HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト売国政策・法案  »  韓国猛毒食品リストを憤怒公開する!(1)酒から軽油、冷麺から大腸菌・韓国食品の輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例「中国産より危険度高い」指摘、政府は国民の食の安全を守るために輸入禁止措置をとれ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



↑↑「韓国は嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>


韓国猛毒食品リストを憤怒公開する!(1)酒から軽油、冷麺から大腸菌

明確な理由もなく、福島県など日本の8県の水産物輸入禁止措置を決めた韓国。ちょっと、待て。我が国に輸入されている韓国食品のほうがよっぽど猛毒ではないのか。キムチ、マッコリ、麺‥‥なじみのあるこれらの食品は、実は中国産食品よりアブナイものだった。その背景にある驚愕の実態を公開する。

「日本人のお客さんで韓国食品を買う人が激減しました。賞味期限の問題もあり、ワゴンに入れて格安で投げ売りしている状態です」

 こうボヤくのは、ある食料雑貨店の店主である。最近、韓国の食品に対する不信感が広がっている。消費者問題研究所代表で食品問題評論家の垣田達哉氏が解説する。

「大量に輸入される中国食品に比べて、韓国食品は量も少なかったので目立ちませんでした。ところが、日本でも知名度の高い『辛ラーメン』の騒ぎが起こり、意識されるようになりました」

 この騒動は、昨年10月、韓国の食品医薬品安全庁が4社9製品から、基準値を超える発ガン性物質ベンゾビレンを検出したのがキッカケだった。経済部記者が語る。

「検出された食品のうち『辛ラーメン』のメーカーである『農心』の製品が6種類含まれていました。『辛ラーメン』からは検出されなかったものの、指摘された商品のうち2種類が日本で流通。また、一部のスーパーなどから韓国食品が撤去されたのです」

 昨年末には、韓国の高校で集団食中毒が発生し、キムチからノロウイルスが検出され、751万トンに回収命令が出された。また、今年3月には焼酎「チャミスル」から軽油成分が検出、7月には冷麺などの食品が大腸菌に汚染されていることも明らかになった。在韓日本大使館が、ホームページを通じて渡航者に「食中毒に注意」と異例の注意勧告を行っているほどだ。また、大手食品メーカーの粉ミルクからカエルの死骸が見つかったり、乾燥麺から金属片が発見された。

そんな中、オリンピックの開催地が東京に決まる直前の9月6日、韓国政府が突然、福島など日本の8県の水産物を輸入禁止にすることを発表したのだ。

「これを受けて、菅義偉官房長官は『科学的根拠に基づいて対応してほしい』と苦言を呈しました。日本国内では東京五輪に対する妨害という意見も目立ちました」(前出・経済部記者)

 一連の韓国内の食品の問題は日本にも知られることとなり、この輸入禁止措置に対して日本では「どの口で言ってんだッ」という憤怒感情も重なり、韓国からの輸入食品への危険性に対する意識が、より高まることになってしまったのだ。

 日本で輸入食品の監視業務を行っているのは、厚生労働省であり、「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」を公開しているのだが、この中にリストアップされた韓国からの輸入食品は実に40品目に上っているのである。
アサ芸プラス2013年10月18日
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_16456



>「日本人のお客さんで韓国食品を買う人が激減しました。賞味期限の問題もあり、ワゴンに入れて格安で投げ売りしている状態です」


良い傾向だ^^

4月28日、韓国農水産食品流通公社は、韓国食品の代表品目であるマッコリやラーメンなどの対日輸出額が、大幅に減少していることを明らかにしました。

発表によると、2012年のマッコリの対日輸出額は3200万ドルで、11年よりも33.9%減少し、ラーメンは18.7%減少した8400万ドルでした。

他には、サムゲタン14.4%、コチュジャン5.1%、キムチ2.6%など、韓国食品の主要品目の対日輸出額が軒並み前年を下回りました。

農水産食品流通公社は、李明博前大統領による天皇謝罪要求発言や、竹島への不法上陸などにより日本国内で反韓感情が高まり、輸出減少に影響を与えたとの見方を示しました。

今年に入り、朴槿恵大統領の対日強硬発言や、慰安婦などの歴史認識や対馬の仏像盗難事件があるので、さらに韓国食品の対日輸出額は減少するでしょう。


>「大量に輸入される中国食品に比べて、韓国食品は量も少なかったので目立ちませんでした。ところが、日本でも知名度の高い『辛ラーメン』の騒ぎが起こり、意識されるようになりました」

2012年10月、「農心」が販売するラーメンやうどんなど6種類のスープから、発ガン性物質のベンゾピレンが検出されました。

世界保健機関(WHO)傘下の国際がん研究所は、ベンゾピレンを1級発がん物質に分類しています。

ベンゾピレンは人体に蓄積された場合はガンを誘発し、突然変異を起こす環境ホルモンとされています。

日本では、ベンゾビレンは食品に入れる物質ではなく食品添加物にはならないために、ベンゾビレンについての基準はなく、通常は検査をしていないそうです。

農心ジャパンは、ベンゾビレンが検出された商品6種類のうち、2種類が新大久保などの韓国食材スーパーを中心に売られていることを明らかにしました。

2012年10月23日、新大久保のある韓国食材スーパーは、食品の陳列棚から「農心」のノグリラーメンの商品を撤去したことを明らかにしました。


>昨年末には、韓国の高校で集団食中毒が発生し、キムチからノロウイルスが検出され、751万トンに回収命令が出された。

マスコミは報道しませんでしたが、韓国への修学旅行で、石川県の高校が韓国でO-111に集団感染して帰国した集団食中毒事件が起きました。

韓国に行った石川県立高校の2年生357名中107名(30.0%)が下痢や腹痛等の症状を訴えたため、修学旅行参加者全員の便培養検査を実施したところ、関係者を含め103名のO-111感染を確認しました。


韓国へ修学旅行 103名がO-111集団食中毒 マスコミスルー

韓国料理には、大量のトウガラシが使われています。

そして、韓国人は胃がんの発生率が非常に高いことは有名です。


胃ガン発生率、韓国人がダントツで世界トップ!

 死亡者の3人から4人に一人ががんで命を落とす中、韓国にはがんの発生状況に関して三つの大きな特徴がある。他国では減りつつある男性の胃がんと女性の甲状腺がんがそれぞれ非常に高い発生率を維持している点、過去に多かった女性の子宮頸(けい)がんが急速に減少しつつある点だ。
2009/07/13朝鮮日報抜粋




トウガラシの辛味成分「カプサイシン」は、「がん」の発生を促進します。

カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明

【ソウル6日聯合ニュース】各国で料理に愛用されているトウガラシの辛味成分で鎮痛剤にも利用されるカプサイシンが、がんの発生を促進するとの研究結果が出た。
聯合ニュース2010/09/06抜粋



675 :名無しさん@13周年:2013/10/18(金)
キムチの寄生虫有鈎嚢虫怖いな
報道されないが、韓国産の食物が原因と言われている。

【事例】 神奈川県在住、21歳女性。焼き肉が好きでよく食べるが、生肉は食べない。
キムチが好きで、韓国産のキムチ漬けを購入し常食していた。
1ヶ月前から感冒様症状があり、左上肢のしびれと右上肢の筋力低下を感じ来院。
頭部CTスキャンでは脳内に計1~2cmの腫瘤陰影が、血液検査では好酸球の増多が認められた。
このため、寄生虫症を疑って抗体検査を行ったところ有鉤条虫に対する反応が陽性であった。

>7月には冷麺などの食品が大腸菌に汚染されていることも明らかになった。在韓日本大使館が、ホームページを通じて渡航者に「食中毒に注意」と異例の注意勧告を行っているほどだ。

7~8月に、韓国の日本大使館は2回にわたりホームページで、渡航者に「韓国での食中毒にご注意ください」と注意勧告を行いました。

韓国の食品医薬品安全庁は、6月17日~7月3日まで全国1599カ所の飲食店や大型スーパーなどで販売されている食品2038件を回収・検査しました。

7月18日、食品医薬品安全庁は、冷麺・コングクス(豆乳麺)47件から大腸菌が検出され、のり巻きから8件の大腸菌と4件のセレウス菌が検出された調査結果を明らかにしました。

セレウス菌は食中毒菌の一種で、感染すると下痢や嘔吐を引き起こし、熱に強く加熱しても生き残り増殖する菌です。

7月24日、在韓日本大使館は、「風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります。」と注意勧告を行いました。

食品医薬品安全庁は、7月に全国の避暑地周辺の食品取り扱い事業所(10,027カ所)に対する点検を実施しました。

そして、食品衛生法に違反した592カ所に対する管轄地方自治体の行政処分を要請したことを明らかにしました。

8月8日、在韓日本大使館は、「韓国での食中毒にご注意ください」と2回目の注意勧告を行いました。


>また、大手食品メーカーの粉ミルクからカエルの死骸が見つかったり、乾燥麺から金属片が発見された。


8月20日、韓国製の粉ミルクの中から干からびたカエルの死体が見つかりました。


韓国製粉ミルクからカエルの死体、「どんな食品を信じればいいのか」と非難の声―韓国

21日、韓国で粉ミルクの中から干からびたカエルの死体が見つかった。

2013年8月21日、韓国・朝鮮日報によると、韓国全羅南道木浦市で20日、粉ミルクの中から干からびたカエルの死体が見つかった。人民日報が伝えた。

民放テレビ局MBCが20日、夜のニュース番組で報じたもの。木浦市に住む主婦が19日、生後6カ月の女児にミルクを飲ませようとしたところ、使いかけの缶の中から干からびたカエルの死体(全長約4.5ミリ)が出てきた。粉ミルクは国内の有名メーカーの製品という。主婦は見つけた瞬間、驚いて大声で叫んだといい、「子供に何も起きないことを願う」と話している。

メーカー側は「生産過程で4度ろ過処理しており、カエルのような大型の異物が混入することは考えにくい。しかし、パッケージの過程で混入した可能性は否定できず、消費者への賠償と調査を行いたい」と説明した。インターネット上では「どんな食品を信じればいいのか」と非難の声が上がっている。
Record China 8月23日




幼虫、ゴキブリ、ネズミやカエルの死骸など、韓国食品への異物混入は有名です。


>日本で輸入食品の監視業務を行っているのは、厚生労働省

2011年9月22日、民主党政権は、韓国産ヒラメに実施していた精密検査を全面的に免除しました。

翌月、10月から全国各地で、ヒラメの寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」による食中毒が発生しました。

毒ギョーザ事件以降、中共では輸出基準が厳しくなりましたが、韓国は中共ほど輸出基準が厳格ではありません。

また、日本は輸入する際、事前に検疫検査を実施していますが、これは全輸入量の10%だけで、残りの90%は検疫をスルーしています。

8月に韓国産ヒラメから、食品衛生法で流通が禁止されている合成抗菌剤「エンロフロキサシン」が検出されましたが、すでに関西地方などに全量販売されていました。


韓国産ヒラメから合成抗菌剤…保健所が回収指示

横浜市保健所は10日、同市中区の食品輸入会社「マリンライフ」が2日に輸入した韓国産ヒラメから、合成抗菌剤「エンロフロキサシン」が検出されたと発表した。

市保健所によると、厚生労働省が抜き取り検査したヒラメから、同抗菌剤が0・01ppm検出された。

 同抗菌剤を含有する魚介類は食品衛生法で流通が禁止されており、同省から通報を受けた市保健所は10日、同社に対し、すでに関西地方などに全量販売されたヒラメ3000キロを回収するよう指示した。
2013年8月12日 読売新聞抜粋





韓国産“毒食”リスト「中国産より危険度高い」の指摘も 深刻な食品汚染の実態



韓国食品の輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例

厚生労働省が公表する「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」をもとに、韓国輸入食品のうち、禁止されている農薬や食品添加物、病原体に汚染されていたケースをまとめたのが表だ。

 大腸菌や麻痺性貝毒は読んで字のごとくだが、「乾燥ワカメ」に多量残存していた二酸化硫黄も毒性が高い。

 食糧問題研究家の小倉正行氏は「食料品の見た目をきれいにするために使われる漂白剤に含まれる物質。基準値を超えて摂取すると、気管支の障害やアレルギー性の異常過敏反応などを引き起こす危険性がある」と説明する。

 「生鮮きゅうり」から検出されたジクロルボスは有機リン系の殺虫剤で、2008年1月に発覚した「中国製冷凍毒ギョーザ事件」で取り沙汰されたのが記憶に新しい。「摂取すれば、頭痛や下痢、吐き気をもよおし、最悪死に至ることもある」と小倉氏。実際、この事件では、10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体となった。

 「生鮮マッシュルーム」に入っていたシペルメトリン、「生鮮青とうがらし」のエトプロホスも人体に有害な殺虫剤の一種。「焼き肉のタレ」に大量に残存していたポリソルベートは、過剰摂取すると免疫系などの異常を引き起こす研究報告があり、「冷凍豚肉」から出たスルファジミジンは国内で使用禁止の合成抗菌剤…。調べるほどに恐ろしくなる。
2013.10.03zakzak抜粋




これまで中共産のウナギを国内産と産地偽装した業者が摘発されてきましたが、韓国産食品を産地偽装する事件も起きています。

6月、プリンスホテルが料理に使っていた「韓国産野菜」を「信州高原野菜」と表示していた産地偽装が発覚しました。


韓国産を「信州高原野菜」…軽井沢プリンスホテル

プリンスホテルが東京都内四つのホテルでメニュー表示と異なる食材を使用していた問題で、同社は24日、新たに長野県などで運営する計12のホテル・宿泊施設で、メニュー表示と異なる食材を使用していたと公表した。利用者に代金を返金するとしている。

 同社によると、軽井沢プリンスホテル(長野県軽井沢町)では今年4月から、一部の料理に使っていた韓国産などの野菜をメニューやホームページで「信州高原野菜」と表示。都内のホテルでは、「地鶏」と表示できない国産の鶏肉を地鶏としていたケースもあった。
2013年6月25日 読売新聞抜粋




韓国産食品は「中国産より危険度高い」と指摘する声があり、日本政府は国民の食の安全を守るべきです。

韓国食品を輸入禁止に!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓





人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html




スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。