HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトフジテレビ・捏造韓流  »  フジ『ほこ×たて』に続きまたヤラセ発覚、BSフジ「四万十川流域に生息するカワセミ」を都内で撮影 番組打ち切り、反日・韓国ゴリ押し元凶の日枝久会長が秋の叙勲の大綬章親授式で天皇陛下から旭日大綬章を受ける
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事の「画像」とリンク先の動画やブログなどは、ヤフーブログでご覧ください。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html




「フジは嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>



『ほこ×たて』に続き……またヤラセ発覚のフジテレビ「過剰演出体質」の重症度

10月23日に放送された『風の見た自然たち』(BSフジ)で、高知県・四万十川のカワセミとして流れた映像が、東京都葛飾区の都立水元公園で撮影されていたことが発覚。同局は「事実と違う放送となり、視聴者にお詫びする」と謝罪し、30日で番組を打ち切った。

 同番組は、各地のさまざまな生き物を、俳優・小泉孝太郎のナレーションと共に紹介する5分番組。問題の映像はそのうちの約40秒間で、カメラマンが四万十川での撮影に失敗したため、都内で撮り直したものの、撮影場所を制作会社に伝えなかったという。

 フジといえば、先月21日にも地上波のバラエティ番組『ほこ×たて』で悪質なヤラセが発覚したばかり。今回の不祥事を受け、多くの視聴者から「またフジか……」という声が相次いでいる。

「今は編集技術が高く、別の場所で撮られた映像を差し込むことはよくあること。夕暮れ時の映像に『夜明け』というナレーションを乗せて放送するのも、テクニックの範疇という認識です。しかし、『四万十川のカワセミ』がメインの番組で、まったく別の場所で撮られた映像を入れるようなことは、さすがにしませんよ」(映像制作会社関係者)

 また別の業界関係者は、フジの“過剰演出体質”は「今のままでは治らない」と苦言を呈す。

「フジは、根本の精神を変えないと何も変わりません。80年代のバラエティ全盛期に『楽しくなければテレビじゃない』というイケイケなスローガンを掲げていた同局ですが、今年9月の改編発表会でも、まったく同じ精神を高らかに掲げた。テンションばかり高く、“時代と共に変わろう”という意識が他局よりも低い印象を受けます」(業界関係者)

 来年3月で開局55周年を迎えるフジ。それまでに、「またフジか……」が定型句となっている現状を打破することはできるだろうか?
2013.11.06日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2013/11/post_15030.html



>10月23日に放送された『風の見た自然たち』(BSフジ)で、高知県・四万十川のカワセミとして流れた映像が、 東京都葛飾区 の都立水元公園で撮影されていたことが発覚。同局は「事実と違う放送となり、視聴者にお詫びする」と謝罪し、30日で番組を打ち切った。


また『ヤラセ』か!

9月8日、BSフジ『風の見た自然たち』の製作スタッフは、高知県四万十市に空撮用の機材まで持ち込んで、四万十川流域に生息するカワセミを撮影しました。


しかし、カメラマンが四万十川でのカワセミの撮影に失敗したため、 東京都葛飾区 の都立水元公園でカワセミの映像を撮り直しました。

10月23日、フジテレビは『風の見た自然たち』で、この都内の映像を四万十川流域に生息するカワセミとして放送しました。

10月24日、都立水元公園でカメラマンがカワセミを撮影する様子を見ていた視聴者から問い合わせがあり、『ヤラセ』が発覚しました。


BSフジ「四万十の鳥」を都内で撮影 番組打ち切り

 BSフジが10月23日に放送した番組「風の見た自然たち」で、高知県の四万十川流域に生息するカワセミとして使用された映像が、実際には東京都葛飾区の公園で撮影されていたことが6日分かった。同局は10月30日の放送で謝罪し、番組を打ち切った。

 同局によると、「風の-」は毎週水曜の5分間番組。問題の映像は、制作会社から依頼を受けたカメラマンが四万十川に撮影に行ったが、思うような映像が撮れず、都内の公園でカワセミが水に飛び込む様子を撮影していた。カメラマンは経緯を制作会社やBSフジに伝えていなかったという。

 カメラマンが公園でカワセミを撮影する様子を見ていた視聴者から24日に問い合わせがあり、問題が発覚した。

 同局広報部は「事実と異なる映像を放送したことを重く受け止め、終了した。深くおわびします」としている。(共同)
2013.11.6サンスポ




31 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
まーた捏造か

そろそろ免許を取り上げろ

50 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
>>1
またやっちまったなぁ!

一度解体して、在日社員を一掃しろ!

63 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
さすが安定のチョンテレビフジ

64 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
>>1
かわせみ「フジはん、なにしてまんのや
67 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
サギがカワセミの撮影ですか?

75 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
カワセミに釣り糸を付けてラジコンで引っ張っていたのか!

114 :名無しさん@恐縮です:2013/11/06(水)
高知県の四万十川のカワセミは水元公園のカワセミ

食品偽装みたいだなw


>フジといえば、先月21日にも地上波のバラエティ番組『ほこ×たて』で悪質なヤラセが発覚したばかり。今回の不祥事を受け、多くの視聴者から「またフジか……」という声が相次いでいる。

フジテレビは、10月20日の『ほこ×たて2時間スペシャル!スナイパー軍団vsラジコン軍団』で、「どんな物でも捕らえるスナイパー」と「絶対に捕らえられないラジコン」の対決を放送しました。

10月23日にラジコンカーで出場した広坂正美は、自身が勤務する株式会社ヨコモのブログに、演出の範囲を著しく超えた数々の『ヤラセ』の内幕を暴露した「告発文」を公開しました。

収録では、最初にラジコンボートが3連勝したため、ラジコンカーもヘリも対決がないまま、ラジコン軍団の勝利が決定し、スナイパー軍団とラジコン軍団の対決は終了するはずでした。

しかし、それではせっかく用意したラジコンカーとヘリの対決を見せることができないとして、放送では対決順を変え、ラジコンカーがスナイパーに撃たれて負けた事にするなどの『ヤラセ』がありました。


さらに、放送上は男性がスナイパーということになっていましたが、実際には、女性スナイパーだったという『やらせ』もありました。

広坂正美は、今回を含め『ほこ×たて』に3度出演していますが、「告発文」で『ヤラセ』は今回だけでなかったことも暴露しました。

2011年10月17日放送の「どんな獲物でも絶対に捕まえる鷹」では、スタッフから「鷹がラジコンカーを追いかけて来ないので、鷹が慣れるまで練習させた上で再戦して欲しい」「鷹が逃げるので鷹が追いかけて来るよう、ゆっくり走らせて欲しい」などと要求されました。

2012年10月21日放送の「猿VSラジコンカー」では、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうため、「釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした」と暴露しました。


▼猿の首に釣り糸を巻き付け、ラジコンカーで猿を引っ張りまわした


『ほこ×たて』の『ヤラセ』発覚後、ネットでは次々と『ヤラセ』が暴露され始めました。


ほこたて次々とヤラセが暴露され「パンドラの箱」状態!ドリルもヤラセ?の声


フジテレビの人気番組「ほこたて」にて「スナイパー軍団VSラジコン軍団」に出演した人物がヤラセを暴露した問題で、ネットでは次々とヤラセが暴露され始めている。その中には人気シリーズ「金属VSドリル」対決もヤラセであるという証言が飛び交っており、ネットでは「やっぱりな」と言う声が寄せられている。次々とヤラセが暴露されたパンドラの箱を開けた状態となっておりもはや収拾がつかない。


―ドリル対決に関する情報

ネットの情報では、人気対決「絶対に穴の開かない金属 VS どんな金属にも穴を開けられるドリル」であらかじめ指定されていた金属が、実際に対決した際に変わっていた事を告白。直前に金属が変更されたことによりドリル側が対処できないという事態になったようだ。

ただし、金属が変更されようとも「穴があかない」と言う観点からすれば金属の勝利のように見えるが、出演者にとっては「ルール違反」と捉えられても仕方が無いのかもしれない。

告発した企業は不明だが勝負で負けてしまったのは「オーエスジー」「不二越」「古河ロックドリル」「アライドマテリアル」「タンガロイ」である。

とはいえ現時点で投稿者のツイートが削除され真相は不明だ。

ハッカー対決では、ハッカーは侵入するまでに心が2回も折れていた事を告白。しかし番組内ではいとも簡単にPCに侵入しているかのような構成だった。これについて出演者luminさんは『番組の都合ですので』と話す。 しかもディレクターからソーシャルエンジニアリング、つまりパスワード等を聞き出しているなどとも告白。

ディレクターを使いハッキングすると言う何とも興味深いハッカーのやり口が暴露されてしまったが、この点も放映されていなかった。
2013年10月26日13:47、秒刊SUDNAY抜粋



▼7回も放送した人気対決「絶対に穴の開かない金属 VS どんな金属にも穴を開けられるドリル」


▼ハッカー側がディレクターにパスワード等を聞き出して、PCに侵入した「ハッカーVSセキュリティプログラム」


フジテレビがこれまで放送した『ほこ×たて』の88本のうち、新たに3本の不適切な演出が見つかり、『ほこ×たて』の『ヤラセ』疑惑は計6本となりました

11月1日、フジテレビは不適切な演出があったことを理由に『ほこ×たて』の放送を打ち切ると発表しました。




不適切演出で「ほこ×たて」打ち切り

 フジテレビは1日、不適切な演出があったことを理由に放送を自粛していたバラエティー「ほこ×たて」(日曜後7・0)の放送を打ち切ると発表した。

 問題があったのは10月20日放送の同番組特番。無線操縦のボートなどを射撃する企画で、収録した順番を入れ替えて放送するなど不適切な演出が確認された。また、サルが登場した昨年10月放送の同番組でも、動物に対する配慮が欠けた演出をするなど計3本の企画が問題となった。それを受け、同局はこれまで放送した88本について関係者から聞き取り調査を行った結果、新たに3本の不適切な演出が見つかり、計6本となった。
2013.11.2 05サンスポ抜粋



フジテレビの社員は視聴者を騙す詐欺師です。

2012年に「ほこ×たて」の石川綾一プロデューサーは毎日新聞のインタビューで、「矛盾対決は、平等なルールで戦ってもらうことを大事にしている」と言い切っていました。


ほこ×たて :人気バラエティー制作の裏側 プロデューサーが語る


「ほこ×たて」について語る石川綾一プロデューサー

(中略)

根底には「視聴者、出演者、番組スタッフのみんなが幸せな気分になれる番組を作りたい」という思いがある。「(出演した)人が傷つかないこと。納得した上で出演していただいて、放送を見ても、勝っても負けても納得してもらいたい」という思いが強く、対決は「平等なルールで戦ってもらうこと」を大事にしている。「対決者を知らないまま戦ってもらうことが多いので、その分、責任を持って負けた人も納得できる平等なルールを作ることにしている」といい、「戦いが終わったあと、お互いをたたえ合っているところは絶対に放送する。そういうところがすがすがしさになればいい」と考えを明かした。

 目指すのは「親子そろってみられるバラエティー」。勝敗の予想がつかない対決は「年齢層でとらえ方が違うのか、オールターゲットに見られている」と手応えを感じている。そして子供たちに対して「トータルで職業図鑑になっていますから、将来職業に就く時の参考になれば。そして子供が、自分の親が普段これだけ仕事を頑張っているっていうことを感謝して見るという雰囲気になれば」と願いを語った。
2012年07月29日 毎日新聞デジタル抜粋



>「フジは、根本の精神を変えないと何も変わりません。

フジテレビは、日枝久独裁政権が続いているから何も変わらないのです。

6月27日のフジHDの株主総会で、フジテレビの豊田社長は副会長となり、亀山千広常務が社長に昇格する人事が正式に決定しました。

フジHDとフジテレビの社長職に初めて異なる人物が就くことになりましたが、日枝久は両社の会長職留任が決定しました。

フジテレビの反日報道、韓国ゴリ押しの元凶である日枝久は、ほとんどフジテレビ(フジ・メディア・ホールディングス)の株を持っていません。

オーナーでもない人間が、25年間も社長・会長として君臨している企業はないでしょう。

フジテレビは、2011年の年間視聴率でトップの座を8年ぶりに日本テレビに奪われ、2012年にはテレビ朝日にも抜かれ3位に転落しました。

フジテレビが年間視聴率3位に転落したことで、大手広告代理店営業関係者の間ではフジの営業的落ち込みを心配する声が広がっていました。

フジテレビの2012年上半期('12年4~6月)のスポットCMは、それまで毎月平均110億円前後あった売り上げから、約20%も落ち込んでいました。

2012年下半期('12年10月~'13年3月) のスポットCMは、10月は約90億円、11月が95億円程度と2カ月で35億円も落ち込んでいました。

フジテレビの視聴率低迷の最高責任者は日枝会長であり、フジテレビが2011年に視聴率3冠王から転落した時点で責任を取り退任するべきでした。


2010年2月25日、韓国の高麗大学から名誉経営学博士号を授与したフジ・メディア・ホールディングス(フジテレビ)の日枝久代表取締役会長(中央)※高麗大学にはキム・ヨナ選手が在籍。

日枝久独裁政権のフジテレビは、世界フィギュアなどの生中継で、「君が代」「日の丸」をカットして放送してきました。


【フジテレビの表彰式や君が代カット放送問題】

2007世界フィギュア 安藤優勝  君が代カット
2008世界フィギュア 真央優勝  君が代カット
2009世界フィギュア ヨナ優勝  韓国国歌ノーカット放送
2010世界フィギュア 真央優勝  君が代カット
2011世界フィギュア 安藤優勝  震災の日本応援演出カット
2011年 WC女子サッカー 日本優勝 表彰式カット(NHKは放送)


【関連記事】

フジ「本当に日本のテレビ局なのか」

それなのに日枝久は、秋の叙勲の大綬章親授式で天皇陛下より旭日大綬章を手渡されました。


皇居で大綬章14人に親授式 秋の叙勲


大綬章等勲章親授式で天皇陛下から旭日大綬章を受ける日枝久・フジサンケイグループ代表=6日午前10時37分、皇居・宮殿「松の間」(代表撮影)

秋の叙勲の大綬章親授式が6日午前、皇居・宮殿「松の間」で行われ、天皇陛下が受章者に勲章を手渡された。

 式に臨んだのは、旭日大綬章の御手洗冨士夫元日本経団連会長(78)や日枝久フジテレビ会長(75)ら、外国人3人を含む計14人。
2013.11.6 産経新聞抜粋



フジテレビは来年3月で開局55周年を迎えますが、反日報道、韓国ゴリ押しの元凶である日枝久に旭日大綬章を受勲する資格はありません。

『ヤラセ』頻発のフジは廃業しろ!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓





人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。