HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  マスコミ安倍総裁の印象操作、中韓に媚びるマスコミは政権公約を守れないと安倍政権潰しをするので屈しないためにも安倍政権は中韓に対して強硬外交をするべき、韓国外交通商省「島根県主催の竹島の日」認められない
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国外交通商省の報道官が島根県主催「竹島の日」を認められないと発言したことはご存知だと考えます。
 
<竹島の日>韓国の報道官「自治体主催でも認められない」
 
【ソウル澤田克己】韓国外交通商省の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は24日の定例会見で、島根県・竹島(韓国名・独島)を「韓国固有の領土」とする立場を改めて確認し、「(日本で計画されている)いわゆる『竹島の日』(2月22日)の行事自体を認められない。地方自治体であれ、政府であれ、記念行事をすることは受け入れがたい」と述べた。

 一方、自民党の安倍晋三総裁が来年の「竹島の日」に政府主催の式典を行わない考えを示したことについては「報道通りであるなら幸いなことだ」と語った。
毎日新聞 12月24日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121224-00000013-mai-kr
 
>島根県・竹島(韓国名・独島)を「韓国固有の領土」とする立場を改めて確認し、「(日本で計画されている)いわゆる『竹島の日』(2月22日)の行事自体を認められない。地方自治体であれ、政府であれ、記念行事をすることは受け入れがたい」と述べた
 
内政干渉だ!
 
島根県の「竹島」は日本固有の領土です。
 
2005年に島根県が2月22日を「竹島の日」に制定し、2006年より島根県主催で「竹島の日」に式典を開催していることは日本の国内問題です。
 

 
韓国政府は、野田政権から安倍政権に交代する隙間を狙って竹島領有権主張を強めています。
 
韓国国防省は12月21日、2012年版の国防白書を公表しました。
 
国防白書には、竹島について、「地理的・歴史的・国際法的に明白な大韓民国の領土」と記述しています。
 
2010年版の国防白書には、竹島を他の主要な島々と並べる形で「わが国の領土」とだけ記述していました。
 
つまり、韓国政府は2012年版の国防白書で、竹島領有権の記述を強化したのです。
 
それなのに、日本政府は韓国政府に対して抗議をしていません。
 
野田首相動静(12月24日)
 
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 25日午前0時現在、公邸。来客なし。
 
>自民党の安倍晋三総裁が来年の「竹島の日」に政府主催の式典を行わない考えを示したことについては「報道通りであるなら幸いなことだ」と語った
 
相変わらず上から目線の物言いだな!
 
マスコミは、「自民党の安倍総裁は、来年の『竹島の日』の政府主催式典の開催を見送る方針を固めた」などと報道をしています。
 
そして安倍総裁が、自民党衆院選の政権公約「尖閣諸島に公務員常駐」や、「来年の春季例大祭での靖国神社参拝」を見送る意向だと報道しています。
 
尖閣・竹島も慎重…安倍氏、靖国参拝見送り意向

 安倍政権は、政策の遂行も安全運転に徹する構えだ。

 自民党は衆院選の政権公約を詳細に説明した「J―ファイル」で、沖縄県の尖閣諸島に「公務員を常駐」などと明記している。

 しかし、安倍氏は22日、山口県長門市で記者団に、「『検討する』と何回も申し上げてきた。『検討する』ことに変わりはない」と述べた。党の考えは一貫していると強調しつつ、公務員の常駐など尖閣諸島の実効支配強化策は当面「検討」にとどめ、関係が冷え込んでいる中国を刺激しない考えをにじませたものだ。

 安倍氏はJ―ファイルで「政府主催で2月22日の『竹島の日』に式典を開催」としたことについても、「慎重に考えたい」とトーンダウンさせている。日韓両国の首脳交代が、竹島問題で悪化した関係を修復する好機になるとみているためだ。

 靖国神社への参拝に関しても、安倍氏は総裁就任直後の10月、秋季例大祭に合わせて参拝したが、来年の春季例大祭での参拝は見送る意向だ。
読売新聞 12月23日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121223-00000513-yom-pol
 
>公務員の常駐など尖閣諸島の実効支配強化策は当面「検討」にとどめ、関係が冷え込んでいる中国を刺激しない考えをにじませたものだ
 
尖閣諸島の実効支配強化とは、すぐに出来ることではありません。
 
政府・与党が、尖閣諸島に港湾施設などインフラ整備の予算を組み、国会で承認されるまでには相当の時間が必要です。
 
安倍政権の4年間に、尖閣諸島のインフラ整備をして、初めて尖閣諸島に公務員を常駐できるのです。
 
>「政府主催で2月22日の『竹島の日』に式典を開催」としたことについても、「慎重に考えたい」とトーンダウンさせている。日韓両国の首脳交代が、竹島問題で悪化した関係を修復する好機になるとみているためだ
 
まだ安倍総裁は、来年の「竹島の日」の政府主催の式典を見送ることを「決定」したと公表していません。
 
自民党公式Facebookでも、「今の時点で新政権としてどのようにするということは決めているものではありません。」としています。
 

 
私は自民党支持者ではありません。
 
しかし、来年の参院選で改選が多い民主党の売国議員を落選させ、民主党の息の根を止めるためには、参院選で自民党や保守政党が圧勝する必要があるのです。
 
その為には、安倍政権が来年の「竹島の日」に政府主催式典を開催するべきなのです。
 
仮に、安部総理が来年の「竹島の日」政府主催式典を先送りにしても、韓国の朴槿恵大統領の就任式直後に、「竹島の日」政府主催式典を開催するべきです。
 
安倍総理が来年、「竹島の日」政府主催式典を開催すれば、保守政権になってよかったと、安倍総理は有言実行だと、日本国民は実感するでしょう。
 
>靖国神社への参拝に関しても、安倍氏は総裁就任直後の10月、秋季例大祭に合わせて参拝したが、来年の春季例大祭での参拝は見送る意向だ
 
安倍総裁は10月17日、秋季例大祭に合わせて靖国神社を参拝しました。
 

参拝を終えて靖国神社を出る安倍総裁
 
しかし安倍総裁は、「来年の春季例大祭でも靖国神社を参拝する」とは述べていません。
 
安倍総裁は総理として、大東亜戦争終戦の日、8月15日に靖国神社を参拝するべきです。
 
中共という国は、日本が一歩譲れば、二歩も三歩も踏み込んでくる国なのです。
 
これまでにも首相が靖国神社を参拝しなくても、中共は尖閣諸島や歴史問題などで日本を非難し続けています。
 
安倍総理は8月15日に靖国神社を参拝して、中共から「靖国神社」という対日カードを奪うべきです。
 
 
中韓に媚び続けるマスコミは、安倍政権は衆院選公約を守れない詐欺政権だと世論誘導をして、参院選で自民党を惨敗させるつもりなのでしょう。
 
安倍総裁と安倍自民党批判を続けているマスコミは、安倍総裁の印象操作も行っています。
 
ブログ「メイド・イン・ジャパン!」一部転載
 
12月23日
テレビ朝日
報道ステーションサンデー
 
245 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/12/23()
さっきテレビで安倍さんのフンドシ姿の酷いイラストを出してました。テレ朝の報ステSUNDAYです。
 

 
288 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/12/23()
>>245
そうそう、酷いイラストでした。

ドジョウ売りに扮した安倍さんが、両肩の点棒で二つの桶を担いでいたんだけど
着物の前をはだけたフンドシが、まるでオムツのようでした。
悪意を感じましたよ。()
 


 
 
 
    動画
 
【印象操作?】NHK、異常に顔色の悪かった安倍総裁[H24/12/20]
 
 
動画要約
 
総選挙後の17日に行われた安倍晋三自民党総裁の記者会見。

これが放映されたNHKを見ていた人の中には、安倍総裁の顔色が異常に悪かったことに気づかれた人もいただろう。


日刊ゲンダイなども、その流れでさっそく安倍総裁の健康不安説を煽り立てるような紙面を構成したが、我々のカメラで撮影した安倍総裁の顔色は別段異常には見えなかった。


果たしてこれはNHKお得意の印象操作なのだろうか?


一つの可能性として、カメラ調整や編集レベルでの操作の可能性を指摘しておきます。


左=チャンネル桜画像(未編集)、右=NHK画像

 
編集画面

 
左=チャンネル桜画像(編集済)、右=NHK画像

 
左=チャンネル桜画像(未編集)、右=チャンネル桜画像(編集済)

 
 
明日発足する安倍新内閣に、麻生元総理の入閣が確実視されています。
 
2010年11月8日放送の「ビートたけしのTVタックル」に、麻生元総理と安倍元総理が出演しましたが、今度こそ有言実行するべきです。
 
ブログ「銀色の侍魂」一部転載
 


 

 
宮崎氏
「これはもう自公政権の時から、あの同じなんだけど、外交問題でね、波風を立てるといけないというこう・・・
例えば経済界やメディアのこう・・暗黙の前提があるんですよ。
で、やみくもに・・あの・・波風を立てるのはよくないんだけど。
戦略的に波風を立てるということもあり得るわけで。
あの・・そういう意味では波風を立てる事をすごく嫌うっていうのは、これは・・これでは外交になりませんよね。」
 

 
麻生元総理
「隣の国が嫌がることはしないなんて
それは・・そんな世の中みんな上手くいきません・・」
 

 
麻生元総理
「正直申し上げて、麻生とか安倍とかいうような性格の人達が日本の総理を期待される時代てのは、あんまり日本という国が平時じゃなくて有事ですな。
非常事態だと思いますよ。
そういうのに向いた性格なんじゃないかしらねえ、両方とも。
思想的な考え、対中関係で、物事はなるべく波風立てないようにしようなんていう性格じゃありませんから両方とも。
きっちり・・やるべき時はきっちりやるべきです。」
 
石原前都知事が日本維新の会に合流したことにより、多くの保守層は衆院選で自民党に投票したのです。
 
そして、民主党政権を倒したのであり、今しばらくは安倍政権が公約を実現できるかを見るべきです。
 
中韓に媚びるマスコミは政権公約を守れないと安倍政権潰しをするのですから、マスコミに屈しないためにも安倍政権は中韓に対して強硬外交をするべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、安倍政権についてご考慮下さい。
 
安倍総裁は中韓・マスコミに屈せず頑張れ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。