HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「フジテレビとは二度と仕事をしません」フジテレビとの“和解”画策する動きに不快感『海猿』の原作者である佐藤秀峰が改めて宣言、興行収入が70億円以上を連発している映画『海猿』シリーズの続編製作は諦めろ!
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、『海猿』の原作者である佐藤秀峰が「フジテレビとは二度と仕事をしません」と改めて宣言したことはご存知だと考えます。
 
「海猿」佐藤秀峰氏、フジテレビとの“和解”画策する動きに不快感……「二度と仕事をしません」
 
昨年10月にフジテレビへの絶縁宣言ツイートを発して話題となった「海猿」などで知られるマンガ家の佐藤秀峰氏が、周囲から同局との和解を勧める声が相次いでいることを明かすとともに、「フジテレビとは二度と仕事をしません」と、改めて宣言している。

 佐藤氏は、以前にフジテレビからアポイントメント無しで事務所まで突撃取材に押し寄せられたことや、「海猿」関連書籍が契約書なしに販売されていたことに不快感を示し、自身のTwitter上で「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」と絶縁状を叩きつけて話題となったが、現在も同局との関係は完全に切れてはいないのだという。

 佐藤氏によれば、このところ何者かから「海猿」次回作のシナリオの断片らしき文章のコピーが送られてきたり、フジテレビとの仲介を世話しようとする人物から話を持ちかけられるなどといったことが相次いでいるという。それらが同局と関係するものかどうかは定かではないが、知り合いの編集者から「うちの会社の顧問弁護士が『どうやったら佐藤秀峰を落とせるか教えてほしい』とフジテレビから相談された」と聞かされたこともあったという。

 大ヒット作の続編を作りたいフジテレビとしては、何としても同氏との和解を強く望んでいることだろうが、佐藤氏はすでに「フジテレビさんには本当に怒っています。 もう関わる気もない」「例えば映画『海猿』の続編などは絶対にありません」と、強い口調で今後の取引は行わない意思を示しているだけに、もし仮に同局が同氏との和解を上記のような手段で進めているのだとしたら、どうやら逆効果である様子。佐藤氏はこうした出来事が続いたことで、「『二度と仕事しない』という意味は、『二度と仕事しない』という意味なんですけど、どう言えば伝わるのかな…」と困惑した様子をつづるとともに、「どこかで不快に感じていることを意思表明しておかないと、さらに続きそうなので書いておきますね。 フジテレビとは二度と仕事をしません」と、改めて宣言している。
2013年2月18日Rbbtoday
http://www.rbbtoday.com/article/2013/02/18/103127.html
 

オリコン集計「2005年ドラマ満足度ランキング」で第3位となった、フジテレビ連続ドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION
 
 
>昨年10月にフジテレビへの絶縁宣言ツイートを発して話題となった「海猿」などで知られるマンガ家の佐藤秀峰氏
 
すでに当ブログで取り上げていますが、『海猿』の原作者である佐藤秀峰の「フジテレビへの絶縁宣言」の経緯を紹介します。
 
佐藤秀峰によれば、以前にフジテレビはアポイントメント無しで事務所に「突撃取材」に押し寄せ、その傍若無人な振る舞いに業を煮やしていました。
 
この件についてはフジテレビから謝罪を受け、2度とアポ無し取材をしないと約束して穏便に済ませたそうです。
 
しかし、それ以上に佐藤秀峰を激怒させる事実が発覚しました。
 
フジテレビは、映画『海猿』関連書籍を、『海猿』の原作者である佐藤秀峰と「契約書なし」で、無断で勝手に販売していました。

佐藤秀峰は、「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」と、フジテレビに絶縁状を叩きつけました。
 
 

 
その後も、フジテレビから「お会いして謝罪したいとも言われてるが、会いたくねーよ」と、フジテレビに対する収まらない怒りをぶちまけていました。
 
 

 
佐藤秀峰は、フジテレビへの絶縁宣言について、「アポ無し取材」などの詳細を語った動画を「ニコニコ動画」上に公開しました。
 
 

 
佐藤秀峰はフジテレビについて、「報道に対しては本当にクソみたいな会社ですし、すぐになくなってほしいと思います。そんなことをしていて報道を名乗るのは本当に恥ずかしいこと。全員すぐに報道っていう仕事をやめて欲しい、っていうくらい怒っています」と心境を吐露しました。
 
映画『海猿』続編については、「映画のファンの方には非常に申し訳ないなと思いますが、僕もそういうところを、なあなあにして今後ビジネスはしていけないので(フジテレビとは)お付き合いできない」と、改めて否定しました。
 
■動画
 
【佐藤秀峰】「信用に値しない企業」フジテレビに絶縁宣言
 
 
映画『海猿』シリーズは、興行収入が70億円以上を連発しているフジテレビの収益源でしたが、フジテレビによる『海猿』の続編は完全に途絶えました。
 
 

 
『海猿』 興行収入17.4億円
LIMIT OF LOVE 海猿』 興行収入71億円

THE LAST MESSAGE 海猿』  興行収入80.4億円

BRAVE HEARTS 海猿』 興行収入73,3億円
 
 
>佐藤氏によれば、このところ何者かから「海猿」次回作のシナリオの断片らしき文章のコピーが送られてきたり、フジテレビとの仲介を世話しようとする人物から話を持ちかけられるなどといったことが相次いでいる
 
ふられた恋人へ復縁を迫るストーカーみたいで気持ち悪いな(――;)
 
 
または、暴力団が本人に分かるようにと、わざと周囲から圧力をかける手口か?
 
古くよりの読者の方にはご記憶にあるでしょうが、私は数年前に佐藤氏と同じようなストーカー被害に遭い警視庁で法的解決をしました(ー_ー)!!
このようなことが続くと、自身だけではなく周囲の人々にも精神的苦痛になるので、早急に白黒決着をつけるべきなのです。
   
 
 

 
>知り合いの編集者から「うちの会社の顧問弁護士が『どうやったら佐藤秀峰を落とせるか教えてほしい』とフジテレビから相談された」と聞かされたこともあった
 
弁護士が依頼人であるフジテレビに対する守秘義務まで言ったのか?
 
これら佐藤秀峰の発言が事実なら、フジテレビは必死で、貴重な収益源である映画『海猿』シリーズの続編を製作したいのです。
 
フジテレビは、映画『海猿』関連書籍と同じような「無断使用問題」を、番組打ち切りになって終了した連続ドラマ「家族のうた」でも起こしました。
 
フジテレビは2012年2月8日、4月から放送する連続ドラマ「家族のうた」の製作発表をしました。
 
しかし2月14日に、1987年にTBSが放送した「パパはニュースキャスター」の脚本家の伴一彦は、ストーリー設定が酷似しているとツイッターをしました。
 
 

 
その後、フジテレビ側と、伴一彦側が話し合いをした結果、「家族のうた」の設定を一部変更することで合意をしました。
 
フジテレビは、「家族のうた」が話し合いにより合意ができたので、佐藤秀峰とも話し合えば、映画『海猿』シリーズの続編製作を合意できると考えたのでしょう。
 
>佐藤氏はこうした出来事が続いたことで、「『二度と仕事しない』という意味は、『二度と仕事しない』という意味なんですけど、どう言えば伝わるのかな…」
 
>「どこかで不快に感じていることを意思表明しておかないと、さらに続きそうなので書いておきますね。 フジテレビとは二度と仕事をしません」と、改めて宣言している
 
佐藤秀峰は、フジテレビと「絶縁」すると改めて宣言したことは正しい判断です。
 
 

 
そもそも佐藤秀峰は、「フジテレビさんは信頼に値しない企業である」と判断するのが遅かったのです。
 
日本の公共電波を利用しているフジテレビは、これまで日本・日本人を侮辱しては、偏向放送・韓国ゴリ押しをしています。
 
フジテレビは、世界フィギュアなどの生中継で「君が代」・「日の丸」をカットして放送してきました。
 
●フジテレビの表彰式や君が代カット放送問題

2007世界フィギュア 安藤優勝  君が代カット
2008世界フィギュア 真央優勝  君が代カット

2009世界フィギュア ヨナ優勝  韓国国歌ノーカット放送

2010世界フィギュア 真央優勝  君が代カット

2011世界フィギュア 安藤優勝  震災の日本応援演出カット

2011年 WC女子サッカー 日本優勝 表彰式カット(NHKは放送)
 
●関連記事
 
 
そしてフジテレビは、フィギュアスケートの「四大陸フィギュア」の中継で、またも偏向放送をしました。

フジテレビが放送した「四大陸フィギュア 」の男子で、カナダのケヴィン・レイノルズが初優勝をしました。
 
 

 
ケヴィン・レイノルズには日本人のファンも多く、ケヴィン・レイノルズは表彰式の優勝インタビューの最後に日本語でコメントしました。
 
しかしフジテレビは、ケヴィン・レイノルズの日本語のコメントを放送しませんでした。
 
    動画

2013 4CC Men winners interview
 
フジテレビは2012年の年間視聴率で、プライム・ゴールデン・全日帯で3位に転落しました。
 
2012年12月9日現在、2012年度(12年4月~13年3月)のゴールデン帯では、NHKが3位になっていました。

2012年度(124月~133月)「年度」平均視聴率(201212月9日現在)
 
▼ゴールデン帯     1位 テレ朝 12.1%、2位 日テレ 12.0%、3位 NHK 11.5
▼プライム帯       1位 テレ朝 12.4%、2位 日テレ 11.8%、3位 フジ 11.1
▼全日帯           1位 日テレ  7.8%、2位 テレ朝  7.6%、3位 フジ  7.1
 
つい先日、フジテレビはTBSにも抜かれ、全日の週間視聴率で4位に転落して、これは実に30年ぶりのことでした。
 
フジテレビは現在、年間視聴率でNHK・TBSと3位~5位争いを展開しています。
 
フジテレビは、2013年の年間視聴率で4~5位に転落する可能性があります。
 
週刊誌によると、フジテレビの視聴率が3位に転落したことで、大手広告代理店営業関係者の間ではフジの営業的落ち込みを心配する声が広がっています。
 
フジテレビの2012年上半期('1246)のスポットCMは、それまで毎月平均110億円前後あった売り上げから、約20%も落ち込んでいます。
 
2012年下半期('1210月~'133) のスポットCMは、10月は約90億円、11月が95億円程度と2カ月で35億円も落ち込んでいます。
 
今年の冬ドラマ(1月~)は各ドラマとも視聴率は低迷していますが、フジテレビのドラマも低視聴率です。
 
2013年冬(1月~3)のドラマ平均視聴率ランキング(2/17)
 
*116.63 相棒シーズン11(テレ朝)
 


*214.42 とんび TBS
 

 
*312.60 科捜研の女 (テレ朝)
 


*412.32 ビブリア古書堂の事件手帖 (フジ)
*5
12.20 ラストホープ (フジ)
*6
11.83 最高の離婚(フジ)
*7
11.72 夜行観覧車 TBS
*8
11.20 おトメさん (テレ朝)
*9
10.75 信長のシェフ (テレ朝)
10
10.62 ハンチョウ6~警視庁安積班~(TBS

 
『海猿』の原作者である佐藤秀峰は「フジテレビとは二度と仕事をしません」と改めて宣言したのですから、フジは映画『海猿』の続編製作を諦めるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、フジテレビについてご考慮下さい。
 
ストーカーみたいなフジテレビは廃業しろ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。