キム・ヨナ復帰完全検証」と銘打った特集をくみ、キム選手の復活度は70%と伝えた。そして、キム選手のSPの点数の下に、浅田選手、A・ワグナー選手、鈴木明子選手のグランプリファイナルでの点数を並べた映像を流した。

これにネットユーザーらが噛み付いた。本来比べられない点数をならべて、浅田選手よりもキム選手のほうが上だと印象付けようとしているという。

「フジテレビはキム・ヨナが7割の力で『今季最高得点』を出した。浅田真央よりキムヨナが上と言っている」
「本当に日本のテレビ局なのか」


などと怒り心頭だ。

今回キム選手の優勝した「NRW杯」は、冬季五輪、グランプリシリーズ、世界選手権より格下の「国際B級大会」で、「第一線の大会ではない」(フィギュアスケート解説者・村主千香さん)。国際スケート連盟(ISU)の公認試合ではあるが、その得点は「参考記録」で、グランプリシリーズなどのように「公式記録」には認定されない。

また、違う大会の点数を比べる意味は「とくにない」と村主さんは10日放送のモーニングバード!(テレ朝系)で指摘した。得点のうち、芸術点は他の出場選手との兼ね合いで決まるためだと言う。みのもんたさんも10日放送の朝ズバ!(TBS系)で、点数を付けたのが「同じジャッジじゃなきゃね」と首をかしげた。

「(得点が)ここまでどうして出てしまったのか、わからないと正直感じた」

その上、キム選手の演技が浅田選手のグランプリファイナルでの演技にここまでの点差をつけるほど「完璧」だったかも疑問だ。ショートこそ大きなミスなくまとめたものの、フリーでは2回転を予定していた3連続ジャンプがすべて1回転になり、コンビネーションジャンプでは転倒、しりもちをついてしまった。村主さんも、モニバド内で感想を求められ、こう言った。

「フリーでは後半かなりスタミナが切れてて、ジャンプも転倒していた。そこまで『おーっ』とは感動しなかった。まだ調整が足りてないのかなと思った」
「(得点が)ここまでどうして出てしまったのか、わからないと正直感じた」

グランプリファイナルでの浅田選手は、ショート・フリーともに大きなミスなくこなした上での優勝だった。

なお、キム選手が今回「NRW杯」に参加したのは、2013年3月にカナダのロンドンで開かれる世界選手権への出場資格を手に入れるためだ。浅田選手も世界選手権への出場を予定している。早ければそこで2人の「直接対決」の結果が見られそうだ。
12月10日 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000006-jct-ent
 
>フジテレビは1210日放送の「すぽると!」で「キム・ヨナ復帰完全検証」と銘打った特集をくみ、キム選手の復活度は70%と伝えた
 
>そして、キム選手のSPの点数の下に、浅田選手、A・ワグナー選手、鈴木明子選手のグランプリファイナルでの点数を並べた映像を流した
 
>本来比べられない点数をならべて、浅田選手よりもキム選手のほうが上だと印象付けようとしているという
 
ロシア・ソチで、浅田真央が4年ぶりのGPファイナル優勝を飾りました。
 

 
ドイツ・ドルトムントの「2012 NRW杯」で実戦復帰となったキム・ヨナは、今シーズンの女子選手で唯一となる200点台をだしました。
 



 
しかし、上記の記事で解説者の村主千香さんが 説明しているように、キム・ヨナは浅田真央よりも格下の「国際B級大会」で、得点を比較する意味がありません。
 
フジテレビの「すぽると!」は、GPファイナル優勝の浅田真央でなく、「キム・ヨナ復帰完全検証」を特集しました。

しかも、キム・ヨナがいたら浅田真央はGPファイナルで優勝できなかったかのような放送でした。
 



 
ネットでは、フジテレビは「本当に日本のテレビ局なのか!」など、フジテレビに対して非難の声があがっています。
 
「すぽると!」で、キム・ヨナのショートプログラムの模様を伝え、プロスケーターで、高橋大輔のコーチも務める本田武史が解説をしました。
 
本田武史は、「スピンが最高レベルではなかった。もっと点数を伸ばしてくる可能性があります」、「まだ7割くらいの出来ですかね」などと解説をしました。
 



本田「いや、これでもまだ7割くらいの力しか出してませんね」
 
>キム選手の演技が浅田選手のグランプリファイナルでの演技にここまでの点差をつけるほど「完璧」だったかも疑問だ。ショートこそ大きなミスなくまとめたものの、フリーでは2回転を予定していた3連続ジャンプがすべて1回転になり、コンビネーションジャンプでは転倒、しりもちをついてしまった
 
これまでフジテレビは、浅田真央を侮辱し、キム・ヨナを絶賛しています。
 
フジテレビなら、「キム・ヨナは美しい『しりもち』で加点でしたね♪」と報道しそうです。
 
2012 12 10 김연아 레미라제블 YU NA KIM nrwTrophy Remy La jebeul(動画)

1回転-1回転-1回転ジャンプは、4:10頃~
転倒シーンは、4:30頃~
スコアは823頃~


 
ネットでは、また「キム・ヨナによる審判買収」疑惑の声があがっています。
 
ブログ「韓流研究室」一部転載
 
2-2-2のコンビネーションが1-1-1になって
3-2
のコンビネーションの着地で転倒
スピンはレベル1ってヘロヘロの内容に
技術点数(TES60.82点と
芸術点(PCS69.52点、減点1点???

あ~~、例によって
美しい尻もち」に加点が貰えたのか。
1-1-1
のコンビも美しい分割3回転かも。

最初から、復帰戦シナリオ
200点越えだったからねぇ・・・
 
それにしても
「最低200点をやり遂げること」
がシナリオだったはずなのに
200
点に行くためには
 

 
SPでのスピンは全てレベル3でしたから
「取らぬ狸の皮算用」からかなりマイナスだよね。

あの、座っていない腰をかがめただけの
「フライングシットスピン」にレベル3出したのも
ギリギリ得点上げとかなきゃ、FSじゃ
どこまでヘロヘロしちゃうか解らないから
SPで調整しとかなきゃ!って配慮かしら?

これからソチに向けて
キム・ヨナだけは今回のように
回転不足は見逃されて
浅田真央も鈴木明子も、大会毎に厳しくい厳しく
回転不足だのエッジが違うだのと
逐一、マークされるのだろう。

バンクーバー五輪の時も、これで多くの選手が混乱し
ジャンプの度に「ためらい」や「思い悩み」
大技に挑戦して成功していた選手たちが潰された。
そして高得点を狙える大技は封印して
ヨナだけがロングエッジや回転不足は見逃され、
GOE
は盛り放題、顔芸にも尻もちにも加点し放題の
「キム・ヨナ」ルールが復活なのか・・・
 
キム・ヨナは、2010年世界フィギュアでも世界中から猛批判を浴びました。
 

 
ヨナ、ついに世界中から猛批判(東京スポーツ2010.03.31)一部抜粋

27日のトリノ・フィギュアスケート世界選手権女子フリーでミスを連発したヨナが、ほぼ完璧な演技だった浅田真央(19=中京大)の得点を上回り“まさかのフリー1位”。ショートプログラムでの出遅れが響き、優勝した浅田には届かずの銀に終わったが、あまりに不可解な採点に世界中から「あり得ない」「審判から何らかの配慮があったことは明らか」など不信感が募っている。
 
フジテレビの日枝久代表取締役会長は、キム・ヨナが在籍した韓国の高麗大学から名誉経営学博士号を授与しています。
 

2010年2月25日、韓国の高麗大学から名誉経営学博士号を授与した、フジ・メディア・ホールディングス(フジテレビ)の日枝久代表取締役会長(中央)
 
フジテレビには日枝久や、在日韓国人・韓国系日本人の社員がいるから、浅田真央を侮辱しキム・ヨナのゴリ押をしています。
 
2008年3月にフジテレビは、フィギュアスケートの世界女王になった浅田真央が生出演した番組でのインタビューに、浅田真央が転倒したシーンの特大パネルを作成しました。
 
そして、浅田真央の目の前に設置してインタビューを行いました。
 
しかも、フジテレビが作成した浅田真央の転倒シーンの特大パネルは、足を短く加工したものでした。
 

 
2010年の世界選手権SPの浅田真央の演技を、BSで荒川静香は「この高さも充分で、素晴らしいトリプルアクセルに加えてジャンプだけではなくて全ての面が今日は完璧に、パーフェクトだったんじゃないかと思います」と解説しました。
 
しかしフジテレビは、この荒川静香の解説した部分を、地上波では消して放送しました。
 
2010 世界フィギュア 浅田真央SP 不可解な解説削除(動画)
 
 

 
2011年4月30日、モスクワで開催されたフィギュアスケート世界選手権大会で、安藤美姫が世界女王になりました。
 
このフィギュアスケート世界選手権大会は、東日本大震災で東京開催ができなくなったので、ロシアが代替開催地になりました。
 
ロシアは日本に配慮して、日本のゴールデンタイムに合わせてプログラムを組んで、「氷上の日の丸」の演出や、日本に捧げる詩も贈りました。
 

 

 
しかし、独占中継をしていたフジテレビは地上波で、これらロシアが震災の日本を励ますために行った演出を全てカットしました。
 
そして、フジテレビは替わりに、「足りないのはキムヨナという要素特集」を放送しました。
 

 
フジテレビはGPファイナル優勝の浅田真央でなく、キム・ヨナの復帰戦を大特集しましたが、キム・ヨナごり押しのフジテレビは廃業するべきです。
 
フジは「本当に日本のテレビ局なのか」!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。