HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト韓国  »  豪州の戦争記念館が入り口で「旭日旗」踏ませる!みんな・和田参院議員の告発にネットで「許せん!」の声、安倍首相は豪州政府に「オーストラリア戦争記念館」の「旭日旗」を展示室中央に堂々と掲げるよう要請すべき
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。



人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


豪州の戦争記念館が入り口で「旭日旗」踏ませる! みんな・和田参院議員の告発にネットで「許せん!」の声

「見た瞬間に、『何だこれは!』と思いましたね。なんでこんな展示が……」

みんなの党・和田政宗参院議員は、J-CASTニュースの取材にこう嘆息した。

2013年9月、豪・キャンベラの「オーストラリア戦争記念館」を訪れた和田議員の目に飛び込んできたのは、来館者に足蹴にされ、踏みつけられる「旭日旗」の姿だった。

旭日旗が「玄関マット」状態に


問題の記念館は、豪州の戦没軍人を追悼する国立施設だ。和田議員は9月、参議院から派遣されて他の議員とともに豪州を視察し、21日に記念館に立ち寄ったという。

記念館は、多くの歴史的な軍事資料も展示している。和田議員は第2次大戦のコーナーに足を踏み入れた。ところがその通路の床に、思わぬものを見つける。旭日旗だ。天井に設置されていると思しきプロジェクターから、旭日旗の映像が、ちょうど「玄関マット」のような格好で照射されていたのだ。部屋の入口にあることもあって、来館客たちは続々と映し出された旭日旗を踏みつけながら、展示室に入っていく。

日本と豪州には第2次大戦当時、「敵国」同士として戦った過去がある。日本による空襲や捕虜収容所での犠牲者も出ており、複雑な感情があってもおかしくはない。しかしそれにしても、旭日旗を踏みつけにするようなやり方は「どう考えてもおかしいじゃないですか」と和田議員は憤慨する。

「旭日旗は今なお自衛隊の旗として用いられており、国旗に準ずる旗です。ましてや当時の旭日旗は、天皇陛下からいただいたもの。それを踏まれるというのは……」

フェイスブックへの投稿で大きく拡散

和田議員は当日中にシドニーの総領事館を通じ、キャンベラの日本大使館から当局に抗議と撤回を申し入れるよう求めたという。「オーストラリア側がしっかりとした理解がないまま展示をしているのではないか」という思いもあり、先方が穏便に撤回をしてくれれば――と帰国後もしばらくはこの事実を公にはしなかったが、2週間近くが過ぎても進展がなく、8日にフェイスブックやブログなどで現地の写真を投稿した。投稿はフェイスブックやツイッターなどを通じて拡散し、ネットでは怒りの声が広がった。

和田議員は日本政府に対し、抗議の有無、また旭日旗を国としてどう扱うのかについて、質問主意書を提出する予定だという。
2013/10/15 J-CAST ニュース
http://www.j-cast.com/2013/10/15186309.html?p=all



>みんなの党・和田政宗参院議員

和田政宗参院議員は、7月21日の参院選に宮城県選挙区から出馬し、民主党の岡崎トミ子が韓国で行われた反日デモに参加したことや、民主党の復興政策などを批判しました。

2003年2月12日、岡崎トミ子は国民の血税で日本の国会議員として初めてソウルの日本大使館前で行われた反日デモ(水曜デモ)に参加。韓国人と一緒に日本大使館に向かって拳を振り上げ、マイクを持って演説し謝罪と賠償を求めた。

参院選で和田政宗は岡崎トミ子との接戦を制して初当選し、民主党結党メンバーで、県連代表も2度務めた岡崎トミ子が議席を失いました。


>2013年9月、豪・キャンベラの「オーストラリア戦争記念館」を訪れた和田議員の目に飛び込んできたのは、来館者に足蹴にされ、踏みつけられる「旭日旗」の姿だった。

ふざけるな!

大東亜戦争中なら敵国日本の「日章旗」や「旭日旗」を踏みつける行為はあったでしょうが、すでに戦後68年も経っているのです。

豪州の戦没軍人を追悼する「オーストラリア戦争記念館」第2次大戦のコーナーで、「旭日旗」の映像が天井から床に「玄関マット」のように映し出され踏まれている。


日本軍侵攻に対し、オーストラリア国民の奮起を促すポスター。


戦争捕虜となったオーストラリア軍兵士。
(とされているだけで真実は不明)

脱走したオーストラリア軍兵士の斬首処刑写真。この写真はニューギニア島で戦死した日本軍将校の死体から発見された。
(とされているだけで出処は不明)

画像はブログ「いちご畑よ永遠に」より転載


>日本と豪州には第2次大戦当時、「敵国」同士として戦った過去がある。日本による空襲や捕虜収容所での犠牲者も出ており、複雑な感情があってもおかしくはない。

これは戦勝国史観の物言いであり、大東亜戦争で米・豪など連合国は、日本人や日本兵を虐殺・虐待しました。

大東亜戦争までの時代背景を見ると、アメリカなど白色帝国主義国家による植民地支配や、白人社会に有色人種差別意識がありました。

日清戦争当時、ドイツ皇帝ヴィルヘルム二世は黄色人種(具体的には日本人) の進出によって、今後白色人種に災禍がもたらされるとする黄禍論(Yellow Peril)を唱えました。

この黄色人種脅威論は白人国家に広がり、白人社会に存在した人種差別意識や有色人種に対する嫌悪感により支持されると共に、警戒感を造成しました。

日露戦争では、白人諸国がロシアの勝利を予想したにもかかわらず、日本はロシアを打ち破りましたが、これは近現代史上初めて白人が有色人種に敗れたことでした。



インドの ジャワハルラル ・ ネール (後のインド首相)

小さな日本が大国ロシアに勝ったことは、インドに深い印象を刻み付けた。日本が最も強大なヨーロッパの一国に対して勝つことができて、どうしてそれが インドに出来ないといえようか。だから日本の勝利はアジアにとって偉大な救いであった。インドで我々が長い間捕らわれていた劣等感を取り除いてくれた。




日露戦争で、アジアの小国の日本が勝利を収めたことにより、白人国家は日本が白人による世界支配体制を脅かす存在になると考え始めました。

その後白人国家は、日本の資源断ちをするなど、日本からの開戦を仕掛けました。



●1939年
7月、米国が日米通商航海条約を破棄
●1940年
1月、米国が錫、屑鉄の対日輸出額を前年度の半分にすると通告 
6月、米国が工作機械の対日輸出を禁止
7月、米国が航空機用ガソリンの東半球への輸出を禁止
9月、米国が屑鉄の輸出を全面禁止
●1941年4月、日米交渉開始7月、ルーズベルト大統領など米国首脳がフライング・タイガーによる日本本土爆撃計画に署名7月、米国が在米日本資産を凍結8月、米国が対日石油輸出を全面禁止9月、日本は帝国国策遂行要領10月、東條英機内閣発足、「帝国国策遂行要領」を白紙に和平努力11月26日、米国がハルノート提示 12月8日、真珠湾攻撃・マレー半島侵攻、日本政府による対米英宣戦布告


昭和16年12月8日、日米開戦となりましたが、大東亜戦争とは日本が生きるために行なった自存自衛戦争でした。

日本は、日米交渉で和平努力をしていました。

しかし、昭和16年11月26日、米国側当事者、コーデル・ハル国務長官から日本側に提示された交渉文書「ハル・ノート」により和平を断念しました。

当時、日本は石油の80%をアメリカから輸入し、残りの20%を英国とオランダから輸入していました。

これら3カ国が日本に石油を売らなければ、日本は滅亡したのであり、日本に石油を売らないということは「日本に死ね」と言うのと同じことでした。


日本がハル・ノートを受け入れ、日本が支那や満州から撤退していたら、日本では失業者が溢れ、夥しい数の日本人が餓死などで死んでいたでしょう。

そして、亜細亜の大国の地位を失い、小国に転落すれば、米国・ソ連に植民地支配されていたでしょう。

英国に植民地にされたアイルランドの人口は、1841年の820万人が1911年には444万人と約半分になりました。


【関連記事】

侵略戦争ではなく自存自衛戦争

大東亜戦争当時、米国もオーストラリアも国内に居住する民間の日系住人・日本人移民を強制収容所へ押し込めました。

しかし、同じ枢軸国であるドイツ系、イタリア系住人は収容しませんでした。

これは、有色人種に対する人種差別意識や有色人種に対する嫌悪感から行ったことです。

そして米・豪は、降伏しようとする日本兵や、既に降伏した日本兵を虐殺するなど、日本人兵士に対する不法行為を行いました。



「オーストラリア軍の連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を輸送機で南の方に送らねばならなくなった時の話を覚えているかね?あるパイロットなど、僕にこう言ったものだ。捕虜を機上から山中に突き落とし、ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告しただけの話さ」
(リンドバーグ日記八月六日)



ブーゲンビル島トロキナでは、オーストラリア軍によって、日本軍捕虜に「死の行進」が課せられた。
ナウル島とオーシャン諸島を占領していた日本軍は、一九四五年九月、オーストラリア陸軍の捕虜となった。同月二〇日にナウルの日本兵約二〇〇〇名がトロキナの仮収容所に移送されることとなったが、栄養失調と疫病で衰弱しきっているにもかかわらず、気温三五~三八度の中を一〇マイル行進させられた。
翌日、到着の一二五〇人も同様であった。豪州軍の警備兵は行軍の速度をゆるめることを許さず、水もほとんど与えられなかった。死亡者が続出した。

体験者の回想によれば、川を見つけた日本兵が水を求めて駆け寄ると、川の両側に並んだ豪州軍将校たちが水を飲ませまいと、足で水をかき混ぜて泥水にし、そのうえ銃を向けて威嚇した。一〇月八日に着いたナウルからの七〇〇人とオーシャンからの五一三人も同じ扱いを受けた。
くわえて、一〇月末にファウロ群島の常設収容所に移動させられた時には、マラリヤに多数が感染したが、豪州軍は予防薬を支給しなかった。捕虜のほとんど全員が感染、約七〇〇名が死亡したとみられる。
「日本の反論」米田健三著



ニューギニア戦線でのオーストラリア軍や、マッカサー指揮下の第41師団は、「捕虜を取らない」つまり武器を捨て両手を上に挙げて降伏しようとする日本兵や、既に降伏した日本兵を殺すので有名だった。軍事歴史家 デニス・ウォーナーは1982年に出版した日本の特攻隊に関する本の中で、ブーゲンビル島での自らの体験を紹介している。そこで彼は、投降しようとした日本の負傷兵を、オーストラリア軍の司令官が射殺するように命じるのを目撃する。

終戦直後ある米陸軍大尉が公表した記事には、第41師団、捕虜を取らずという堂々たる見出しが付けられていた。この師団が例外的に日本兵を捕虜にしたのは、軍事情報の収集のために捕虜が必要な場合だけであった。
(容赦なき戦争、副題太平洋戦争における人種差別、カリフォルニア大学教授 ジョン・ダワー著 )




ジャワハルラル ・ ネールインド首相の妹のパンデイット夫人は、1945年 にアメリカを訪れた際、「太平洋戦争は本質的には人種戦争だ」と述べました 。


>「旭日旗は今なお自衛隊の旗として用いられており、国旗に準ずる旗です。ましてや当時の旭日旗は、天皇陛下からいただいたもの。それを踏まれるというのは……」

そうだ!

自衛隊では、自衛艦旗も連隊旗も「旭日旗」であり、「旭日旗」は自衛隊の正規の旗です。



2003年4月22日インド洋補給終了
洋上補給100隻を達成、給油した各国の旗を並べ記念写真に収まる海自の補給艦「ときわ」乗員


「旭日旗」とは、祝事には奉祝旗として「日の丸」と共に掲げられることもある「日本の準国旗」です。


明治時代の祝日風景

新年を迎える街の風景(2012年12月29日)
画像はブログ「ミスターXのブログ」より。


【関連記事】

「旭日旗使用なら刑罰」に韓国


オーストラリア政府は、「旭日旗」に難癖を付けて非難している韓国人が踏みにいく前に、「オーストラリア戦争記念館」の「旭日旗」の展示場所を改善するべきです。

10月15日、安倍首相は総理大臣官邸で、オーストラリア連邦のジュリー・ビショップ外務大臣による表敬を受けました。

安倍首相は、「日豪関係を戦略的パートナーとして、さらなる高みに引き上げたい」と述べ、安全保障や経済分野などでの日豪協力関係を一層強化する方針を確認しました


オーストラリアのジュリー・ビショップ外相(左)と握手する安倍晋三首相=15日、首相官邸


安倍首相はオーストラリア政府に、「オーストラリア戦争記念館」の「旭日旗」を踏まれる床ではなく、展示室の中央に堂々と掲げるように要請するべきです。

「旭日旗」を踏むことを許せない!



人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html






スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。