HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト日韓併合・従軍慰安婦  »  「100年前、中国は韓国と協力して日本帝国主義と戦った」サイバー外交使節団VANK(バンク)中共で日本の歴史蛮行を広報、韓国政府「大韓民国臨時政府」の正統性とその継承の主張は「日韓併合は不法」に反する
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。



人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


バンク、中国で日帝過去の歴史蛮行広報出る


(ソウル=聯合ニュース)サイバー外交使節団バンクが中国大学生、外国人および韓国人留学生を対象に独島(ドクト、日本名:竹島)と日本帝国主義の過去の歴史を正しく知らせる。

バンクは15日から23日まで8泊9日で中国北京と上海、南京で'21世紀新ハーグ、中国プロジェ クト'を展開する。今回のプロジェクトは「世界地図を変えて大韓民国を世界に知らせる韓国青年の偉大な挑戦とアジア平和に向けた韓国-中国青年たちの偉大な実践」を主題に中国の主要大学を訪問し、独島と大韓民国の歴史を正しく知らせるために用意された。

バンクは15~17日、北京で精華大外国人留学生会を始め北京大および人民大留学生、韓国国際学校で日本の過去の歴史カンファレンス、特講、懇談会を開催する。また、18~20日には大韓民国臨時政府が立てられた上海で韓国人学校、歴史学校、外国人大学、朝鮮族学校、駐上海韓国文化院など訪問して、21~23日には南京で中国人を対象に日本の過去の歴史広報に出る。

バンクは中国の大学生が集まる団体とも懇談会を開き、日本の過去の歴史蛮行に対する共感を形成し、中国内の韓国留学生らとは周辺博物館、教科書、ウェブサイトに日本海表記の誤りの問題点を知らせる計画だ。

合わせて中国内ハングル学校と協力し、中国のウェブサイトに表記された東海の日本海表記の誤りなど是正方法を積極的に知らせ、現地中国の韓国人同胞と子供たちが韓国に対する誤った情報を自ら直せるよう推進する予定だ。

バンク関係者は「100年前、中国は韓国の独立運動に協力し共同で日本帝国主義と戦った歴史的経験がある。21世紀、韓国と中国の子孫が歴史精神を継承して日本帝国主義の過去の歴史を解決し、韓国を正しく知らせるために協力すれば、韓国と中国が東北アジアの平和中心国として跳躍できるだろう」と話した。
2013-10-14SBSニュース(韓国語)
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1002027046




>サイバー外交使節団バンクが中国大学生、外国人および韓国人留学生を対象に独島(ドクト、日本名:竹島)と日本帝国主義の過去の歴史を正しく知らせる

韓国のサイバー外交使節団「VANK」(バンク)は、慰安婦や竹島などについて反日広報活動を展開しています。

日本の「東京五輪」招致に対して「VANK」は、IOCや米国メディアに書簡を送りつけるなど、ネガティブキャンペーンを展開しました。


「反韓デモの日本は五輪の資格なし」バンクがIOCなどに書簡送付

韓国のサイバー外交使節団・VANK(バンク)が5日、日本では反韓デモが行われており、オリンピック誘致の資格はないとの書簡を国際オリンピック委員会(IOC)などに送付したことが明らかになった。複数の韓国メディアが報じた。

  韓国メディアは、「嫌韓デモを黙認する日本にオリンピック誘致の資格はない、バンクがIOCに書簡」、「バンク、IOCに日本の反韓デモ中止を要求する書簡発送」などの見出しで伝えた。

  バンクは「2020年のオリンピック誘致競争に乗り出した東京は、平和と人類愛のオリンピック精神に反する行動をしており、これを中断せよ」と要求した。バンクは、この書簡をニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、CNNなど、世界の主要メディアの記者にも発送したという。

  バンクのパク・キテ団長は「東京や大阪の反韓デモは、民族差別的性格を帯びているだけでなく、世界を戦争の恐怖に追い込んで数々の隣人に消すことができない傷を残した帝国主義の復活を叫ぶ。日本の当局はこのような状況を黙認しており、オリンピック精神と共存できないことをIOCと海外メディアに伝えるため、書簡を送った」と趣旨を説明した。
2013/04/05サーチナ抜粋




>バンク関係者は「100年前、中国は韓国の独立運動に協力し共同で日本帝国主義と戦った歴史的経験がある。


大韓民国臨時政府の光復軍か^^

1910年(明治43年)8月22日(調印日:公布29日)、日本と韓国は、「日韓併合条約」(韓国併合ニ関スル条約)を締結しました。

日韓併合までの時代背景を見ると、韓国の宗主国の「清」は改革に失敗し、ロシアが南下してきて朝鮮半島を脅かしていました。

大韓帝国(朝鮮半島)は、ロシアの支配下になるのは目に見えていました。

亡国の危機に大韓帝国はロシアと戦えず、大韓帝国は日韓併合により朝鮮民族の存続を行ったのです。

日韓併合条約とは、当時の国際法に則った条約を欧米列強諸国の承認の下に締結しています。

国際社会の中に在って、英国や米国など一国からの批判も浴びることなく認められ、国際慣例を遵守した正規の二国間条約です。


日本が朝鮮を植民地にする気があれば、わざわざ韓国の承認を得る必要はなく、武力制圧すればよいので、ここまで平和的な併合は世界にも類を見ない事です。

それなのに韓国は、日韓併合後に韓国人による「日本からの独立運動」が起きたと主張しています。


韓国は、1919年3月1日に日本統治下の朝鮮で起きた集団テロ事件を、「3・1独立運動」などと呼んで美化しています。

「3・1独立運動」の真実は、日韓併合前に悪事を働いていた両班などが、日韓併合後に法治主義となったために農民等からの搾取が出来なくなり、元軍人、共産主義者、米国の宣教師に誑かされたキリスト教徒などと行った集団テロです。



2012年8月14日
李明博「日王が韓国を訪問したいのならば独立運動で亡くなった人々を訪ね、土下座して謝罪するなら来なさい」
2013年3月1日「三一節」政府式典

朴槿恵「日本は歴史を正しく直視し責任ある姿勢を示せ。加害者と被害者の立場は、1000年経っても変わらない」



1919年4月、上海にいた朝鮮人が臨時議政院を組織し、李承晩を首班とする閣僚を選出、臨時憲章を制定して「大韓民国臨時政府」の樹立を宣言しました。


上海市内で樹立した臨時政府は、戦況に応じて上海から南京や広州、重慶などに移りました。

1940年に「光復軍」が創設されましたが、日本軍と戦ったという記録は存在しません。

それでも韓国人は、1941年12月10日に大韓民国臨時政府が「対日宣戦」を布告し、声明を発表して「光復軍」が日本と戦ったと信じています。


臨時政府の対日宣戦布告71周年 記念式開催へ=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国が自主独立の意志を世界に発信した大韓民国臨時政府の対日宣戦布告から10日で71周年を迎える。ソウル市内の白凡金九記念館では同日、記念式典が開催される。

 式典には独立運動関係者ら約300人が出席する。宣戦布告文の朗読や3・1女性同士会の独立軍歌合唱、万歳三唱などが行われる。

 大韓民国臨時政府は日本の真珠湾攻撃で太平洋戦争が開戦したことを受け、1941年12月10日 に対日宣戦を布告し、声明を発表した。
2012年12月7日中央日報日本語版 



2012年に韓国の国会で、満州国軍の間島特設隊の少尉だった元韓国軍大将は、「光復軍(独立軍)を討伐した」として「民族反逆者」と非難されました。

元韓国軍大将は、「韓国独立軍など見たこともないのに、どうやって討伐できるのか」と明言しました。



韓国国会「誤った過去を持つ民族の反逆者が、大韓民国軍の指導者であること自体が恥ずかしいことだ」

野党・民主統合党の金光珍(キム・グァンジン)議員=31=は19日、国会国防委員会で行われた国政監査で、韓国軍の元老ペク・ソンヨプ将軍(予備役陸軍大将)=92=に対し、このように侮辱した。

問題視しているのは、日本統治時代にペク将軍が満州軍官学校を卒業し、(日本の)間島特設隊の少尉として活動していた事実だ。ペク将軍も回顧録の中で自らこのことを認めており、また当時は韓国独立軍ではなく中国共産党の八路軍を撃退する活動を主に行っていたという。

国会で行われた国政監査で、ペク将軍は「民族反逆者」と名指しで非難された。

ペク将軍に対して「韓国独立軍を討伐した」などと非難する声も出ているが、ペク将軍自身は「韓国独立軍など見たこともないのに、どうやって討伐できるのか?」と反論している。
2012/10/22朝鮮日報




上海の大韓民国臨時政府の史跡前で記念撮影する韓国人観光客。内部は改装され記念館になっている。

現在、韓国政府は、大韓民国臨時政府の正統性とその継承を主張しています。

例えば、韓国の現憲法の前文では、「大韓民国は3.1運動により建てられた大韓民国臨時政府の法統を受け継ぐ」と規定しています。

しかし、当時の大韓民国臨時政府は、枢軸国・連合国双方からいかなる地位としても認められず、国際的承認を得られませんでした。

大東亜戦争後に朝鮮に進駐した米国軍は、大韓民国臨時政府を解体して軍政を敷き、サンフランシスコ講和条約の署名も認めませんでした。

そもそも、「大韓民国」の建国は1948年であり、大韓民国臨時政府が対日宣戦を布告した1941年12月10日の時点で存在していません。

大韓民国臨時政府が初代大統領に選出した「李承晩」は、韓国で1948年から60年まで初代大統領を務め、日本の「竹島」を火付け強盗しました。

つまり韓国政府は、大韓民国臨時政府の正統性とその継承を主張することにより、「大韓民国」も大東亜戦争の戦勝国と歴史を捏造したいのです。

しかし、韓国政府は大韓民国臨時政府の継承を主張することは、「日韓併合は強制併合で不法だ」との主張に反することだと理解していません。



大韓民国臨時政府樹立は、日韓併合合法が前提だった


1910年の日韓併合は不法であったとする主張が、韓国では強く打ち出されています。
当時は大韓帝国の時代であり、主権は皇帝(純宗)にありました。併合条約では第一条に、
「 第一条 韓国皇帝陛下ハ韓国全部ニ関スル一切ノ統治権ヲ完全且永久ニ日本国皇帝陛下ニ譲与ス」 とあります。
従って、日韓併合条約が不法であるとする主張からすると、韓国皇帝は日本の天皇に統治権を譲与していないことになりますので、大韓帝国、つまり韓国皇帝が主権を有する国家体制は存続していなければなりません。

 ところが現在の韓国の原点というべき「大韓民国臨時政府(上海臨時政府)」(1919)では、併合後10年も経っていないにも拘わらず、君主制を否定し、共和制となっています。
 この経過について、韓国の研究者は次のように論じています。
「独立運動過程で、自然と国家の主権について議論がされてきた。結論は共和主義であった。1917年(ママ)、上海の独立運動家たちは全民族が大同団結して臨時政府を樹立することを提案した‘大同団結宣言’がそれである。これは大韓帝国の滅亡について君主である隆熙皇帝が主権を放棄したものと見て、君主が放棄した主権は国民が継承せねばならないとした。」(韓シウン・檀国大学 歴史学科 教授 『朝鮮日報』2009年3月18日付)
つまり大韓民国臨時政府は、大韓帝国の滅亡(=日韓併合条約)によって韓国皇帝は自ら主権を放棄したから、国民が主権を継承した。だから共和制だ、という主張です。

すなわち、大韓民国臨時政府樹立の前提は、大韓帝国の否定、つまりは日韓併合条約が有効だということになります。

併合条約以前の大韓帝国と、その後の臨時政府や現在の韓国とは全く断絶していることは、彼ら自身が認めていますが、その前提は日韓併合条約が合法・有効であったことになります。

ブログ「tsujimoto blog」転載




韓国人は「100年前、中国は韓国と協力して日本帝国主義と戦った」と主張しましたが、朝鮮は日清戦争の日本の勝利で「清」から独立でき、日韓併合により存続できたのが真実です。

歴史を捏造する韓国に未来はない!


人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html






スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。