HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「旭日旗に文句言ってる奴アホ。歴史を学べ!まぁ無理だろうけどな」サンピエール旭日旗道着非難に日本の総合格闘家の長南亮選手・韓国メディア「3日の埼玉スタジアムに日本の軍国主義を象徴する旭日旗が登場した」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、産経新聞が旭日旗に抗議する韓国人を「反日もここまでくるといささか病的である」と報道したことはご存知だと考えます。
 
ソウルからヨボセヨ “旭日弁当”も受難

韓国人は“朝日”がよほど嫌いらしい。昇る太陽の旭日(朝日)をあしらったデザインを見ると日本の軍国主義を思い出すといってよく騒いでいる。昨年のロンドン五輪では陽光をデザインした日本の体操選手のユニホームに「日本軍国主義の政治宣伝!」と独り興奮していたが、その後も米国など各地で旭日にイチャモンをつけている。

 その最新例に英国で「ライジング・サン・スシ」と名付けられた“旭日弁当”に韓国人が抗議したというのがある。英・北アイルランドのベルファストに留学中の女子学生が、コンビニや学校の売店で売られているおすし弁当に赤い朝日のロゴが付いているのを発見。「ナチス・ドイツと同じ戦争犯罪の象徴だ」といって弁当会社に抗議し謝らせたというのだ。

 韓国の新聞が紹介した写真を見ると弁当の包み紙に旭日マークがついている。昇る朝日をデザインした旭日旗は旧日本軍が使ったからというのが抗議の理由だが、反日もここまでくるといささか病的である。

 日本と戦った米国や英国では何とも思われていないのに、日本と戦争したわけでもなく、いわゆる戦犯問題も直接は関係ない韓国で問題にされているのだ。しかも戦争を知らない若い世代が気にしている。屈折した反日・愛国教育の結果だろうか。
2013.4.6産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130406/kor13040603090001-n1.htm
 
>韓国人は“朝日”がよほど嫌いらしい。昇る太陽の旭日(朝日)をあしらったデザインを見ると日本の軍国主義を思い出すといってよく騒いでいる
 
これまで韓国人は「旭日旗」について、「第2次世界大戦中の日本の軍国主義の象徴」などと非難しています。
 
しかし、愚かな韓国人は、自分たちの先祖も「旭日旗」を使用していたという事実を知りません。
 
「旭日旗」は大東亜戦争前から広く使われており、韓国が懇願して締結した日韓併合後、当時は日本国民だった朝鮮人も「旭日旗」を使用していました。
 
 

提灯行列での旭日旗
 
>ロンドン五輪では陽光をデザインした日本の体操選手のユニホームに「日本軍国主義の政治宣伝!」と独り興奮していたが、その後も米国など各地で旭日にイチャモンをつけている
 
韓国人は、ロンドン五輪での体操や新体操の日本チームのユニフォームを「旭日旗」を連想させると非難し、全く事実無根の言い掛かりを付けました。
 
 

 

 
2012年9月、米国に居住する韓国人らは、ニューヨークのフラッシングにある図書館前で、「旭日旗の使用に反対する集会」を開催しました。
 
>その最新例に英国で「ライジング・サン・スシ」と名付けられた“旭日弁当”に韓国人が抗議したというのがある
 
>昇る朝日をデザインした旭日旗は旧日本軍が使ったからというのが抗議の理由だが、反日もここまでくるといささか病的である
 
「反日もここまでくるといささか病的である」といえる、韓国人の抗議の詳細は、J-CASTニュースが報道しています。
 
「旭日旗に似たロゴ」韓国人の抗議で変更 2ちゃんで英国企業に再考訴える運動起きる



英国・北アイルランドの業者による寿司弁当が旭日旗に似たロゴを使っていると、韓国人留学生が抗議し、業者にロゴを変更させていたことが分かった。2ちゃんねるなどでは、それはおかしいと業者に再考を求める運動が起きている。

 韓国メディアなどによると、この留学生は、北アイルランドのクイーンズ大学ベルファストに交換留学中の韓国人女子学生(23)だ。

■「ナチスドイツの旗ハーケンクロイツと同じ」

 学生はあるとき、街中のコンビニで、旭日旗に似たロゴを包装パッケージにあしらった寿司弁当が積まれているのに気づき、不快に思った。それは、「ライジングサン」という業者のロゴだった。

 その後、大学の学生会館にある売店が業者と契約し、寿司弁当を納入し始めたのを知り、激しい怒りを覚えた。歴史を専攻する学生として、いてもたってもいられなくなり、ネット検索で業者のフェイスブックページにアクセスした。そして、学生は、そこからメールで、業者に次のように訴えた。

 「あなたの会社のロゴは、日本が第2次大戦のときに使った軍旗で、ナチスドイツの旗ハーケンクロイツと同じように戦争犯罪を象徴しています。 添付した資料をお読みになってロゴなどを変えることを考えて下さい」

 学生は、返事にあまり期待しておらず、数日後にライジングサンの社長からメールが来て驚いたという。そこでは、こう書かれていたとした。

 「私たちのロゴに宿った文化的背景を知るようになって、本当に驚きました。 添付資料を読みながら、私たちのロゴが人々にどんな気持ちを与えるのか考えると、とてもゾッとしました。 私が無知であったことを、本当に申し訳ないと思っています」

 社長は続けて、できるだけ早くロゴを変えると学生に約束した。これに対し、学生は「今後もこのような考え方が広がったらよいと思う」と喜びを明かした。

このままでは既成事実化されてしまう

 ライジングサンのホームページを見ると、まだ旭日旗に似たロゴが使われている。しかし、会社紹介において、2013年4月から新しいロゴを使うとうたっていた。

 実際、フェイスブックページでは、旭日旗に似たロゴが使われておらず、巻き寿司を並べた写真が使われている。これが新しいロゴかは不明だが、社長は、学生あてのメールで、看板などを含めて直さなければならないところが多いとしていることから、順次ロゴを変えている可能性はあるようだ。

 韓国メディアは、業者の措置を好意的に伝えており、「旧日本軍は第2次世界大戦中、旭日旗を軍旗として掲げ、慰安婦の動員や人体実験などさまざまな戦争犯罪を行った」(朝鮮日報)などとする指摘も出た。韓国のネット上では、「誇らしい韓国人!」「あなたは真の愛国者だ」「国家がしなければならないことは個人がするとは!」などと勝利宣言が相次いでいる。
4月3日J-CASTニュース抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130403-00000009-jct-soci
 
 

ライジングサンの寿司弁当
 
>日本と戦った米国や英国では何とも思われていない
 
「旭日旗」の歴史などは当ブログで取り上げていますが、韓国人を除く外国人は「旭日旗」を非難せず、普通に使用しています。
 
「旭日旗」は、1870年(明治3年)に陸軍御国旗に制定され、1889年(明治22年)に海軍軍艦旗に制定されました。
 
「旭日旗」は、祝事には奉祝旗として「日の丸」と共に掲げられることもあります。
 
また、スポーツでの応援旗、漁業での大漁旗など、「旭日旗」は必勝を祈願する旗として使用されてきた日本の伝統文化です。
 
 

 
 

 
そして外国人も、「旭日旗」を使用しています。
 
2012年8月、ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦(日韓戦)の試合会場で、「旭日旗」を使用したのも外国人でした。
 
 

 
2012年10月、サッカーのイングランド・プレミアリーグ第6戦、マンチェスター・ユナイテッド対トッテナム戦でも「旭日旗」は掲げられました。
 
マンUのスタンドにいる外国人サポーターが掲げた「旭日旗」の中央には、MF香川真司の背番号26の文字がありました。
 
 

 

 
また、世界各国を訪問する海上自衛隊の自衛艦は、自衛艦旗として「旭日旗」を掲げています。
 
 

2007年、韓国仁川市の仁川港を訪れた海上自衛隊の練習艦「かしま」
 
    関連記事
 
 
>日本と戦争したわけでもなく、いわゆる戦犯問題も直接は関係ない韓国で問題にされているのだ
 
2012年8月29日、韓国の国会議員68人は国会に、日本の旭日旗使用と搬入禁止のための対応を要求する決議案を発議しました。
 
韓国の国会議員は、「第2次世界大戦当時に日本軍が使用した旭日旗は、独ナチスの文様(ハーケンクロイツ)に例えられる帝国主義と軍国主義の象徴」と非難しました。
 
 

 
上記のJ-CASTニュースの記事でも、韓国人は「あなたの会社のロゴは、日本が第2次大戦のときに使った軍旗で、ナチスドイツの旗ハーケンクロイツと同じ」と抗議しました。
 
ハーケンクロイツ(、逆鉤十字)とは、1920年にナチスが党章や党旗に、1935年にドイツ国旗に採用したシンボルです。

2次大戦で1945年にドイツは降伏し、ナチス党は消滅して、ハーケンクロイツ旗は国旗として使用されることはなくなりました。
 
つまり、ハーケンクロイツは、もともとはナチスの党のシンボルであり、使用された期間も1920年頃からドイツが降伏するまででした。

一方、旭日旗は、党のシンボルではなく、日章と旭光を意匠化した日本の伝統的な旗です。
 
使用されている期間も、第2次大戦前後だけではなく、百年以上も前から現在に至るまで継続しているのです。

したがって、旭日旗とハーケンクロイツは全く別のものなのです。
 
 

 
3月17日、モントリオールで開催されたUFC158に出場したカナダの総合格闘家サンピエールは、旭日旗がデザインされた道着を着て登場しました。
 
 

 
試合後、韓国メディアは、サンピエールと道着を制作したスポーツ用品メーカーを非難しました。

韓国の総合格闘家で、コリアン・ゾンビの異名を持つジョン・チャンソンも18日、ツイッターに「旭日旗はアジアのハーケンクロイツ」とコメントしました。
 
そして、サンピエールの行動を問題視し、最近ナチス式敬礼をしてギリシャ代表から永久追放された、AEKアテネのMFヨルゴス・カティディス選手の写真も添付しました。
 
非難を浴びたサンピエールとスポーツ用品メーカーは、謝罪へと追い込まれました。

サンピエールはフェイスブックで、「今回のことで不快な気持ちにさせてしまった方々に個人的に謝罪したい。本当に申し訳ない、そのような意図はなかった。」と謝罪しました。
 
しかし、正論を述べた日本人もいました。
 
韓国のサンピエール非難について、日本の総合格闘家の長南亮選手はツイッターで、「旭日旗に文句言ってる奴アホ。歴史を学べ!まぁ無理だろうけどな」と発言しました。
 
 

 
 
私も当ブログで述べているように、数々の日韓史を捏造している反日病の韓国人に、「歴史を学べ!」は無理なことだと考えています。
 
 
韓国メディアは、長南亮選手について、「日本人ファイターが妄言」「非常識な発言」などと非難しています。
 
4月3日に埼玉で、AFCチャンピオンズリーグ(ACL2013、「浦和レッズ」対「全北現代」(韓国)の試合が行われました。
 
韓国メディアは、「3日の埼玉スタジアムに日本の軍国主義を象徴する旭日旗が登場した」と、浦和レッズのサポーターがスタジアムに「旭日旗」を持ち込んだと批判しています。
 
 

 

 
韓国メディアによると、「試合前日に開かれた両チーム関係者によるミーティングでは、円滑な試合を行うため、旭日旗の競技場搬入を禁じることで双方は合意していた」ということです。
 
そして、「試合が始まると浦和レッズのサポーターが旭日旗を振って応援をはじめ、全北現代の関係者は約束が守られなかったとして浦和レッズ側に抗議。再発防止を求めた」ということです。

韓国メディアの報道が事実なら、日本サッカー協会や浦和レッズなど、日本のサッカー界は間違っています。
 
旭日旗とハーケンクロイツは全く別のものであり、反日病の韓国人に既成事実化されないよう、日本応援団はスタジアムで堂々と「旭日旗」を掲げるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、「旭日旗」についてご考慮下さい。
 
韓国人の捏造に屈せず「旭日旗」を掲げよう!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。