HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト国防・核武装  »  安倍首相が米NYで「中国を標的にした発言」繰り返す、アベノミクス批判の古賀茂明はテレビ朝日「ワイドスクランブル」で「自分を客観視できないナルシスト」と指摘―韓国メディアと韓国人も猛反発
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。



人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


安倍首相が米NYで「中国を標的にした発言」繰り返す、日本の評論家は「自分を客観視できないナルシスト」と指摘―韓国紙

韓国紙・中央日報は27日、安倍晋三首相が米国で演説した際、「右翼の軍国主義者」という表現を使っただけでなく、中国を暗示する発言を何度も行ったと報じた。27日付で中国新聞網が伝えた。

安倍晋三首相は現地時間の25日に米ニューヨークで演説した際、「私を右翼の軍国主義者とお呼びになりたいのであれば、どうぞお呼びいただきたい」と述べた。

また、「日本のすぐ隣」に、「軍事支出が少なくとも日本の2倍で、米国に次いで世界2位という国がある」と指摘。その「日本のすぐ隣」の国は、「毎年10%を超える軍備増強を続けている」のに対し、日本の増加幅はわずか0.8%だと強調した。

安倍首相は名指しこそしなかったものの、中国を指しているのは明らか。こうした発言に対し、韓国のアナリストの間からは「アベノミクスに高い期待が寄せられ、2020年の五輪開催権も勝ち取った。有頂天になっているのだろう。だが、わざわざ米国で中国を“標的”にして日本を際立たせる必要があったか?」との指摘が上がっている。

これを受け、菅義偉官房長官が同日、記者会見を開催すると、日本の記者団から「右翼の軍国主義者という表現は過激すぎで、挑発的ではないか?外部からこう呼ばれているのを受け、やけっぱちで言ったのでは?」との質問が集中した。

経済産業省の元官僚で評論家の古賀茂明氏も、安倍首相の発言に対し、同日のワイドショーで「自分を客観視できないナルシスト」だとバッサリ斬り捨てている。
XINHUA.JP 9月28日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000011-xinhua-cn



>安倍晋三首相は現地時間の25日に米ニューヨークで演説した際、「私を右翼の軍国主義者とお呼びになりたいのであれば、どうぞお呼びいただきたい」と述べた。

>安倍首相は名指しこそしなかったものの、中国を指しているのは明らか。

9月25日(日本時間26日)、安倍首相はニューヨークの講演で軍備増強を続けている中共を牽制しました。

その上で、「日本は11年ぶりに防衛費を増額したが、たった0.8%に過ぎない。私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、どうぞそう呼んでいただきたい」と述べました。

安倍首相の発言に対して、中共だけではなく韓国メディアと韓国人が猛反発しています。


中韓メディア、安倍スピーチに反発

 ■韓国「軍国主義者の本性」

 【ソウル=黒田勝弘】安倍晋三首相の発言に対し、韓国各紙は27日、「本性現る」などと大々的に伝えている。安倍首相にとっては「余裕のユーモア」だったが、“安倍たたき”に熱を上げる韓国メディアには余裕はないようだ。

 韓国や中国での「軍国主義復活」論を皮肉った安倍発言に、ニューヨークの現場では爆笑が沸いたというが、韓国マスコミは「(ついに)本性」(朝鮮日報)とか「突っ走る安倍」(中央日報)「極端発言」(東亜日報)「軍備増強を強弁」(韓国日報)などと真面目に一斉非難している。中には「中国を意識し中国こそ軍国主義と反論したもの」と解説しているのもあったが、安倍首相を「極右」とか「軍国主義」とする非難キャンペーンを続けてきたのはむしろ韓国メディアだった。

 韓国では中国の軍事的膨張には警戒が弱く、その意味で今回の安倍発言は韓国世論に日中比較論を提供するいい機会になっている。
産経新聞 9月28日抜粋




韓国人のコメント

・ヒトラーの子と呼ばなくちゃ。ふふふ共感532非共感11

・あの男は、顔つきじたい、殺人者の顔つきである。共感407非共感7

・猿が追求する世界平和に、日韓関係と放射能は除外されているのか。共感385非共感9

・米国は、Remember Pearl Harborを忘れてしまったのか?1941年の。共感239非共感3

・日本のやつらに武器を与えてはいけない。ポルトガルから連発銃を取り寄せて壬辰倭乱を起こし、アメリカから船を持ってきて朝鮮を侵略した国の人々です。共感126非共感3

・安倍「私をチョッパリと呼ぶなら呼べ」共感115非共感0

・知っています、軍国主義者安倍さん。平和を破壊する準備をしながら、平和を守るという嘘を言いますね。やはり軍国主義者安倍さんです。共感28非共感3

・安倍「私を放射能猿と呼ぶなら呼びなさい」共感19非共感2

・おまえたちが武装しない方が平和だ。戦争犯罪者たち。共感13非共感1

・ヒトラーも第二次世界大戦を引き起こしたとき、人類の平和のためという名分を立てただろう?共感11非共感0

ブログ「嫌韓宣言」転載


>経済産業省の元官僚で評論家の古賀茂明氏も、安倍首相の発言に対し、同日のワイドショーで「自分を客観視できないナルシスト」だとバッサリ斬り捨てている。

朝日新聞が教えたのか?

アベノミクスを批判してきた古賀茂明は、媚中マスコミの代表ともいえるテレビ朝日の「ワイドスクランブル」(9月26日放送)に出演しました。




アナ「東京オリンピック開催決定で波に乗る安倍総理大臣。今度はニューヨークのウォール街で金融関係者を前に大胆発言です。


安倍総理『Buy my アベノミクス』


「アベノミクスは買いですというこの発言だけではありません。安全保障の講演では『私の事を右翼と呼びたいならどうぞ』と刺激的な発言も飛び出しました。」

記者「安倍総理は中国を牽制しながら、オバマ政権内にある右寄りという警戒感の払拭に努めました。


安倍総理「もし皆様が私を右翼の軍国主義者と呼びたいなら、どうぞそうお呼び頂きたい」(笑顔でジョーク ・会場笑い)


この発言は中国の防衛費が世界2位で不透明だと槍玉にあげる一方で、日本の防衛費の増額は0.8%に過ぎないと説明する事で右傾化という批判に反論したものです。


また日本は世界の安全保障に貢献しなければならないと述べ、集団的自衛権の行使に改めて強い意欲を示しました。


そして、証券取引所のスピーチでは与党内で異論が相次いでいる法人減税について帰国後直ちに大胆な減税を断行すると宣言しました。


安倍総理は経済と安全保障の両面で世界に向けて自らの戦略を売り込む事に余念がありません。」

古賀氏「まぁ、やっぱりあのー、コレ見てるとあのー、政治家にはね、普通の人と違う、、まっ一番大きな違う所はあると思うんです。それは自分を客観的に見れないという事なんですよー。


で、あの平気であのー、なんていうかな、真実じゃない事を言えるっていう感じがあって、例えば成長戦略凄いのがでますよって、まっ夏にも言ったんですね。
で、何も出なくて、株が暴落して、来期に出しますって言ったんです。だけど来期にも今度規制改革とか大きなタマはほとんど出ませんっ。あの、減税のバラマキだけはやりますけどね。だからそういう中で、あの成長戦略見ててくださいなんてことが言える、、、、まっあのー、集団的自衛権もイケイケドンドンですしぃ、原発もイケイケドンドンと。言うような感じで、ちょっとそのやっぱり政治家がハイになって、自分を客観的に見れないっていう状況に入って、まぁナルシスト的な状態ですよね。こういうのはね、非常ーーーにアブナイなと思うんです。ただ、あのー安倍政権の凄い所はですね、側近の人達がそういうのをよーく見ていて、あの安倍さんに色んなアドバイスをするんですね。だからこれはまぁニューヨーク、外でアメリカ向けに威勢のいいことを言って、って感じがあると思うんですけれども、まっ一方で国内に帰ってきたらこれから国会始まるから色々安全運転ですよというようなあのアドバイスも、、非常にそこバランスをとるね、チーム安倍って、これ力が結構あるので、

まぁまだそんな簡単にコケるって事はないだろうなっていう気がしますけどね(ニヤニヤ)」

ブログ「テレビにだまされないぞぉ」転載


中共と北朝鮮の核は非難しない似非平和主義者は、防衛費が2012年度から僅か0・8%増となったことを非難していますが、日本人は騙されないようにするべきです。

日本は、GDPに対する防衛費が異常に少なすぎる国です。

1987年の中曽根内閣で、防衛費「GNP1%枠」が撤廃されました。

それなのに、防衛費がGNP比1%を超えたのは、1987年度から3年度連続の防衛費だけです。


防衛費1%枠

防衛計画の大綱のもとで防衛政策を推進する毎年度の予算枠として、1976年、三木武夫内閣の「当面、(防衛費は)国民総生産(GNP)の100分の1に相当する額を超えない」とする閣議決定による方針。1986年12月に第3次中曽根内閣が撤廃を决め、翌年の昭和62年度予算編成から総額明示方式へと転換した。政策の撤廃後も防衛費がGNP比1%を超えたのは1987年度から3年度連続で1%を超えた例しかない。その数値は1.004%、1.013%、1.006%と僅かな超過にとどまっている。




日本の防衛関係費は当初予算で2002年度に4兆9560億円を計上したのがピークで、2003年度から対前年度比でマイナスが続きました。

民主党の野田政権が2012年9月にまとめた2013年度の概算要求でも、12年度比約600億円減の4兆5851億円となっていました。

安倍政権となり、2013年度の防衛費は4兆7538億円と12年度から僅か0・8%増となりました。


中共の軍事費は、当初予算比で25年連続の2桁増のペースで伸びています。

2012年の軍事費は、前年比11.2%増の6703億元(約8兆2900億円)と公表されました。

2013年度予算案の軍事費は、7406億2200万元(約11兆1000億円)で、日本の防衛費の約2・3倍になっています。

しかも、中共の軍事費は外国の装備を調達する費用などは含まれないため、実際はもっと多いと指摘されています。

中共の存在は、日本だけではなくアジア全民族の脅威です。

中共の侵略からアジア諸国を守ることは、中共と対峙できる大国としての日本の義務です。

日本は、国防強化として核武装をするべきです。

日本は、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)搭載可能な原子力潜水艦を保有するべきです。

また、中共・ロシア・北朝鮮などからの核攻撃に備えて、「核シェルター」の普及率を高めるべきです。



【動画】

Fox News " We Need a Nuclear Japan " Columnist Charles Krauthammer ( Japanese subtitle )

http://youtu.be/0TjgNRfGbAE


(一部抜粋)

もうゲームオーバーだ。我々は15年に渡って北朝鮮と交渉してきた。
クリントン、ブッシュ、オバマと3代政権の下でだ。
そしてその交渉はただの敗北ではなく屈辱であった。


今我々が必要としているのはアクションだ。
そしてアクションナンバー1は、日本の核武装だ。
核武装した日本は、特に中国に、国益に関して再考を即すメッセージを送ることになるであろう。
日本の核武装は中国の一連の思惑をひっくり返してしまうことになるであろう。それは中国に外交政策の変更を即すメッセージを送ることになるかもしれないのだ。そうしないことには、何も変わりはしないのだ。


【関連記事】

日本は核兵器(保有)に関するシミュレーション


なんでも日本のやることに猛反発するのが中韓で、政府は尖閣諸島実効支配強化や韓国が竹島返還するまで経済制裁を行うべきです

支那・朝鮮を黙らせる日本にしよう!



人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html





スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。