HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトフジテレビ・捏造韓流  »  フジテレビ「ほこ×たて」出演者がやらせ告発、動物虐待疑惑も、ラジコン軍団の広坂正美がブログで公開「とくダネ!」報道に批判が続出 詐欺容疑社長の秋田新太郎を「ネット中傷被害者」と取り上げるフジは廃業しろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



「フジテレビは嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>



「ほこ×たて」出演者がやらせ告発、動物虐待疑惑も…フジテレビは「調査中」

フジテレビの人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7・00)に出演した男性が、番組に「やらせ」があったとインターネット上で告発。騒然となっている。記述には動物虐待と受け取れる部分もあり、動物愛護の観点からも波紋を呼びそうだ。フジテレビは23日、デイリースポーツの取材に対し、出演者のネット上での“告発”について把握していることを認め、事実関係については「調査中」とした。

問題となっているのは、20日に放送された「ほこ×たて」2時間スペシャルの中の対決『スナイパー軍団VSラジコン軍団』。ラジコンカーで出演した広坂正美氏(43)が「今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました」と自身が勤務する会社のHP上で“告発”した。

 広坂氏によると、放送された内容は“スナイパーとラジコンカーの対戦において、スナイパーが銃弾を命中させて勝利”だったが、「この内容は全くの作り物です」と指摘。当初番組で決めていた対決のルールに従えば、最初にラジコンボートが3連勝したため、ラジコンカーもヘリも対決がないまま、ラジコン軍団の勝利が決定し、スナイパー軍団とラジコン軍団の対決は終了するはずだった。

 しかしそれではせっかく用意したラジコンカーとヘリの対決を見せることができない、として、編集者が対決の順番を入れ替えた、と広坂氏は主張。さらに、ラジコンカーは撮影中のアクシデントにより、事実上の対決は中止となっていたにもかかわらず、放送では、ラジコンカーがスナイパーに撃たれて負けた事にされたことなど、“演出”が加えられていたという。

 さらに、放送上は男性のクリスさんがスナイパーということになっていたが、実際には、女性スナイパーのレアさんだったという。

 広坂氏は20日の放送分について「内容を偽造して編集したもの」と怒りをあらわにしている。

 また、放送直前に制作会社の担当者から編集内容を知らされ、「あまりにも事実を曲げられていた」ため、「もしこの内容で放送された際には、事実を発表します」と内容を偽造しないよう忠告していたことも明かした。

 ラジコン界のカリスマ的存在である広坂氏は、今回を含め、同番組に3度出演しており、うち2012年10月21日に放送された「猿VSラジコンカー」では、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうため、「釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした」と暴露した。

 猿に対して釣り糸を巻き付けた行為は、動物虐待にあたる可能性もある。

 これまでは「ラジコンの認知度を上げたい。ラジコンを普及させたい」との思いで番組に出演してきたという広坂氏。番組当初の企画には、多大なる敬意を払った上で、「昨今では余りにもひどいやらせ番組に成り下がってしまった」ために、今回の“告発”に至ったと説明した。

 また最後に、「フジテレビさんには放送開始当初の輝いていた人気番組『ほこ×たて』の再興を強く願っております」と記している。

 「ほこ×たて」は2010年10月のギャラクシー賞(※優れたテレビ番組に贈られる賞)の「月間賞」を受賞している。
デイリースポーツ 10月23日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000056-dal-ent




>フジテレビの人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7・00)に出演した男性が、番組に「やらせ」があったとインターネット上で告発。騒然となっている。

また『やらせ』か!

フジテレビの「ほこ×たて」とは、故事成語「矛盾」にちなみ、相反する「絶対に○○なもの」を戦わせて勝敗を決めるという、バラエティー番組です。

10月20日の「ほこ×たて2時間スペシャル!スナイパー軍団vsラジコン軍団」では、「どんな物でも捕らえるスナイパー」と「絶対に捕らえられないラジコン」の対決が放送されました。

10月23日にラジコンカーで出場した広坂正美は、自身が勤務する株式会社ヨコモのブログに、演出の範囲を著しく超えた数々の『やらせ』の内幕を暴露した「告発文」を公開しました。


ラジコン愛好家の皆様へ ≪お詫び≫
※画像右下クリックで拡大できます。
(魚拓)http://megalodon.jp/2013-1023-1328-55/www.teamyokomo.com/topics/13/131023_hokotate/131023_hokotate.html


【動画】

2分で分かるフジテレビ「ほこ×たて」やらせ捏造の真相 2013/10/20放送 ラジコン軍団対スナイパー軍団
http://youtu.be/dNgcgvz37b4

▼ワイプは男スナイパーなのにゴンドラに乗って撃ったのは女スナイパー

広坂正美は、今回を含め「ほこ×たて」に3度出演していますが、「告発文」で『やらせ』は今回だけでなかったことも暴露しました。

2011年10月17日放送の「どんな獲物でも絶対に捕まえる鷹」では、スタッフから「鷹がラジコンカーを追いかけて来ないので、鷹が慣れるまで練習させた上で再戦して欲しい」「鷹が逃げるので鷹が追いかけて来るよう、ゆっくり走らせて欲しい」などと要求されました。


>2012年10月21日に放送された「猿VSラジコンカー」では、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうため、「釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした」と暴露した。

これは酷いな(――;)

「ほこ×たて」の視聴者の中には、釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張った「ヤラセ」を知り、動物を虐待したと悲しんでいる人も多いでしょう。


【動画】

「ほこ×たて」でヤラセと動物虐待か? 猿の首に釣り糸を巻き付けラジコンカーで引きずり回す
http://youtu.be/_320W5i5tOI

▼ラジコンカーから猿の首に巻き付けてある釣り糸


フジテレビの社員が動物虐待してまで番組を制作をするのは、人間を虐待した経験があるからです。

「週刊文春」(2012年3月8日号)「【発掘スクープ】〈とんねるず番組だけじゃない〉フジテレビがヒタ隠す“火渡り”で老人に重傷を負わせた最低の番組」


2003年12月4日、フジテレビは普通の「火渡り」では使用しない灯油を用意・炎を燃え盛らせて、老人に「お願いします」と火渡りの実行を促しました。

フジテレビのディレクターらの指示に従い、老人は「火渡り」をしましたが、火渡りの後に火傷で歩くことも出来なくなりました。

12月10日、ついに老人に声をかけても返事がなくなり体温も34度まで低下し、老人は生命が危ぶまれる状態になりました。

信じられないことにフジテレビは、老人が生死の境を彷徨っている間も番組の製作を進めました。

そして老人を「東洋のランボー」と呼び、生死の境を彷徨っている老人を笑い者にして放送しました。

2007年9月、老人は腎不全で死亡し、腎機能の低下は火傷によってもたらされたものでした。




【関連記事】

フジテレビ『爆笑 大日本アカン警察』


フジテレビの社員は視聴者を騙す詐欺師です。

2012年に「ほこ×たて」の石川綾一プロデューサーは毎日新聞のインタビューで、「矛盾対決は、平等なルールで戦ってもらうことを大事にしている」と言い切っていました。



ほこ×たて :人気バラエティー制作の裏側 プロデューサーが語る

「ほこ×たて」について語る石川綾一プロデューサー

(中略)

根底には「視聴者、出演者、番組スタッフのみんなが幸せな気分になれる番組を作りたい」という思いがある。「(出演した)人が傷つかないこと。納得した上で出演していただいて、放送を見ても、勝っても負けても納得してもらいたい」という思いが強く、対決は「平等なルールで戦ってもらうこと」を大事にしている。「対決者を知らないまま戦ってもらうことが多いので、その分、責任を持って負けた人も納得できる平等なルールを作ることにしている」といい、「戦いが終わったあと、お互いをたたえ合っているところは絶対に放送する。そういうところがすがすがしさになればいい」と考えを明かした。

 目指すのは「親子そろってみられるバラエティー」。勝敗の予想がつかない対決は「年齢層でとらえ方が違うのか、オールターゲットに見られている」と手応えを感じている。そして子供たちに対して「トータルで職業図鑑になっていますから、将来職業に就く時の参考になれば。そして子供が、自分の親が普段これだけ仕事を頑張っているっていうことを感謝して見るという雰囲気になれば」と願いを語った。
2012年07月29日 毎日新聞デジタル抜粋
http://mantan-web.jp/2012/07/29/20120728dog00m200017000c.html




>また最後に、「フジテレビさんには放送開始当初の輝いていた人気番組『ほこ×たて』の再興を強く願っております」と記している。

『ほこ×たて』は放送打ち切りにするべきだ!

そもそも、フジテレビの番組には『やらせ』疑惑が多く、『ほこ×たて』は他にも『やらせ』対決を放送している可能性は否定できません。

フジテレビが2月5日に生放送した「全日本温泉宿アワード2013」で、『やらせ』が発覚しました。

温泉関係各界から推薦された温泉宿の中から、生放送の視聴者による電話投票で「ナンバー1の温泉宿」を決定しました。

フジテレビは視聴者よって「日本一」を決めると謳っているのに、アナウンサーが「蟹御殿に決定しました!」と発表しただけでした。


グランプリに選ばれた温泉宿は・・・「蟹御殿に決定しました!」


フジテレビは、「蟹御殿」の獲得投票数も発表しないで、2位以下の温泉宿の順位の発表もしませんでした。

「蟹御殿」を推薦したことになっていたカメラマンの立木寛彦は、「蟹御殿に行ったことがない」と明かしました。

立木寛彦は、「最後に番組スタッフから台本を手渡され、この通り喋ってくれと言われた。その時、初めて自分が蟹御殿の推薦者になっていたことを知った」と、『やらせ』を認めました。


【関連記事】

最初から仕組まれてた「全日本温泉宿アワード2013」1位旅館


「ほこ×たて」の石川綾一プロデューサーは、バラエティー制作センターへの異動前は「とくダネ!」のディレクターでした。

◇プロフィル
石川綾一(いしかわ・りょういち)。98年に朝日放送に入社、03年にフジテレビに転職。情報制作局で「めざましテレビ」「とくダネ!」のディレクターを務めた後、バラエティー制作センターに異動。「ほこ×たて」のほか、「ペケポン」「HEY!HEY!HEY!」「フジテレビに出たい人TV」などのバラエティー番組を手がけている。現在、同センターチーフプロデューサー。




現在、その「とくダネ!」の放送について、批判が殺到しています。

7月5日に放送した「とくダネ!」は、ベンチャー企業「エステート24ホールディングス」の社長、秋田新太郎のことを、ネットの中傷被害に遭った被害者として擁護しました。


【動画】

エステート24の秋田新太郎社長、ネットの中傷書き込みを月1000万円かけ削除
http://youtu.be/sL8kqpaOdVw


フジ「とくダネ!」報道に批判が続出 詐欺容疑社長を「ネット中傷被害者」と取り上げる

詐欺容疑で逮捕されたベンチャー企業社長をネット中傷被害に遭ったと擁護していたとして、フジテレビ系ワイドショー「とくダネ!」に批判が相次いでいる。しかし、フジ側は、この騒ぎに沈黙したままだ。
大阪市のこのベンチャー企業「エステート24ホールディングス」は、自ら太陽光発電システム販売で実績ナンバー1とうたい、読売新聞によると、「ベンチャーの旗手」とも呼ばれていた。

掲示板書き込みは当たっていた?

「とくダネ!」は、2013年7月5日に放送したネット中傷の特集で、10月19日に詐欺の疑いで大阪府警に逮捕された社長の秋田新太郎容疑者(28)をその被害者として取り上げていた。
秋田容疑者には、番組のディレクターが取材し、1月ごろから会社を中傷するコメントがネット上のあらゆるところで書き込まれるようになったと紹介した。ある掲示板には、社員を名乗って、「給料の支払いが遅れています」「秋田氏、偽造パスポートで海外逃亡計画中」との書き込みがあったとした。
番組では、秋田容疑者は、偽造パスポートについて苦笑して、「ありえないですよね」と言い、給料遅配についても、「1回も遅れたことないですね」と否定していた。

今回の事件では、他行から融資を受けたとウソをつくなどして、みずほ銀行から2億円を融資させてだまし取ったとされている。もしこの容疑が事実なら、「返す気ないのに銀行から融資を引っ張りまくっている」といった掲示板書き込みは当たっていたことになるが、番組では、「会社の評判を貶めるウソ」と断定して紹介した。
さらに、番組は、会社がメーカーとの取引がなくなるなど数十億円の被害を受け、毎月1000万円以上をかけて中傷書き込みを消しているとの秋田容疑者のコメントをそのまま流していた。

「詳細はお答えしておりません」

「とくダネ!」の秋田新太郎容疑者擁護については、ネット上で、その内容が紹介されて、批判的な意見が続出している。

「これは裏取りをしなかったフジが悪いな」「最初から『ネット=悪』と決めつけてかかるからこうなる」「フジはきちんと説明しないと犯罪者擁護したことになるね」

今回の事件報道によると、エステート24ホールディングスは、2012年9月にはみずほ銀行をだましていた疑いがある。さらに、月刊誌「ファクタ」はこの年の12月号で、会社について、最近になって一部の金融機関に対する借入金の返済が滞っていると噂されていると報じ、疑惑の一端が浮上し始めていた。13年3月には、情報サイトにこうしたお金に関するトラブルが続出していると書かれるなど、ネット上でも疑問が持ち上がっていた。

フジは、調べれば分かる可能性もあったのに、なぜそうしなかったのか。今回の事件では、余罪がある疑いも報じられており、フジが擁護したために、被害が広がった恐れはないのだろうか。
「とくダネ!」の2013年10月21日放送では、事件についても触れられていない。フジテレビの広報部では、取材に対し、「番組の制作内容、取材経緯の詳細についてはお答えしておりません」とだけ回答している。
なお、会社は9~10月に、芸能人や政治家らをイベントに呼んで、事業のPRをしており、ネット上では、こうした動きにも批判が出ている。会社のホームページはすでに削除されており、本社に電話をしても応答がなかった。
2013/10/21 J-CAST ニュース




「ほこ×たて」で数々の「やらせ」をし、「とくダネ!」では詐欺容疑社長を「ネット中傷被害者」と擁護したフジテレビの社員や出演者は視聴者を騙す詐欺師です。

フジテレビは廃業しろ!


と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓





人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。