HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト韓国経済  »  サムスン、スマホ依存で経営に異変 グループ企業は減収減益 底浅い韓国経済、スマホ日本市場販売台数・シェア下落、朴槿恵大統領は外遊の先々で「反日告げ口外交」日本政府は資本財輸出・韓国製品輸入・渡航を禁止
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事の「画像」とリンク先の動画やブログなどは、ヤフーブログでご覧ください。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



「韓国は嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>



サムスン、スマホ依存で経営に異変 グループ企業は減収減益 底浅い韓国経済

韓国経済は朴槿恵(パク・クネ)政権の「親中反日外交」と経済無策にあえいでいる。輸出依存で内需低迷というゆがんだ構造を変えられないなか、為替のウォン高が再加速し、多くの製造業が採算ラインを割り込んだ。ほぼ唯一の勝ち組とされるのがサムスン電子だが、スマートフォン依存の利益構造に変調の兆しがうかがえる。また、新製品の不振やグループ企業の業績悪化など懸念材料が浮上してきた。

 為替市場でウォン高が再燃している。1円あたり10・50ウォン台とリーマン・ショック以来約5年2カ月ぶりの円安ウォン高水準を記録した。

 対ドルでも6月の1ドル=1160ウォン台から、1050ウォン台まで1割近くウォン高が加速した。韓国の経済団体、全国経済人連合会が主要製造業に対して実施したアンケートによると、損益分岐点は平均1ドル=1066・4ウォン。機械・電機(1087・5ウォン)や石油化学(1081・3ウォン)はすでに採算ラインを割り込んだ。

 主力企業の業績が落ち込むなかで、独り勝ちしているのがサムスン電子だ。7~9月期も売上高が13・2%増、営業利益は26・1%増と、ともに過去最高を更新した。

 業績絶好調のサムスンだが、グループ全体に目を移すと、違う風景が見えてくる。電池や有機ELなどを手掛けるサムスンSDIの営業利益は66%も減少、電子部品メーカーのサムスン電機や、サムスン・ディスプレー、サムスン精密化学といったグループ企業も減収減益に見舞われた。

 当のサムスン電子にしても、テレビなど家電やディスプレー事業は苦戦しており、スマホと関連半導体で利益の大半を稼ぐという構図だ。

 サムスンはスマホで世界最大のシェアを誇る。しかし、日本市場では存在感が薄れつつある。調査会社BCNがまとめた携帯電話売れ筋ランキングをみると、米アップルのiPhone(アイフォーン)が1位から10位を独占。11~20位をみると、ソニーやシャープ、パナソニックの製品も出てくるが、サムスン製品は最上位でも24位にとどまっている。

 中国など新興国市場で、アップルより低価格のスマホを投入してシェアを伸ばしたサムスンに攻勢をかけているのが中国のスマホメーカーだ。「中国のアップル」と異名を取る「小米(シャオミ)」や、「魅族(メイズ)」などが急成長しているのだ。

 新興市場でのシェア争いのために、50ドルの超低価格スマホを開発しているという報道もある。ただ、スマホ市場の飽和感が広がりつつあるなか、安値競争にのめり込めば、勝者不在となった薄型テレビ市場の二の舞になる恐れもある。

 サムスンもスマホに代わる新たな収益源を模索しているが、これが心もとない。9月には腕時計型の携帯端末「ギャラクシーギア」を発売したが、米メディアは「量販店での返品率が30%」「これまで売れたのは5万台だけ」と報じた。連携する端末の少なさやバッテリーの持ち時間の短さなどが問題だと指摘している。

 今月19日になって、サムスンが「世界58カ国で80万台を販売した」と明かしたが、これは小売業者などへの出荷台数のことだったことが判明している。米ウォールストリート・ジャーナル紙は「失敗の文字が頭をよぎる」と指摘した。

 サムスンは日本などの電機メーカーと合弁企業を作ったり、技術者を引き抜くなどして技術を吸収し、先行する企業を追い抜く「二番手商法」によって世界でシェアを伸ばしてきた。もっとも、先頭に立って市場を開拓するのは得意ではないようだ。

 スマホへの依存度が高いという弱点を抱えるサムスンだが、韓国経済全体も、そのサムスンの業績によってかさ上げされているという構造的欠陥を抱えている。

 アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は「サムスン電子の“1強多弱”という状況は、韓国経済の底の浅さを示している。サムスン電子の業績に陰りが出てきたら、韓国経済にどのような影響を及ぼすかは明白だ」と語る。

 韓国政府は本来なら経済の活性化につながる対策を急ぐべきだが、「朴大統領は日本批判に意気軒高なだけで、国内企業の業績不振にはとんと目を向けずに“わが道”を驀進(ばくしん)している」と勝又氏は指摘する。そして失速が懸念される中国への依存度を高めているのだ。

 デジタル家電市場は栄枯盛衰が激しい。スマホでサムスンがつまずけば、韓国経済も崩壊してしまいかねない。
夕刊フジ 11月23日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131123-00000009-ykf-soci




>為替市場でウォン高が再燃している。1円あたり10・50ウォン台とリーマン・ショック以来約5年2カ月ぶりの円安ウォン高水準を記録した。


韓国ウォンは、対ドル・対円で大幅に上昇しています。

韓国銀行によると、11月18日のウォン対円相場は100円=1063.30ウォンとなり、2008年の金融危機以降、ウォンは5年ぶりの最高水準となりました。

このまま対ドル・対円でウォン高が進行すれば、世界市場で日本企業と競合する韓国企業と、日本への輸出を手掛ける韓国企業が大打撃を受けます。


【関連記事】

ウォン高止まらず韓国当局が共同対応の可能性


>韓国の経済団体、全国経済人連合会が主要製造業に対して実施したアンケートによると、損益分岐点は平均1ドル=1066・4ウォン。機械・電機(1087・5ウォン)や石油化学(1081・3ウォン)はすでに採算ラインを割り込んだ。


ざまあみろ^^

韓国は、為替レートの操作によりウォン安にすることで、韓国企業は競合する日本企業からのパクリ製品でシェアを奪い取り、営業利益を得ていました。

サムスンやヒュンダイなど主要企業は、安値の製品を世界中に輸出し、その業績の伸びが韓国の経済成長を支える原動力になっていました。




独占公開!
サムスンが呑み込んだ日本の技術


ある有名エンジニアが
突然、姿を消してしまった──。

「まるで“神隠し”のように姿を消してしまった」──。

2012年春、ハイテク業界で働く関係者たちの間で、ある有名エンジニアの退社が話題になった。 

それはキヤノンの開発センター室長を歴任した男で、デジタルカメラの“絵づくり”のノウハウが詰まった半導体を担当していることで知られていた。保有特許も数十個に及び、経歴書には「画像処理装置」「映像装置」「電子カメラ」などの文言が並ぶ。 

調査を依頼されて、足跡を追いかけた人材会社の関係者は語る。

「サムスンにヘッドハントされたとみていますが、決定的な証拠がつかめずに困っています。韓国語名で働いている可能性もある……」

サムスンは日本人技術者を引き抜いたこと自体を隠すために、時として韓国語の通り名と名刺を渡して雇用することがあるのは、よく知られた話だ。

「サムスンへの転職が自分の出身企業にどうしても知られてはまずい場合の方法です。他にも故郷や地元のコミュニティの目が気になり勤め先を隠したい人もいます」(ソニー出身の元サムスン社員)

声をかけてくるタイミングも絶妙だ。冬のボーナスが支給された後の12月や、人事異動が発令される春などを狙って、職場環境などに悩みがある人材をピンポイントで狙ってくるという。 
(以下略)

2013年11月11日 週刊ダイヤモンド
http://diamond.jp/articles/-/44210




一方、日本の輸出産業は、韓国メーカーとの競争激化に加え、円高に苦しめられてきました。

2012年より韓国では、ウォン高による経済の悪化が懸念されていました。

そして「アベノミクス」効果による円高是正で、世界市場で日本企業と競争する、韓国の自動車、鉄鋼、造船産業などの輸出企業は戦々恐々としていました。


現在の円相場は対米ドル100円まで値を戻しているので、韓国の主要輸出企業は採算割れをしています。


韓国で財閥と呼ばれる「現代グループ」(現代自動車や現代重工業は離脱)や、大韓航空を抱える「韓進グループ」などは、いつ破綻してもおかしくない状態です。


5月22日、財務省が「平成25年4月分貿易統計(速報)の概要 」を発表しました。

対日貿易赤字の国では、1位米国(562,990百万円)・2位香港(281,051百万円)・3位韓国(248,217百万円)でした。


しかし、香港は中共と別統計になっているので、中共と合わせれば対日貿易は大幅黒字となります。

実際の2位は韓国であり、韓国は伸び率も45.7ポイントで「円安」に関係なしの伸びになっています。

円安が進行すれば、韓国企業は輸出減だけではなく、製品を作る技術料も負担増となり、ダブルで苦しめられることになるでしょう。



>業績絶好調のサムスンだが、グループ全体に目を移すと、違う風景が見えてくる。電池や有機ELなどを手掛けるサムスンSDIの営業利益は66%も減少、電子部品メーカーのサムスン電機や、サムスン・ディスプレー、サムスン精密化学といったグループ企業も減収減益に見舞われた。


サムスン電子に部品などを供給しているサムスンの系列企業の売上は減少しており、更に営業利益は売上以上に悪化しています。

10月27日、三星グループによると、第3四半期の業績を発表した製造業系列各社の中で、三星電子を除けば、その大半は昨年同期より営業利益が減少しただけでなく、売上げまで減少するマイナス成長を記録しました。


【関連記事】

サムスンが文春報道は「荒唐無稽」専門家反論


>サムスンはスマホで世界最大のシェアを誇る。しかし、日本市場では存在感が薄れつつある。調査会社BCNがまとめた携帯電話売れ筋ランキングをみると、米アップルのiPhone(アイフォーン)が1位から10位を独占。


スマートフォン市場でシェア首位を走るサムスンですが、アジア地域では赤信号が灯っているようです。

最近は日本だけでなく中共でもシェアを落としており、韓国では危機感が広がっています。

NTTドコモは、夏商戦向けスマホで販売促進費を重点的に投入し、販売する重点機種をサムスンとソニーの2機種とする「ツートップ戦略」を展開しました。


日本では、サムスンの携帯やスマホが殆ど売れていなかったので、ドコモはサムスンを「ツートップ」の一翼としてゴリ押しする戦略をとったのです。


▼2013年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア

出荷台数681万台
1 アップル(39.6%)
2 シャープ(14.6%)
3 ソニー(13.3%)
4 富士通(8.3%)
5 HTC(6.6%)
その他(17.6%)


しかし、サムスンのギャラクシーはケタ違いに故障が多く、ドコモショップには故障を訴える顧客が後を絶たず、その処理でパンク状態になりました。


【関連記事】

「ケタ違いに故障が多い!」サムスンGALAXY

ドコモが「ツートップ戦略」でサムスンをゴリ押ししても、サムスンのギャラクシーS4はソニーの半分しか売れませんでした。

ドコモは、ツートップ戦略でさまざまなマーケティングを繰り広げましたが、販売台数が130万台だったソニーに比べ、サムスンは70万台と伸び悩みました。

そして、日本でサムスンのスマートフォンは、販売台数も市場シェアも下り坂が続いています。

11月24日、市場調査会社ストラテジー・アナリティクスは、第3四半期の日本市場のメーカー別スマートフォン市場シェアを集計した結果、サムスン電子が販売台数100万台で、シェアが9.9%に下落したと発表しました。


【サムスン電子スマートフォンの日本市場販売台数】
2012年第4四半期:190万台2013年第1四半期:140万台2013年第2四半期:130万台2013年第3四半期:100万台

【サムスン電子スマートフォンの日本市場シェア】
2012年第4四半期:17 %2013年第1四半期:14.1%2013年第2四半期:13%2013年第3四半期:9.9%



>9月には腕時計型の携帯端末「ギャラクシーギア」を発売したが、米メディアは「量販店での返品率が30%」「これまで売れたのは5万台だけ」と報じた。

>サムスンが「世界58カ国で80万台を販売した」と明かしたが、これは小売業者などへの出荷台数のことだったことが判明している。米ウォールストリート・ジャーナル紙は「失敗の文字が頭をよぎる」と指摘した。


16倍の水増しか^^

今秋、サムスンは新製品のスマートウォッチ「GALAXY Gear」を発売して宣伝に力をいれましたが、1日の販売台数は800~900台だけで、当初の予想をはるかに下回る状況です。

英国では、スマートフォン、ギャラクシーノート3を購入すると、無料でサムスンの「GALAXY Gear」がプレゼントされるようになりました。


・゜・(ノ∀゜)・゜・ブワッハッハッハ
        ∧_∧ ミ  プハハハハハ・・・・・・・ハライテー!!
     o/⌒(. ;´∀`)つ   新製品が「おまけ」だってよ!
     と_)__つノ   


サムスン電子にとって、スマートフォンは図抜けた収益源となっています。

サムスン電子は、利益全体の74%を携帯電話端末に依存しています。

2012年の年間決算で、携帯電話端末事業などを担当する「IM部門」の営業利益は全社の営業利益の67%を占め、2013年1~3月期は74%まで上昇しました。

つまり、サムスン電子は利益の4分の3を、スマートフォンを含む携帯電話端末で稼いでいます。

2012年のサムスングループ全体の営業利益は約3兆4000億円で、このうちサムスンの携帯電話端末部門の利益は約1兆6500億円を占めました。

サムスンの携帯電話事業の利益は、韓国の上場企業上位100社の2012年の営業利益、約4兆3500億円の40%近くを占める金額です。


2013年3月時点で、サムスンの株式時価総額は、韓国の上場企業の株式時価総額の約20%を占めています。

2013年上半期は、サムスンとLG、ロッテグループを除く韓国の主要10企業グループはマイナス成長を記録しました。

また、サムスングループの営業益は前年同期比17.9%増の12兆3357億ウォンと集計され、これは10企業グループの営業益全体の約5割に匹敵します。

つまり、韓国経済を支えているのがサムスンで、サムスンを支えているのがスマートフォンであり、サムスンのスマホが販売不振になれば、韓国は経済危機となります。

5月30日に韓国メディアも、「サムスンは利益全体の74%を携帯電話端末に依存している。携帯電話端末と自動車が競争力を失えば、サムスンと現代自グループの経営が危うくなるだけでなく、国全体が丸ごと崖っぷちに立つことになる」と報道しました。


【関連記事】

「韓国経済報告書」朴槿恵大統領


サムスンは韓国の国内総生産(GDP)・輸出総額ともに2割超を占める


朴槿恵大統領は外遊の先々で「反日告げ口外交」を繰り返しており、日本政府は資本財の輸出と韓国製品の輸入の禁止措置、観光旅行や修学旅行の渡航禁止にするべきです。

韓国の生殺与奪権を握る日本は経済制裁を!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓




人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。