HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  2012年韓国ネットニュースランキングはロンドン五輪柔道で日本に負けたことが「スポーツ」部門1位「日本極右、太極旗を踏みつけ『太極旗はゴキブリの絵』」「国際」部門1位で3位までを日本関連の記事が独占
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、2012年韓国ネットニュースランキングの「スポーツ」部門1位がロンドン五輪柔道だったことはご存知だと考えます。
 
2012年韓国ネット注目記事(1):ロンドン五輪柔道
 
2012年もあとわずか。日本と韓国の間では今年1年、竹島問題や慰安婦問題、ロンドン五輪での日韓戦、K-POPなどさまざまな出来事があった。【韓フルタイム】では、韓国の大手ポータルサイト「NAVER」が発表した2012年(1月1日から12月20日まで)のニュースランキングの中から、特に日本と関わりがあるものをピックアップし紹介していく。韓国のインターネットで注目を浴びた記事を通じて、日韓の今年を振り返っていきたいと思う。

■最多クリック記事「スポーツ」部門 1位:「チョ・ジュンホに敗北宣言した審判、結局…後味悪く」(イルカンスポーツ、7月30日付)
 


スポーツ部門の1位は、ロンドン五輪柔道の海老沼匡とチョ・ジュンホ(韓国)の試合に関する記事だった。同試合は、五輪3日目に行われた男子柔道66キロ級の準々決勝。延長戦でも決着がつかず、海老沼とチョの勝敗は旗判定となった。

審判員3人は全員チョの優勢を示す「青」の旗を上げた。海老沼は信じられないといった表情を浮かべ、観客からも大きなブーイングが起き、会場は異様な雰囲気に包まれた。すると畳の外にいた審判委員(ジュリー)が審判員を呼び、協議を行うと異例の再判定へ。今度は「白」旗が3本上がり、海老沼の勝利が決まった。会場は歓声が上がったが、前代未聞の状況にチョは納得がいかず、しばらくマットの上から離れなかった。

審判3人が下した判定を、畳の外で映像による判定を行うジュリーが覆す。この試合をきっかけに、ロンドン五輪では試合の結果を大きく左右するジュリーの存在に注目が集まった。審判が存在する意味や、ジュリーの権限の範囲なども議論された。

ランクインした記事は、同試合をきっかけに柔道の審判員らが不満を漏らしているとし、ビデオ判定に頼るジュリーの存在を批判した。記事は、「国際柔道連盟の審判規定によると、競技場の中で3審判によって決定された事項は最終的なものとされ、どのような異議も認められないと明記されている。審判委員は自ら規定を破ったことになる。カン・ドンヨン韓国柔道会事務局長は、『審判委員はビデオ判定システムを権力として利用している』と批判した」と伝えた。

コメント欄には、「今回の五輪は最悪だった」「3対0から0対3に覆る世界」「結果には腹立たしかったが、目で判断するのには限界があるからビデオ判定は必要だと思う」「日本でも騒動になってるみたい」などさまざまな意見が集まった。
韓フルタイム 2012年12月27日
http://news.livedoor.com/article/detail/7271135/
 
>スポーツ部門の1位は、ロンドン五輪柔道の海老沼匡とチョ・ジュンホ(韓国)の試合に関する記事だった。同試合は、五輪3日目に行われた男子柔道66キロ級の準々決勝。延長戦でも決着がつかず、海老沼とチョの勝敗は旗判定となった
 
>審判員3人は全員チョの優勢を示す「青」の旗を上げた。海老沼は信じられないといった表情を浮かべ、観客からも大きなブーイングが起き、会場は異様な雰囲気に包まれた。すると畳の外にいた審判委員(ジュリー)が審判員を呼び、協議を行うと異例の再判定へ。今度は「白」旗が3本上がり、海老沼の勝利が決まった
 
スポーツ部門の1位とは、やっぱり韓国人は悔しかったんだな^^
 
日本では、ロンドン五輪で日本選手がメダルを取ったことが、ニュースランキング「スポーツ部門」の上位を占めています。
 

 

 
しかし、韓国では日本に負けたことが1位になりました。
 
ロンドン五輪柔道男子66キロ級の準々決勝で、海老沼匡選手韓国のチョ・ジュンホが対戦しました。
 
延長戦でも決着がつかず、旗判定で、主審と副審の全員が、韓国が勝ちの青旗を上げました。
 

 
海老沼匡選手が負けた判定に、館内から大ブーイングが起きて、旗判定のやり直しになりました。
 

 
今度は主審と副審の全員が、海老沼匡選手が勝ちの白旗を上げて、判定が覆りました。
 

 
判定が覆ったことについて、バルコス審判長は、「我々の責任は柔道精神を維持すること。真の勝者が勝者として畳を降りる状況を作った」と説明しました。
 

 
しかし、ネットの掲示板では、韓国側による審判買収を指摘する声も多かったのです。
 
451 :名無しさん@恐縮です:2012/07/30()
 
ジュリー「金もらってるし反則は見逃そう」
ジュリー「金もらってるし有効も見逃そう」


審判A「金もらってるし俺一人くらい青でいいだろ」

審判B「金もらってるし俺一人くらい青でいいだろ」

審判C「金もらってるし俺一人くらい青でいいだろ」


審判A「えっ」

審判B「えっ」

審判C「えっ」


ジュリー「あからさま過ぎ!」
 
私はテレビで、ロンドン五輪柔道男子66キロ級の準々決勝を見ていました。
 
仮に、海老沼匡選手の相手が韓国の選手ではなくても、「釈然としない判定」だと考えました。
 
そもそも、延長で第4の審判(ジュリー)が協議要請をして、海老沼匡選手の有効ポイントが取り消されたのでしょうか?
 
なぜ、海老沼匡選手が優勢な状況だったのに、最初の判定で海老沼匡選手の勝ちにならなかったのでしょうか?
 
ネットの掲示板でも、五輪柔道男子66キロ級の準々決勝の判定について疑問の声が上がっていました。
 
5 :名無しさん@恐縮です 2012/07/29()

韓国選手が腕折の反則をするも試合続行

延長 有効ポイントを奪い 海老勝ち

第4の審判(ジュリー)が協議要請

有効取り消し

続行 海老が攻めて攻めて優勢 (韓国は掛け逃げ[←指導対象]が多し)

延長終了

旗判定 主審副審全員 韓国勝の旗(韓国選手が一番驚いてたw)

大ブーイング

第4の審判(ジュリー)が協議要請

旗判定やり直し 主審副審全員 海老勝ちの旗

観客大歓声

グダグダ こんなんじゃ 主審副審要りませんwww
 
これまで韓国は、国際スポーツの場で審判買収による八百長事件を続けているから、今回の柔道でも審判買収疑惑の声が上がったのです。
 
ロンドン五輪柔道男子66キロ級の準々決勝で旗判定がやり直され、海老沼匡が韓国のチョ・ジュンホに勝利したことに、韓国では反発が起きました。

海老沼の勝ちが決まった瞬間、中継していたKBSテレビの解説者は「そんなばかなことがあるか。どうしてこんな判定ができるんだ」と絶叫しました
 
そして涙声で「チョは勝ったんです」と繰り返しました。

アナウンサーも、「話にならない判定だ。今日のことは、わが国民は必ず記憶する」と興奮して伝えました。
 
韓国メディアは、
柔道宗主国、日本の見えない力が作用したと見なければならない釈然としない判定だった。日本の態度は昨日今日のことではなかった。ホームの利点と同じアドバンテージが存在した。歳月が流れてもその力は色あせなかった。地球村最大の祭り・オリンピックの舞台でこのような寸劇が行われた。オリンピック精神の根幹のフェアプレイはどこにも見つからなかった。
などと報道しました。
 
韓国の大手ポータルサイト「NAVER」が発表した、2012年のニュースランキング「国際」部門では、1位から3位までを日本関連の記事が独占しました。
 

 
    最多コメント記事「国際」部門
 
1位:「日本極右、太極旗を踏みつけ『太極旗はゴキブリの絵』」(ノーカットニュース、727日付)

2
位:「日本野田『領有権問題独島はあり尖閣はない』」(聯合ニュース、101日付)

3
位:「日本、李大統領の日王謝罪要求発言に反発」(聯合ニュース、814日)
 
1位:「日本極右、太極旗を踏みつけ『太極旗はゴキブリの絵』」(ノーカットニュース、727日付)

7月22日に大阪で行われた「日本の自存自衛を取り戻す会」によるデモ行進で、韓国の国旗「太極旗」を冒とくしたと、韓国で反発が巻き起こりました。
 
韓国メディアは、「日本の右翼団体が、反韓デモで太極旗を踏む姿を収めた映像が公開されて、衝撃を与えた」と報道しました。
 
しかし、韓国メディアは、太極旗ではなく、ペプシのロゴとゴキブリの絵が描かれた「ペプシゴキブリマット」と報道するべきでした。
 

 
韓国人は、「韓国政府は日本の右翼団体を訴えろ!」などと騒ぎました。
 
日本には、刑法92条「外国国章損壊罪」があります。
 
外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他国章を損壊し、除去し、または汚損することによって成立します。
 
「外国国章損壊罪」は、外国政府の請求がなければ公訴を提起することができません。
 
「ペプシゴキブリマット」は国旗ではないので、韓国政府が請求しても起訴はされません。
 
刑法第92条  外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他の国章を損壊し、除去し、又は汚損した者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
 
2、前項の罪は、外国政府の請求がなければ公訴を提起することができない。
 
 
韓国では、「無知な行為」、「国家を侮辱する行為」、「稚拙な行動」などと騒ぎ、「自国の国旗を侮辱する行為だ」と非難が続出しました。
 
しかし、これまで韓国人は、日本の国旗「日の丸」を踏みつけています。
 

 

 

 

 
これまで韓国人は、日本の国旗「日の丸」を燃やす、引きちぎる、切り裂くなど毀損しています。
 

 

 

 

 
ロンドン五輪柔道で日本に負けたことが「スポーツ」部門の1位になるなど、2012年の韓国ネットニュースランキングを考えても、韓国は日本の敵国です。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
韓国との友好はない!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。