HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  原口元総務相「Google Earthかなんかでみればわかりますよ、どこに日本の艦船がいたかどうか」原口が大臣だった民主党は信用できず武力衝突に発展しかねない中共海軍の「攻撃予告」を日本国民に隠蔽か?
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、民主党の原口元総務相の国会発言が話題になっていることはご存知だと考えます。
 
日本の艦船の位置は「Google Earthで見れば分かる」? 原口元総務相の発言
 
「Google Earthかなんかでみればわかりますよ、どこに日本の艦船がいたかどうか」──原口元総務相の国会発言が話題になった。

「Google Earthかなんかでみればわかりますよ、どこに日本の艦船がいたかどうか」──2月7日の国会予算委員会での原口一博元総務相(民主党)の発言が、国会ウォッチャーの間で話題になった。


「Google Earthかなんかで」発言の際の原口氏=衆議院インターネット審議中継のアーカイブより

 原口氏は中国海軍の艦船が海上自衛隊の艦船に対しレーダー照射した問題で政府をただした。レーダー照射が行われた場所を明らかにするよう原口氏が質問したのに対し、小野寺五典防衛相は「東シナ海の公海上、日中の中間線の日本側」と述べ、詳細な場所は明らかにしなかった。

 これに対し、原口氏は安倍晋三首相への情報伝達態勢の問題と絡め、「運用がどうのこうの場所がどうのこうのとおっしゃっていますが、しかし相手に場所は分かってるじゃないですか。だってレーダー照射までしてるわけです。Google Earthかなんかでみれば分かりますよ、どこに日本の艦船がいたかどうか。隠さなくていいことまで隠し、出さなきゃいけないことまで出さない」などと政府に迫り、こうした詳細情報が外務省-防衛省間の綱引きの結果首相に迅速に伝わらない可能性もあったのではないかと安倍首相に迫った。

 国会ウォッチャーは「原口氏はGoogle Earthがリアルタイムに更新されていると思っているのだろうか」と勘ぐり、これが断片的に書き込まれた2chの実況スレをまとめたサイトを経由し、実際の発言を確認せずに揶揄する人が続出している。ただ、レーダー照射された緯度経度をGoogle Earthで確認すれば場所は分かるだろう──というニュアンスと取れなくはなく、この発言だけでは原口氏の意図は不明とは言える。
2013年02月07日ITmediaニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1302/07/news123.html
 
>レーダー照射が行われた場所を明らかにするよう原口氏が質問したのに対し、小野寺五典防衛相は「東シナ海の公海上、日中の中間線の日本側」と述べ、詳細な場所は明らかにしなかった
 
原口はバカだとわかっていたが、想定外のバカだ!
 
2月7日の国会予算委員会で民主党の原口は、中共海軍による海自艦へのレーダー照射について、場所を明らかにするようにと小野寺防衛相を追及しました。
 
 

 
小野寺防衛相は、「原口委員もご存じの通り、部隊の運用上様々な問題がありますが、ギリギリの線でお話しをさせていただきますと『東シナ海の公海上、日中中間線の日本側』ということになります」と述べました。

小野寺防衛相がレーダー照射の詳細な場所を明らかにしなかったのは、海上自衛隊の任務遂行などを特定されないための「防衛機密」だからです。
 
つまり原口は、「自衛隊法」の第96条の2を理解していないバカです。

(防衛秘密)

96条の2 防衛大臣は、自衛隊についての別表第4に掲げる事項であつて、公になつていないもののうち、我が国の防衛上特に秘匿することが必要であるもの(日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法(昭和29年法律第166号)第1条第3項に規定する特別防衛秘密に該当するものを除く。)を防衛秘密として指定するものとする。
 
>だってレーダー照射までしてるわけです。Google Earthかなんかでみれば分かりますよ、どこに日本の艦船がいたかどうか
 
原口は、Google Earthを「偵察衛星」と同じだと考えているバカです。
 
グーグルアース(Google Earth)は、リアルタイムに更新されていないので、中共海軍による海自艦へのレーダー照射の位置や動きを把握することはできません。
 
グーグルアースは、衛星などから撮影した世界各地の写真を自由に閲覧できますが、大半は1~3年前に撮影されたものです。
 
>実際の発言を確認せずに揶揄する人が続出している。ただ、レーダー照射された緯度経度をGoogle Earthで確認すれば場所は分かるだろう──というニュアンスと取れなくはなく、この発言だけでは原口氏の意図は不明とは言える
 
実際の発言を確認しても、原口はグーグルアースでリアルタイムの動きを把握できると信じています。
 
そもそも、無料で誰でも見られるグーグルアースで世界中の艦船の位置や動きがわかるなら、大国も小国も偵察衛星を打ち上げる必要性が殆どなくなってしまうのです。
 
それに、中共海軍による海自艦へのレーダー照射の緯度経度を公開すれば「防衛機密」ではなくなります。
 
    動画
 
原口一博「グーグルアースを見ればどこに艦船があるかわかる」
 
 
(書き起こし)
 
2月7日衆議院予算委員会、民主党・原口一博

「安倍総理なんです。安倍総理が、外交や安全保障や様々なところを司る最高責任者なんです。『なぜ自分に上げないんだ』ということをですね、強くおっしゃるべきたどいう風に思いますし、今回も運用がどうのこうのって、場所がどうのこうのって今言いましたけども、小野寺さんがその中でいまある中で厳しい答弁をしていることは評価しますよ、しかし相手に場所がもう判ってるじゃないですか。
だってレーダー照射までしてるわけですよ。グーグルアースなんかで見れば判りますよ。どこに日本の艦船がどこにいたか。で、隠さなくていいことまで隠し、出さなきゃいけないことを出さない
 
 

 
原口は、「隠さなくていいことまで隠し、出さなきゃいけないことを出さない」と批判していますが、民主党こそ真実を明かすべきです。
 
当ブログ6日の記事にしましたが、1月に中共海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に、射撃管制用レーダーを照射していました。
 
民主党政権時代にも、複数回、中共海軍から海上自衛隊に射撃管制用レーダー照射があったとの報道が相次いでいます。
 
これら報道が事実なら、民主党は、武力衝突に発展しかねない中共海軍による「攻撃予告」を、日本国民に隠蔽していたことになります。

朝日新聞は6日夕刊で、「尖閣国有化前からレーダー照射」として、政府関係者の証言として昨年9月の尖閣諸島国有化前にも、レーダー照射が複数回あったと報道しました。
 
 


しかし朝日新聞は、民主党から圧力でもあったのか、何故かそのニュースを削除しました。
 
尖閣国有化前から射撃レーダー照射 政府関係者明かす
201326日朝日新聞
 
魚拓
 
 
日経新聞は7日朝刊で、「中国、以前にも照射」「民主政権公表せず」として、「当時の野田佳彦首相や岡田克也副総理らは『日中関係を悪化させたくないとの判断で公表を避けた』と関係者は語る」と報道しました。
 
 

 
民主党の野田佳彦は7日、日本経済新聞の報道について、「記事は事実無根であり、極めて遺憾だ」とのコメントを発表しました。

岡田克也は、日経新聞編集局長宛てに「掲載記事は明らかに事実に反し、根拠のないものだ」として、謝罪・訂正記事の掲載を求める抗議文を送付しました。

しかし、日経新聞広報グループは、「複数の関係者に確認した上で、適切に報じている。」と反論しています。
 
照射非公表は事実無根=野田前首相

 民主党の野田佳彦前首相は7日、中国海軍艦船によるレーダー照射が民主党政権時代にもあったが公表を避けたとの日本経済新聞の報道に関し「そのような事案の報告を受けた事実はなく、防衛省もそのような事実はなかったことを認めている。記事は事実無根であり、極めて遺憾だ」とのコメントを発表した。
 
また、当時副総理だった岡田克也氏は、日経新聞編集局長宛てに「掲載記事は明らかに事実に反し、根拠のないものだ」として、謝罪・訂正記事の掲載を求める抗議文を送付した。

 日経新聞広報グループの話 複数の関係者に確認した上で、適切に報じている。
2013/02/07時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013020701041&m=rss
 
 
 

 
2月5日にジャナーリストの惠隆之介氏は、中共海軍艦艇による海自哨戒機への射撃管制用レーダー・ロックオンは、3年前より発生していたと明らかにしました。

そして、当時の民主党政権下で 岡田らの親中派によってもみ消されたのが事実だと明らかにしました。

 
 一昨日、本欄で、「米軍よりの情報」として尖閣危機が肉薄していることをお伝えしました。反論する方も居られました。私は事実を淡々とお伝えたしたまでです。
 
本日、午後7時のNHkニュースにも報道されましたが、危機はもうそこまで来ております。公明の山口さんは昼行灯です。
 
実は、自衛隊機に対するシナ海軍艦艇による射撃レーダーロックオンは、3年前より発生しておりました。
 
民主党の親中派岡田らが発表を控えさせていたのです(中国でイオンを経営しているので・・)。
 
2月6日放送の関西テレビ「水曜アンカー」で、政治評論家の青山繁晴氏は、民主党政権時代から中共海軍艦艇によるレーダー照射は行われていたと明らかにしました。
 
中共の潜水艦が海自潜水艦に5百メートル以内まで接近し、注水音に続いて魚雷発射口を開けるような音が聞こえたと、魚雷の「攻撃予告」があったようだとしました。
 
    動画
 
B(水曜アンカー)
 
 
 

青山繁晴
「はい。これ実は重大な情報なんですよね。
つまり、もっぱら中国側が、日本が、尖閣諸島の国有化ってことをやったから、緊迫してるんだといつも言ってるけど、何と国有化する前から、尖閣諸島を、ま、狙う目的と思われますが、その目的で、日本の領土をどうにかしようっていう目的で、こういう挑発行動をやってたっていうことが分かり。
そしてさらに、その海上自衛隊、あるいは海上幕僚監部から、その、官邸に上げても上げても、その、潰されたって言い方した人は一人もいなかったけれども、実際にはもう潰してるわけですよね。
これ、公表しないのがなぜ日本国民の利益になるのか、説明つきませんから。そして実は、その、現内閣は事実を確認したけども、その、前の内閣では、そうやって、その事実を確認していったのかどうかも、はっきりしなかったと」
 

「複数の政府当局者によると、『民主党政権時代にも、複数回、射撃レーダー照射があった。官邸に情報を上げたが、政治判断で公表されなかった。安倍内閣は事実を確認の上、発表した』」


「中国の潜水艦が、海上自衛隊潜水艦に距離500メートル以内まで接近し、その時、注水音に続いて、魚雷発射口を開けるような音が聞こえた。海上自衛隊潜水艦は、回避行動を取った」
 
2月7日の衆院予算委員会は、民主党として練りに練ったメンバーでの質問だったそうです。
 

 
 
原口を選んだ民主党幹部もバカですが、民主党にはマトモな政治家はいません。
 
 

 
「日本艦船の位置はグーグルアースで分かる」と発言した原口が大臣だった民主党は信用できず、武力衝突に発展しかねない中共海軍による「攻撃予告」を日本国民に隠蔽していたのでしょう。
 
良識ある日本国民の皆様、民主党についてご考慮下さい。
 
原口はグーグルアースで埋蔵金を探せ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。