HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトフジテレビ・捏造韓流  »  『27時間テレビ』AKBメンバーの頭を蹴った加藤浩次 / 番組のBPO審議入りが決定、27時間テレビ大コケでフジCM枠がスッカラカン、大手広告代理店「フジのCM枠が全然売れない。一社だけ売れてない」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
99999999.gif


『27時間テレビ』でAKBメンバーの頭を蹴った加藤浩次さん / 番組のBPO審議入りが決定しネットで賛否両論「芸能界追放」「みのはセーフという判断なら許せない」

bakuretsu.jpg

放送倫理・番組向上機構(BPO)で青少年にとって放送番組の向上を目指している青少年委員会は、2013年9月3日の委員会で、8月3日~4日に放映された「FNS27時間テレビ女子力全開2013」(フジテレビ系)の1コーナーについて討論し、審議入りが決定したと発表した。

・審議入りに賛否の声
BPO の発表によると、そのコーナーを審議の対象としてフジテレビの制作責任者等を招き、意見交換することを決定したそうだ。問題が指摘されているのは、同局の人気バラエティ「めちゃ×2イケてるッ!」でもおなじみの「爆裂お父さん」だ。今回の発表にインターネット上では、賛否の声が上がっている。

・人気コーナー「爆裂お父さん」
爆裂お父さんとは、加藤浩次さん扮するお父さんが毎回いろいろなことをきっかけに、ゲストをジャイアントスイング(両足を持って相手を振り回す)する人気コーナーである。

この日の特番で加藤さんは、AKB48メンバーの渡辺麻友さんをいつも通り容赦なくブンブンとジャイアントスイングした後、顔面に蹴りを入れたのだ。この行為にファンは激怒し、ネット上で物議をかもしていた。

・BPO 委員会での意見
放送から約1カ月経った9月3日、BPO の青少年委員会はこのコーナーについて討論し、審議入りを決定したのだ。委員会では次のような意見がでたという。

「振り回される側が了解していても見ている人を不快にさせる」
「以前にも同じアイドルグループに対して蹴るなどの行為があった。こういった行為は大丈夫と認識されてしまうのか?」
「台本通りの演出だったのかどうかが知りたい」(放送倫理・番組向上機構の発表より引用)

・ネットの声
「めちゃイケは過激でなんぼでしょ」
「バラエティで済ましてはならない」
「アイドルの顔を蹴って面白い?」
「たかがアイドルの顔蹴ったぐらいで放送倫理委員会にかけられるなんて」
「あれは無いだろと思う」
「加藤浩次は芸能界追放でいいですよ」
「たけしがさんまの車を破壊してたあの時代の方がよっぽどだけど」
「加藤浩次はいつものようにやってただけやん」
「アイドルの顔、頭を蹴ることがどういうことか分かっていない」
「みのさんは?」
「足で押してる程度やのにね」
「加藤浩次もテレビから消えて欲しい」
「優しい蹴り方だと思う」
「加藤浩次はアウトで、みのはセーフという判断基準ならば、断じて許せない」

・賛否、真っ向から対立
賛否真っ向から対立し、お互いに一歩も譲らない状況だ。さらには他の芸能人の名前を出して、「なぜ審議入りしない?」と疑問を持つ人もいる。いずれにしても、番組制作者を交えた審議の結果を待ちたい。
9月5日ロケットニュース24

http://rocketnews24.com/2013/09/05/365778/



>放送倫理・番組向上機構(BPO)で青少年にとって放送番組の向上を目指している青少年委員会は、2013年9月3日の委員会で、8月3日~4日に放映された「FNS27時間テレビ女子力全開2013」(フジテレビ系)の1コーナーについて討論し、審議入りが決定したと発表した

後述しますが、放送倫理・番組向上機構(BPO)とは視聴者=日本国民にとっては存在価値のない組織で、やりたい放題のテレビ局社員や出演者を罰することができません。

8月3日から4日に放映されたフジテレビ系列『FNS27時間テレビ女子力全開2013』の平均視聴率は、『FNS27時間テレビ』の歴代最低を記録しました。



『FNS27時間テレビ』歴代平均視聴率

19.9% 1987 タモリ・明石家さんま (夢家族)
14.0% 1988 タモリ・笑福亭鶴瓶 (結ぶ)
14.7% 1989 タモリ・明石家さんま (クイズ)
11.7% 1990 須田哲夫・河野景子 (おたく)
11.7% 1991 桂三枝 (ぶっ闘志)
19.0% 1992 北野武・逸見政孝 (平成教育)
17.9% 1993 北野武・逸見政孝 (平成教育)
13.8% 1994 北野武 (平成夏休みバラエティー)
15.1% 1995 北野武 (そのうちなんとか)
14.4% 1996 北野武 (夢リンピック)
11.6% 1997 ダウンタウン (REBORN)
12.1% 1998 中居正広 (てれずにいいこと)
13.3% 1999 中居正広 (てれずに愛して)
13.9% 2000 中居正広 (家族・愛 LOVE YOU)
11.4% 2001 西山喜久恵、木佐彩子、小島奈津子(笑いの夢列島)
11.6% 2002 みのもんた (みんなのうた)
10.3% 2003 みのもんた (みんなのうた)
16.9% 2004 ナインティナイン・中居正広 (めちゃオキ)
13.0% 2005 笑福亭鶴瓶 (あっつい)
12.6% 2006 中居正広 (クイズ)
12.4% 2007 香取慎吾 (なまか)
13.8% 2008 明石家さんま (笑顔)
13.8% 2009 島田紳助 (ヘキサゴン)
12.6% 2010 島田紳助 (ヘキサゴン)
14.0% 2011 ナインティナイン・中居正広 (めちゃデジ)
14.1% 2012 タモリ (団結)
*9.8% 2013 女芸人 (女子力)


『FNS27時間テレビ』ワースト5

1位2013年 9.8%(20.3%) ← NEW!
2位2003年 10.3%(**.*%)
3位2001年 11.4%(27.5%)
4位1997年 11.6%(22.1%)
5位2002年 11.6%(20.3%)



27時間テレビ大コケでフジCM枠がスッカラカン

フジテレビ毎年恒例の長時間番組『FNS27時間テレビ』が、今年も放送された。

長年に渡り視聴率3冠王に君臨し続けたものの、昨年、年間視聴率3位へと転落した同局は、6月に『踊る大捜査線』シリーズや『海猿』シリーズを手掛けた希代のヒットメーカー、亀山千広氏が新社長に就任。亀山新体制下で初となる27時間テレビは「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」と女性タレントを前面に押し出し、局としてもかなり力を入れたはずだったのだが…。

 「平均視聴率は歴代最低の9.8%という散々たる結果でした。27時間テレビの歴史の中でも、視聴率が二ケタを割ったことは一度もありません。さらには、系列局社長がズボンを脱いで下着を見せたり、加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の顔を蹴ったり、森三中の大島美幸がいきなりオッパイをポロリさせたりと、放送事故寸前の過激な内容に賛否両論が巻き起こるなど、内容的にも問題作となりました」(テレビ局関係者)

 これに対して、フジ社内の反応はというと。

 「普段、テレビ局の中でもどちらかというマイペースな社内も、今回の大コケにはこれはヤバイんじゃないかと危惧する声が相次ぎました。特に、10%を切ったことが大きかった。たった、0.2%の差ですが、視聴率が一ケタに落ちるということをテレビマンはとても気にするんです」(フジテレビ社員)

 大コケの影響はすぐに出たという。

 「27時間テレビのような大イベントは、コケたらその影響は即座に反映されるものなんです。ここだけの話、放送日以降、フジのCM枠が全然売れないんですよ。フジ一社だけが売れてない状態です」(大手広告代理社員)

 同局の経営計画にすら影響を与えかねない大失態に、「来年は大幅なテコ入れが入るのは間違いない」(前同社員)という。(明大昭平)
2013年09月05日 15時30分リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/93266431/



>この日の特番で加藤さんは、AKB48メンバーの渡辺麻友さんをいつも通り容赦なくブンブンとジャイアントスイングした後、顔面に蹴りを入れたのだ。この行為にファンは激怒し、ネット上で物議をかもしていた。

『FNS27時間テレビ』で、『めちゃ×2イケてるッ!』生放送中に加藤浩次はAKB48の渡辺麻友の顔面を足で蹴り、ファンが激怒し抗議が殺到しました。

子供もみている番組内で、加藤浩次は女性に対して暴力行為を働き、フジテレビは放送を中断せずに続けました。

【動画】

【放送事故】まゆゆ 渡辺麻友 に 加藤浩次が顔面蹴り!スタジオ騒然 AKB48
http://youtu.be/X4TStgEYqts

20130805123400964.jpg

20130805123422f89.jpg

20130805123440cbb.jpg


【エンタがビタミン♪】AKB48渡辺麻友の頭を蹴った加藤浩次に殺害予告。ナイナイ岡村が釈明する事態に。

『FNS27時間テレビ 女子力全開2013』で、バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』が生放送された。お笑いタレントの加藤浩次が“爆裂お父さん”のキャラでゲスト出演したAKB48と絡んだ際に、渡辺麻友の頭を足で蹴ったことからツイッターが炎上した。

8月3日の18時30分からスタートした『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』の中で、19時過ぎに放送された『めちゃ×2イケてるッ!』でのことだ。加藤浩次の人気企画“爆裂お父さん”のコーナーで、AKB48のメンバーにプロレスの技をかけるなど過激な行為が続いた。

“まゆゆ”こと渡辺麻友に対しても、ジャイアントスイングで振り回して“見せパン”ながらも下着を露にさせた。さらにジャイアントスイング中にAKB48の新曲が流れることから、土下座して「ありがとうございました」と礼を言う“まゆゆ”の頭を片足で蹴りつけたのだ。

他にも川栄李奈の顔を踏みつけたり、松井玲奈を床の上でぐるぐる回して下着を見せるなどの行為があった。この時点で明石家さんまが、番組のツイッター“イマつぶ”について「加藤さんへのメッセージで現在回線がパンク中」と伝えている。

ツイッターにも加藤へのクレームが殺到しており、中でも熱いファンからは「加藤浩次、殺すしかない」、「加藤嫌い、まゆゆにしたら殺すぞ」、「加藤、ゆきりんに手を出したら殺す」とつぶやかれている。またAKB48だからというわけではなく、「まゆゆの頭を蹴ったのはダメだろ。誰が相手だろうと人の頭を蹴るのはダメ。許されないよ。許そうみたいな風潮なんてあってはならない」、「結構ガチで蹴飛ばして、これはアカンなぁと思いました」という意見も見られる。

事態を受けて、その後の放送で登場した『めちゃイケ』のメインMC、岡村隆史(ナインティナイン)は、加藤浩次は面白くしようとして冗談でやっていることを釈明しており、「殺害予告とか来てますけど、加藤さんも裏でシュンってしてます。ごめんなさい、許してやってください」と詫びることとなった。

ちなみに、渡辺麻友の後で加藤浩次と絡んだ指原莉乃は“まゆゆ”の仕返しとばかりに彼の顔に張り手をみまって対抗。倒れたその頭を踏みつけて見せたが、その足を噛まれて逆襲された。その件についての炎上はなかったようだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

2013年08月04日 エンタがビタミン
http://japan.techinsight.jp/2013/08/27htv-katoukouji-mayuyu20130803.html



20130805123729188.jpg

2013080512402728e.jpg

20130805124109889.jpg

朝鮮高校無償化などで正論を述べているエジプト人タレントのフィフィも、この暴力行為を批判しました。

20130805-2-1.jpg


2012年にも『めちゃ×2イケてるッ!』は危険行為を指摘されており、番組の製作スタッフと出演者は反省をしていません。

2012年6月9日放送『めちゃ×2イケてるッ!』のコーナー「めちゃイケ酒豪No.1は誰だ!決定戦」は、レギュラー出演者が酒をイッキ飲みするなど、夕方から翌朝まで長時間にわたって飲酒量を競いました。

急性アルコール中毒を招きかねない危険な飲み方を助長する放送内容として、飲酒による事故で子どもを失った遺族らでつくる「イッキ飲み防止連絡協議会」「主婦連合会」などが連名でフジテレビに抗議文を送りました。

img_1122261_37250120_3.jpg

img_1122261_37250120_4.jpg

img_1122261_37250120_5.jpg


NHK・民放による不祥事(ヤラセ・捏造など)がある番組について、多くの視聴者がテレビ局と放送倫理・番組向上機構(BPO)に抗議しています。


2012年11月5日からフジテレビの昼の帯ドラマ枠で、東海テレビ制作の『幸せの時間』の放映がスタートしました。


img_1203798_37579434_9.jpg

「幸せの時間」あらすじ

幸せの絶頂にあった家族が、とある交通事故をきっかけに家族崩壊の坂道を転がり落ちていく様を描く刺激的なホームドラマ。田中美奈子演じる42歳の主婦・浅倉智子が、家族思いだった夫の浮気、横領、長男の高校中退、同棲、そして溢れるほどの愛情を注いできた愛娘の売春、そして自身の浮気などさまざまな困難に向き合いながら、幸せを見つけ出そうとする物語。



昼ドラマ『幸せの時間』の放送開始直後より、「過激な性表現」を問題視する視聴者からの苦情が、フジテレビ・東海テレビなどに殺到しました。


img_1203798_37579434_18.jpg

img_1203798_37579434_19.jpg

img_1203798_37579434_7.jpg

2012年12月17日にBPOは、『幸せの時間』を審議の対象とすることを決定しました。

2013年3月4日にBPOの青少年委員会は『幸せの時間』について、「番組制作者は国民の教養形成という“公共善”実現の仕事をしているとの自覚を持ってほしい」とする委員長談話を発表しました。

東海テレビは同日、BPOの再発防止の談話を受け、編成・制作担当の取締役と制作局局員の計4人を処分しましたと公表しました。

しかし、取締役が役員報酬10%カット1カ月、制作局次長とゼネラルプロデューサーが減給、プロデューサーが厳重注意という甘い処分でした。


【関連記事】

BPOが昼ドラマ「幸せの時間」
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/37579434.html

放送倫理・番組向上機構(BPO)とは、NHKや日本民間放送連盟(民放連)とその加盟会員各社によって出資、組織された任意団体です。

BPOは、「本機構は、放送事業の公共性と社会的影響の重大性に鑑み、言論と表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理上の問題に対し、自主的に、独立した第三者の立場から迅速・的確に対応し、正確な放送と放送倫理の高揚に寄与することを目的とする」としています。

BPOは、視聴者から寄せられた意見を基に、放送番組の取材・制作のあり方や番組内容に関する諸問題について審議を行い、必要に応じて「意見」を公表します。

また、虚偽の内容により視聴者に著しい誤解を与えた番組が放送された際には、当該番組について審理を行い、「勧告」や「見解」を公表します。

そして、当該テレビ局に対し、再発防止策の提出と、その報告を求められる権限を有しています。

これまでBPOはテレビ局に対して、放送内容に問題のある番組について「勧告」などをしています。

しかし、BPOは、どんなに悪質な内容の番組でも、視聴者である日本国民が納得するペナルティを科したことは一度もありません。

だからテレビ局は、何度もテレビ番組の不祥事(ヤラセ・捏造など)を起こしているのです。

そしてBPOとは、事実上はテレビ局の身内の組織であり、とても第3者機関とはいえません。


放送倫理検証委員会(2011年4月1日時点)

委員長 - 川端和治(弁護士、大宮法科大学院大学教授)
委員長代行 - 小町谷育子(弁護士)
委員長代行 - 吉岡忍(作家) ←テレビ番組を制作したことがある
委員 - 石井彦壽(東北学院大学教授、弁護士)
委員 - 香山リカ(精神科医、テレビコメンテーター) ←テレビに頻繁に出演するテレビ局の利害関係者
委員 - 是枝裕和(映画監督、テレビディレクター) ←テレビ業界の身内
委員 - 重松清(作家)
委員 - 立花隆(評論家)  ←テレビに頻繁に出演するテレビ局の利害関係者
委員 - 服部孝章(立教大学社会学部教授)
委員 - 水島久光(東海大学文学部教授)
特別調査チーム・調査顧問 - 高野利雄(弁護士、元名古屋高等検察庁検事長)

img_1203798_37822607_3.jpg


BPOとは、テレビ局の身内(放送業界関係者、報道の自由擁護の弁護士、放送関係の学者)によって調査などを行うことにより、放送事業への国家介入を未然に防止し、テレビ局を守るための組織です。

テレビ局は、国民共有の財産である公共の電波を利用しているのです。

テレビ局の偏向報道や不祥事に対してBPOではなく総務省など国の機関が介入し、放送免許はく奪など厳しい罰則を科すように法改正をするべきです。



テレビ局から放送免許剥奪の法改正を!


スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
62
仲間うちだけのパフォ-マンスで、世間の目をそらせる。
民主党みたいなずるい組織です!BPOは。

63
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。