HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「対馬は韓国の領土だ!」領有権主張に対馬市議会が激怒、昌原市議会訪問団との面談拒否「朝鮮通信使行列は中止だ」韓国は江戸時代の李氏朝鮮の外交使節団「朝鮮通信使」も歴史を捏造、金仁謙の著書『日東壮遊歌』
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、対馬市議会が韓国の訪問団との面談を拒否したことはご存知だと考えます。
 
「対馬は韓国の領土だ!」と領有権主張 市議会が激怒、韓国の訪問団を拒否

長崎県の離島「対馬」に対し、韓国の昌原市議団が訪問して領有権を主張しようとしていたことが分かり、対馬市議会が怒りを露わにしている。しかし、韓国からの観光客に頼っているジレンマもあり、対応に苦慮しているようだ。

「うちは、はっきりとお断りしました。『対馬は韓国の領土』という市議会の方々との面談には、対応しないということです」

観光客に頼るジレンマもあり、対応に苦慮

対馬市議会の事務局長は、取材に対し、韓国・慶尚南道の昌原(チャンウォン)市議会からの懇談申し込みが2013年3月18日にあったことを明らかにしたうえで、こう怒りをぶつけた。

韓国では、以前から対馬の領有権を主張する動きがあり、昌原市議会でも、合併前の議会が05年に「対馬の日」を制定して、その主張を盛り込んでいた。今回の市議ら53人は、そのときのメンバーが中心になっており、対馬市議会は翌19日、議員全員で対応を協議した結果、面談の拒否を決めた。

当初の申し込みでは、領有権主張の話はなく、26、27日に観光で訪れ、対馬の議員とも懇談したいとのことだった。しかし、昌原市議らは韓国国内では、領土問題について意見を戦わせると言っていたという。結局、昌原市議会は22日に訪問自体を止めることを決め、25日になって対馬市議会に連絡があった。

対馬では、韓国人が島内の不動産を次々に購入し、安全保障上の不安も以前から高まっている。また、最近では、市内の観音寺から仏像を盗み出されたうえ、韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決め、騒ぎが広がったばかりだ。
2013/3/25 J-CASTニュース抜粋
http://www.j-cast.com/2013/03/25171037.html?p=all
 
>韓国では、以前から対馬の領有権を主張する動きがあり、昌原市議会でも、合併前の議会が05年に「対馬の日」を制定して、その主張を盛り込んでいた
 
>今回の市議ら53人は、そのときのメンバーが中心になっており、対馬市議会は翌19日、議員全員で対応を協議した結果、面談の拒否を決めた
 
当然だ!
 
韓国は国際法を無視して、対馬の観音寺から盗んだ「観世音菩薩坐像」を返還しない泥棒国家です。
 
しかも、現在の昌原市議会というのは、合併前の馬山市議会が含まれており、馬山市議会とは韓国内でも反日強硬派として有名でした。
 
2005年3月18日、韓国の馬山市議会(現在の昌原市)は、「對馬島の日」(対馬の日)条例を可決しました。
 
 

 
条例は、「対馬島が韓国領土であることを内外に知らしめ、領有権確立を目的とする」と規定しています。
 
 
昌原市議会は18日に、「対馬の日」条例制定8周年記念式を開き、対馬の領有権をあらためて主張しました。
 
>昌原市議会は22日に訪問自体を止めることを決め、25日になって対馬市議会に連絡があった
 
昌原市議会は、対馬市への訪問を延期したことを明らかにしましたが、訪問中止とはしていないので、対馬市への訪問を諦めていません。
 
しかも、延期した理由について、日本の右翼勢力による反発が大きいことや、対馬市議会が訪問に難色を示したとし、対馬市議会が面談の拒否を決めたことを隠しています。
 
韓国地方議員、対馬への訪問…結局延期「不必要な衝突避けたい」

 韓国慶尚南道の昌原市議会は25日、今月26日から2日間の日程で予定していた長崎県対馬市への訪問を延期したことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 ペ・ジョンチョン市議会議長は訪問を延期した理由について、日本の右翼勢力による反発が大きいことや、対馬議会が訪問に難色を示したことから不必要な外交摩擦を避けるためだと説明した。対馬の宿泊施設も議員らの宿泊を敬遠したという。
3月25日サーチナ 抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000031-scn-kr
 
>対馬では、韓国人が島内の不動産を次々に購入し、安全保障上の不安も以前から高まっている
 
対馬では、海上自衛隊対馬防備隊本部の隣接地を、韓国資本が日本人名義で土地の買収をしていた問題も起きました。
 
 

 
2008年11月、対馬の韓国資本不動産買占め問題で、超党派の国会議員連盟「日本の領土を守るために行動する議員連盟」は、対馬市長らを招いて合同会議を開きました。
 
対馬市長の報告では、「 対馬の韓国資本による不動産買い占めは、島全体の0.26%(5500坪)を確認した」ということでした。
 
しかし、この報告には疑問が残ります。
 
第1に、5500坪とは、韓国系企業や韓国人個人の所有だけを示しており、日本人の名義貸し・日本へ帰化した韓国系日本人による不動産を含めていません。
 
第2に、0.26%とは、居住に適さない地域である海岸域・岩礁・山間部などを含めた島の総面積に対する比率で、居住に適した住宅地・商業地など、平地の総面積の比率を出すべきです。
 
国境の島である対馬は、韓国資本による土地買占めや、韓国人観光客によるマナーの悪さが問題となっており、すでに韓国に間接侵略をされたような状況です。
 
 

対馬の中心街にある看板
 

飲食店にハングル文字
 

公衆トイレにハングルの張り紙
 

郵便局にハングル文字
 

日本人は見学もできない免税店
 
対馬で毎年開かれる、「厳原港まつり対馬アリラン祭」の主催者は、「対馬をバカにしている。こんな無礼な国と友好を深める必要があるのか?朝鮮通信使行列はもうやめた方がいい!」と述べています。
 
 

 
揺れる対馬 「朝鮮通信使行列は中止だ」仏像問題で怒り、マナーにうんざり…それでも韓国観光客だのみ

 「対馬をバカにしている。こんな無礼な国と友好を深める必要があるのか? 朝鮮通信使行列(の再現パレード)はもうやめた方がいい!」

 毎年8月に開かれる「厳原港まつり対馬アリラン祭」の主催者で、地元企業などでつくる同祭振興会の山本博己会長(50)はこう語気を強めた。

 祭りのメーンイベントは、江戸時代に対馬藩が仲介役を果たした李氏朝鮮の外交使節団「朝鮮通信使」の行列を約400人で華やかに再現したパレード。韓国から毎年舞踊団ら約40人を招待しており、対馬と朝鮮半島の交流を象徴する催しとして30年以上定着してきた。

 島内には「まるで韓国の祭りだ」と反対の声もあったが、山本氏らは「日韓友好のためだ」と説得した。だが、観音寺の仏像問題をめぐる韓国側の対応に堪忍袋の緒が切れた。

 「韓国人との付き合いも多く、いい人もたくさんいるが、もう韓国という国に我慢ならん。パレード中止は対馬にとってマイナスだという意見もあるだろうが、今年もやるというなら私は会長を降ります」
2013.3.24産経新聞抜粋
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130324/crm13032422000004-n1.htm
 
韓国は、江戸時代の李氏朝鮮の外交使節団「朝鮮通信使」についても、歴史を捏造して韓国人に反日教育をしています。
 
 
日本との関係
 
壬辰倭乱をきっかけに朝鮮と日本の外交関係は断絶していた。したがって、日本は経済的に困難に陥った。ために戦乱後成立した日本の徳川幕府は、先進文物を受け入れるために、対馬島主をとおして交渉を許可するように朝鮮に懇請した。朝鮮では日本が犯した誤りを恨みながらも、建国以来の交隣政策の原則に照らし、制限された範囲内での交渉を許した(1609年、己酉約条)。そうして富山浦に再び倭館が設置され、そこで日本人は米、木綿、人参などを求めていった。

 また、日本は朝鮮を文化の先進国と考え、使節を派遣するよう要請してきた。これに対し、朝鮮では通信使を派遣したが、その一行はおよそ400余人になり、国賓として待遇を受けた。日本は通信使の一行をとおして先進学問と技術を学ぼうと懸命であった。したがって、通信使は外交使節としてだけでなく、朝鮮の先進文化を日本に伝播する役割も果たした。
 
江戸時代の日本は、明らかに朝鮮よりも進んだ国家でした。
 
 

江戸時代の朝鮮(左)と日本
 
江戸時代の1763年から1764年まで、第11次朝鮮通信使の一員として来日した、金仁謙の著した旅行記録「日東壮遊歌」に描かれていることが事実です。
 
「日東壮遊歌」からは、当時の朝鮮がどのように日本を見ていたかを知ることができ、著者、金仁謙の驚嘆、羨望、嫉妬、憤りなどが率直に描かれています。
 

 
『日東壮遊歌』 (現代語訳)

●1764
122日 大阪 
100万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。凄い。 
大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の10倍以上の広さで、銅の屋根で、黄金の内装である。 この贅沢さは異常だ。
 
都市の大きさは約40kmもあり、その全てが繁栄している。信じられない。
 
中国の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
 
世界に、このように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
 
ソウルの繁華街の10000倍の発展だ。
 
北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」と言っている。
 
穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間が中国の周の時代に、この土地にやってきた。
 
そして2000年の間、平和に繁栄し、一つの姓(つまり天皇家)を存続させている。
 
嘆かわしく、恨めしい。
 
●1764128日 京都 
街の繁栄では大阪には及ばない。 
しかし倭王(天皇)が住む都であり、とても贅沢な都市だ。
 
山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広がっている。
 
この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
 
悔しい。 「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
 
悔しい。 この犬のような倭人を全て掃討したい。
 
この土地を朝鮮の領土にして、朝鮮王の徳で礼節の国にしたい。 
 
●176423日 名古屋 
街の繁栄、美しさは大阪と同じだ。 凄い。 
自然の美しさ、人口の多さ、土地の豊かさ、家屋の贅沢さこの旅で最高だ。
 
中原(中国の中心地)にも無い風景だ。
 
朝鮮の都も立派だが、名古屋と比べると、とても寂しい。
 
人々の美しさも最高だ。
 
特に女性が美しい。 美しすぎる。 あれが人間だろうか?
 
「楊貴妃が最高の美人だ」と言われているが、名古屋の女性と比べれば、美しさを失うだろう。
 
(帰路にて)
 
名古屋の美人が道を歩く我々を見ている。
 
我々の一員は、名古屋の美人を一人も見逃さないように、頭を左右に必死に動かしている。 
 
●1764216日 江戸(東京) 
左側には家が連なり、右側には海が広がっている。 
山は全く見えず、肥沃な土地が無限に広がっている。
 
楼閣や屋敷の贅沢さ、、人々の賑わい、男女の華やかさ、城壁の美しさ、橋や船
 
全てが大阪や京都より三倍は優っている。
 
この素晴らしさを文章で表現する事は、私の才能では不可能だ。
 
女性の美しさと華やかさは名古屋と同じだ。 
 

朝鮮人行列図(東京国立博物館)
 
 
朝鮮通信使とは、お寺に魚や肉を持ち込んで食い散らかし、日本人下女を孕ませ、鶏などを盗み、対馬藩の通訳が朝鮮人の窃盗を非難すると逆切れして暴力を振るっていたのです。
 
 

朝鮮通信使仮装行列の「賄い唐人」
腹が減ると生肉を意地汚く食べ散らかす野蛮人

 
 

鶏を盗んで、町人と喧嘩をする朝鮮通信使
 
 
文科省は全国の自治体・教育委員会に対して、公立学校には対馬への修学旅行を推奨するように指導するべきです。
 
日本政府は、国境の島である対馬に自衛隊を増員配備し、軍需で島の経済を支えるなど、政府として島を維持・管理するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、対馬についてご考慮下さい。
 
韓国人から対馬を守ろう!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。