HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  安倍首相と河野洋平「いずれがサムライか」民団新聞が従軍慰安婦問題で報道『サムライジャパン』『なでしこジャパン』を侮辱した韓国人が「サムライ」というな、河野洋平が「サムライ」という在日韓国人は帰国しろ!
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、民団新聞が安倍首相と河野洋平の「いずれがサムライか」と報道したことはご存知だと考えます。
 
<布帳馬車>どっちがサムライらしいのか
 
日本がスポーツ国家代表チームに「サムライ」や「ナデシコ」の冠をかぶせるようになって久しい。女子柔道日本代表の監督を15人の選手が告発した一件はさしずめ、サムライ魂の旺盛な猛者が清楚にして芯の強いナデシコに反撃を食らった図であろうか。

 何を言う。失礼な。あんなパワハラをするような奴は真のサムライではない。こんな反論が必至だ。その通り。侍とは文武両道に秀でなければならず、力を持てば持つほど謙虚でなければならず、大義のためには命をかけねばならない。善と悪、公と私を明確に分かち、出処進退に潔くなければならない。何よりも名誉を重んじる姿がある。

 多くの日本人は武士道精神とも称されるそれを、自己の美意識の根幹にしたいに違いない。だからこそ、正々堂々と闘い勝利して欲しいとの願いを込め、国家代表に「サムライ」を冠してきたのだ。であれば、国の指導者層に武士道精神が求められないわけがない。

 しかし、どうだ。安倍晋三首相は、いわゆる従軍慰安婦問題について「軍による直接関与を示す証拠はない」と主張し、1年9カ月にわたる真摯な調査に基づき軍による直接・間接の強制性を認め、お詫びと反省の気持ちを表明した河野談話を否定する姿勢を変えていない。

 軍・官憲や業者による強制は巧妙であり、関連資料が残っていたとしてもとうに処分済みだ。「証拠がない」などとうそぶく安倍氏と歴史事実に向き合った河野氏といずれがサムライか。悪徳商人からの賄賂を懐手にしながら、「お主もワルよのう」などと高笑いする大名は時代劇の中だけにしてもらいたい。
2013.2.13民団新聞
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=2&category=8&newsid=16986
 
>日本がスポーツ国家代表チームに「サムライ」や「ナデシコ」の冠をかぶせるようになって久しい
 
「サムライ」といえば、3月に開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、大会3連覇に挑む『サムライジャパン』が有名です。
 
当時のWBC日本代表の原監督は、「今までは監督の苗字+ジャパン(長嶋ジャパン、王ジャパン等)で呼ばれるのが通常であったが、自分はそのような値の人間ではない。何か違う形での名前を考えてくれないか」と上層部へ相談しました。
 
そして、『サムライジャパン』という名前がNPB側から挙がり、原監督が採用しました。
 
 

 
何でも日本の真似をする韓国は、WBC韓国代表チームでも日本を真似て「ヤンバン(両班)コリア」と言う造語を作りましたが、普及しませんでした。
 
 

 
「ナデシコ」といえば、2011年のFIFA女子ワールドカップで、アジア勢の代表チームとして初優勝した『なでしこジャパン』が有名です。
 
 

 
「なでしこ」の花言葉は、「純粋な愛」です。
 
花言葉のように、純粋で一途に想う気持ちを託すのにふさわしく、可憐なたたずまいの「なでしこ」は、日本人女性のしとやかな美しさの代名詞とされています。
 
「万葉集」や「枕草子」に詠まれ、「草の花は なでしこ、唐のはさらなり、大和のもいとめでたし」清少納言(枕草子)や、「わが屋戸に まきし撫子 いつしかも 花に咲きなむ なそへつつ見む」大伴家持(万葉集)などがあります。
 
大東亜戦争末期に、自らの尊い命を捧げた特攻隊員の方々のお世話をした女子学生たちは「なでしこ隊」と呼ばれていました。
 
>善と悪、公と私を明確に分かち、出処進退に潔くなければならない。何よりも名誉を重んじる姿がある
 
>多くの日本人は武士道精神とも称されるそれを、自己の美意識の根幹にしたいに違いない。だからこそ、正々堂々と闘い勝利して欲しいとの願いを込め、国家代表に「サムライ」を冠してきたのだ
 
これらは事実だが、韓国が母国の在日韓国人に言う資格はない!
 
これまで韓国は、『サムライジャパン』『なでしこジャパン』を侮辱してきました。
 
第1回WBCの開催直前、日本代表チーム『サムライジャパン』のイチロー選手は「今後30年間は日本に勝てないと思わせたい」と、各参加チームへ対して発言しました。
 
この発言を韓国だけが、「韓国を侮辱した発言だ」「イチローを潰せ」と言い出して、韓国で大炎上をしました。
 
韓国人の「イチロー攻撃」は、スポーツの常識を超えていました。
 
イチローにデッドボールをぶつけた韓国のピッチャーを、「国家有功者に選定しよう」とか、デッドボールの写真を「国史教科書に掲載しよう」と騒ぎました。
 

 
第1回WBCで、日本代表チーム『サムライジャパン』が優勝しましたが、韓国は日本を批判しました。
 
韓国人は「韓国の方が日本より勝敗数は上だ」と言い出して、韓国こそ優勝国・WBCのシステムが間違っている・韓国は最大の被害者だと主張しました。
 
 

 
2009年版の第2回WBCの案内広告には、イチロー、ドミニカのオルティス、米国のジーターの3選手の写真が大きく掲載されました。
 
メジャーリーグを代表する3選手の写真が、他の代表チームよりも大きく掲載されるのは当然のことでした。
 
しかし、韓国だけは、「第1回のベスト4に続き、北京五輪で金メダルを獲得した韓国をその他の国と同じく小さくするとは侮辱している」と非難をしました。
 
 

ジーター選手の頭の上に、韓国は小さく載せられている
 
第2回WBCで、準決勝の1位を争う日韓対決は接戦でした。
 
しかし、負けた韓国の監督は、「今日の試合の勝敗に意味はない。主力選手を温存した」と、フェアー・プレイ精神のない負け惜しみ発言をしました。
 
漫画「美味しんぼ」の作者で、反日・親韓の雁屋哲でさえ韓国を批判しました。
 
美味しんぼ・雁屋哲氏「韓国代表監督はフェアーじゃない。卑怯だ。汚い。醜悪だ」 金監督の『戦力温存』発言に激怒

WBCの準決勝の1位2位を決める試合を見た翌日の朝鮮日報ネット版で韓国の監督が「きょうの勝敗にそれほど意味はない。これまで使えなかった選手を中心に起用し、こちらが勝った試合に出場した選手を温存するという戦略で臨んだ」と言っているのを読んで非常に不愉快に感じた。負けた監督がこんなことを言うのかよ、と言うのがまず第一の印象。

試合に勝ったとしても、これは、言うべき言葉ではない。ましてや負けておいて何を言うのか。
卑怯だ。汚い。およそフェアー・プレイという態度がない。自分の対戦相手にたいする尊敬の念がない。
いかなる試合であれ自分のもてる最大の力を発揮するという、フェアー・プレイの精神が分かっていない。

日本の選手がこの試合に必死に取り組んだのは知っているはずだ。韓国は自分たちの方が強いのは当たり前だから手を抜いたというのか。
負けた後で、「こっちは本気を出さなかったからね」、というのは相手を侮辱する最悪の言葉だ。いや、試合に負けた自分自身をも侮辱する最悪の言葉だ。
負け惜しみなんてことですむことではない。これだけは、スポーツ選手が言ってはならないことだ。

韓国のWBCの監督よ。
君にはスポーツをする資格がない。
君に率いられるチームの選手が可哀想だ。
君に率いられたチームの選手が、WBCで優勝したとても、それは君たちの国家の名誉になるかも知れないが、スポーツのフェアー・プレイの精神からみたら、敗者だよ。
君の、あの一言は、本当に醜悪だった。スポーツを愛する人間である私にとって、あんな言葉を眼にしたくなかった。スポーツ以上に韓国を愛する人間である私にとってはなおさらだ。
雁屋哲の美味しんぼ日記 2009年3月21日
 
 

 
 
2012年8月、U20女子ワールドカップの準々決勝で、日本女子代表『ヤングなでしこ』は、U20韓国女子代表と対戦しました。
 
『ヤングなでしこ』は3-1で韓国女子代表に勝利し、史上初のベスト4進出を決めました。
 
しかし、韓国代表の選手にスポーツマンシップはありませんでした。
 
試合中に倒れた韓国の選手に対し、ぶつからないようにと手で踏ん張った藤田選手がすぐに手を差し出しましたが、韓国の選手はその手を振り払いました。
 
そして試合終了後に、韓国代表の選手の中には、『ヤングなでしこ』の選手たちとの握手を拒否する選手がいました。
 
 

 
また、韓国メディアは、『ヤングなでしこ』対韓国代表の試合会場(国立競技場)に「旭日旗があった」と、日本を批判する報道をしました。
 
 

 
 
>安倍晋三首相は、いわゆる従軍慰安婦問題について「軍による直接関与を示す証拠はない」と主張し、19カ月にわたる真摯な調査に基づき軍による直接・間接の強制性を認め、お詫びと反省の気持ちを表明した河野談話を否定する姿勢を変えていない
 
安倍首相は、「軍による直接関与を示す証拠はない」という事実を主張しているだけです。
 
日本政府・旧日本軍が、慰安婦を強制連行したことや慰安所を設置した事実はありません。
 
また、従軍看護婦や従軍記者のように、慰安婦を軍属扱いしたこともありません。
 
そもそも、大東亜戦争当時に「従軍慰安婦」という呼称すら存在しませんでした。
 
 
1992年7月に日本政府は、旧日本軍が慰安所の設置や管理に関与した事は認めています。
 
しかし、ここで言う関与とは、慰安所の開設の許可・施設の整備・利用時間や料金を定めた規定の作成のことです。
 
また、軍医による慰安婦の健康の検査などのことです。
 
 

慰安所規定(利用時間や料金など)
 
第1次安倍内閣は慰安婦問題について、「政府が発見した資料の中には強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」との答弁書を閣議決定しています。
 
安倍首相は昨年末、「この(答弁書)内容も加味して、内閣の方針は官房長官が外に対して示していくことになる」と述べました。
 
>軍・官憲や業者による強制は巧妙であり、関連資料が残っていたとしてもとうに処分済みだ。「証拠がない」などとうそぶく安倍氏と歴史事実に向き合った河野氏といずれがサムライか
 
河野洋平が「サムライ」と考えている在日韓国人は母国へ帰れ!
 
それに、韓国メディアは、「軍による強制を証明する証拠」を発見したと騒いでいたじゃないか^^
 
2012年11月に韓国のMBNテレビは、「日本政府と軍隊が慰安婦を直接管理したという証拠を独自に入手しました」と報道しました。
 
 

 
しかし証拠とは、朝鮮人慰安婦の文玉珠の軍事郵便貯金の資料のことで、売春で大金を稼いだという証拠でした。
 
 

 
・゜・(ノ∀゜)・゜・ブワッハッハッハ
        ∧_∧ ミ  プハハハハハ・・・・・・・ハライテー!!
     o/⌒(. ;´∀`)つ   「独自に入手」だってよ!
     と_)__つノ   「日本のネットにある売春で荒稼ぎの資料」だよ!
 
●関連記事
 
 
 
 当時の貨幣価値
 
・総理大臣月給 800円(東条英機)
・陸軍大将月給 550
・大卒初任給 40円~100
・一般日本兵月給 1525
 
━━絶対に越えられない壁━━
 
・慰安婦の月収 1000円~2000円(アメリカ軍の調書)
・元慰安婦、文玉珠の23ヶ月の郵便貯金26145
現地で贅沢品を消費しながら、26,145円(現在の貨幣価値で約6千万円)を約2年で貯金した売春婦!
 
民団新聞は「証拠がない」とうそぶく安倍首相と、歴史事実に向き合った河野洋平の「いずれがサムライか」と報道しましたが、河野洋平が「サムライ」という在日韓国人は帰国するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、民団についてご考慮下さい。
 
日本が嫌いな在日韓国人は母国へ帰れ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。