HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  フェリスや立教女学院、伊藤博文暗殺犯を“英雄扱い” これでいいのか自虐史観入試問題・西川京子衆院議員「幼気な小学生が、自虐史観に満ちた過去問題を一生懸命勉強している。これは、教科書以上に大きな問題だ」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、私立中学の入試問題に自虐史観入試問題があることはご存知だと考えます。
 
これでいいのか自虐史観入試問題 フェリスや立教女学院 伊藤博文暗殺犯を“英雄扱い”


西川議員はパネルを示して、自虐史観に満ちた入試問題を指摘した=10日、衆院予算委員会

歴史教科書の自虐史観・反日史観が取り沙汰されるなか、有名私立中学・高校の入試問題にも同様の傾向が見られることが、安倍晋三首相も出席した衆院予算委員会で取り上げられた。この問題を追及した自民党の西川京子衆院議員は「幼気な小学生が、自虐史観に満ちた過去問題を一生懸命勉強している。これは、教科書以上に大きな問題だ」と訴えている。

 衝撃の指摘は、教育をテーマに行われた10日の同委員会で、西川氏がパネルを使って指摘した。まず、横浜にあるフェリス女学院中学校・高校の2008年入試問題には、こう書かれていた。

 《安重根は、ある日本人を暗殺して処刑されました。韓国では、彼は国のために戦った人物として知られています。彼が暗殺した日本人は、朝鮮支配のために置かれた役所の最初の責任者でしたが、この日本人とは誰のことですか》

 答えは、初代内閣総理大臣で韓国統監だった伊藤博文だ。ただし、伊藤は1909年に韓国併合が閣議決定された後も早期併合に反対し、韓国に同情を寄せていた。その伊藤を暗殺した安重根は殺人犯・テロリストだが、西川氏は同委員会で「あたかも英雄のような、書き方をしている」と問題視した。

 同じパネルには、東京・杉並の立教女学院中学校・高校の11年入試も取り上げられ、次のような質問が記されていた。

 《1937年から本格的に日中戦争が始まりました。この年の12月に、日本は当時の中国の首都を占領し、多くの中国人を殺害しました…》

 南京大虐殺についての記述だが、最近では、これが中国側による戦時プロパガンダで、事実と異なるという見解も根強い。そもそも、中国政府が当初主張した被害者数は2万人だったが、現在では30万人まで膨張している。ちなみに、当時の南京市の人口は約20万人とされる。

 こうした入試問題の実態を指摘され、下村博文文科相は「憂慮すべきことがある。客観的な学問的成果に基づき、正しく学び、誇りを持った日本人としてのアイデンティティーが確立されることが重要だ」と答弁した。

 夕刊フジで両校に問い合わせたところ、フェリス女学院中学校・高校は「入試問題に関するお答えはできない」と返答。立教女学院中学校・高校は「検定教科書の内容から作問しており、指導要領から逸脱したものとは考えていない。特に意図したものではない」と回答した。

 もし、日本や日本人をおとしめる自虐史観・反日史観による教育が子供たちに行われるとすれば、わが国を内側からむしばみ、壊しかねない。

 西川氏は「こうした教育を受けた日本人は、中国や韓国から間違った歴史を押し付けられても、反論できなくなる。1日も早い教育の立て直しが必要だ」と警告した。
2013.04.12.zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130412/dms1304121539019-n1.htm
 
>歴史教科書の自虐史観・反日史観が取り沙汰されるなか、有名私立中学・高校の入試問題にも同様の傾向が見られることが、安倍晋三首相も出席した衆院予算委員会で取り上げられた
 
>自民党の西川京子衆院議員は「幼気な小学生が、自虐史観に満ちた過去問題を一生懸命勉強している。これは、教科書以上に大きな問題だ」と訴えている
 
4月10日、衆議院予算委員会で教育問題に関する集中審議が行われました。

西川京子議員は質疑で、慰安婦問題や南京事件が未だに教科書に記載されていること、私立中学・高校の入試問題に自虐史観問題が出題されていることを取り上げました。
 
■動画
 
【神回】2013.4.10 衆議院予算委員会 自民党:西川京子
 
 
 

 
(一部文字お越し)
 

 


 

西川京子議員
「そして私、実は今日は一番、時間がなくなってきてしまいました。
一番言いたかったのは、私立の女子中学校、高校、もちろん男子もですが、この私立の入試問題の酷い自虐史観、これが一番の問題だと思っております。
実は私立の中学校の受験というのは、小学校の5年生、6年生、特にこの女子校が意外と酷いんですが。
有名私立女子校の問題がこの真ん中のところですが、この中に今の従軍慰安婦の問題、あるいは南京の問題、そして、どこの教科書かと思うような、いわば『伊藤博文を暗殺したのは誰ですか』と。
それがあたかも英雄のような、書き方をしている。この、本当に一瞬私はこれは、韓国の教科書かと思いました。教科書ではない、試験問題かと思いましたけど、そういうものを導き出すような試験問題がいっぱいあるんですね。
この、今の現状について、私は、このいたいけな小学校の子供たち、そしてお母さまたちが一緒に予備校で一生懸命、そういうのを必死で勉強する、これは本当に効いてきます。
教科書以上に大きな問題です。これは、ある予備校の先生が意を決して私にこういう資料を下さいました。ぜひこの問題について、教科書検定も含めて下村大臣、一言短くお願いします」
 
>《安重根は、ある日本人を暗殺して処刑されました。韓国では、彼は国のために戦った人物として知られています。彼が暗殺した日本人は、朝鮮支配のために置かれた役所の最初の責任者でしたが、この日本人とは誰のことですか》
 
酷い設問だ!
 
安重根は、初代内閣総理大臣である伊藤博文を暗殺したテロリストです。
 
それに、朝鮮支配ではなく朝鮮統治です。
 
わざわざ安重根を用いなくても、「朝鮮統治のために置かれた役所の最初の責任者は誰ですか?」と出題すればよいのです。
 
西川京子議員が指摘したように、フェリス女学院中学校・高校の入試問題は、「安重根を英雄」のような書き方をしています。

韓国人は、テロリストの安重根を「反日の英雄」にしています。
 
韓国人は、サッカー代表による日本対韓国の親善試合などで、日本の初代内閣総理大臣の伊藤博文を暗殺した安重根を、韓国チームの応援に使っています。
 
 

 
2011年10月26日、韓国人は安義士義挙第102周年記念式を行い、安重根が拳銃を持って伊藤博文を暗殺するモニュメントを公開しました。
 
韓国人は、日本の初代総理大臣を安重根が暗殺した日に、その状況を公開して祝いました。
 
 

 
>伊藤は1909年に韓国併合が閣議決定された後も早期併合に反対し
 
伊藤博文は韓国併合について、「保護国化による実質的な統治で充分である」との考えから、併合には反対の立場を取りました。
 
1909年7月、「韓国併合の基本方針」が閣議決定されましたが、伊藤博文は、本格併合は将来的な課題として、早期併合には慎重な立場でした。
 
安重根が日韓併合慎重派の伊藤博文を暗殺したことにより、韓国が強制併合だと歴史を捏造している「日韓併合」を推進したのです。
 
日韓併合について、日本側は、陸奥宗光、曾禰荒助など反対派で、伊藤博文、井上馨などが慎重派であり、桂太郎、山縣有朋などは推進派でした。
 
韓国側は、李容九などが推進派で、総理大臣の李完用などは容認派であり、両班や儒者などは反対派で割れていました。
 
伊藤博文という、日本側の日韓併合慎重派の重鎮を一人失ったことで、韓国内の併合推進派に併合推進の口実を与えました。
 
●関連記事
 
 
 
>《1937年から本格的に日中戦争が始まりました。この年の12月に、日本は当時の中国の首都を占領し、多くの中国人を殺害しました…》
 
立教女学院中学校・高校も酷い設問だ!
 
反日勢力は、「南京の人口は当時100万超で、犠牲者数は30万人だ。これは誰にも反論できない数字だ」などと主張しています。
 
歴史的事実として、南京での局地戦は存在しました。
 
しかし、「南京大虐殺」は存在しなかったのであり、「南京大虐殺」とは朝日新聞など反日勢力が捏造したものです。

確かに、1937年当時、南京には100万人超の市民が住んでいました。
 
しかし、8月から上海で戦争が始まり、10月になって大量の支那軍が南京に逃げ込むと、多数の南京市民は日本軍が占領した上海などに避難しました。

そして、南京で戦闘が始まった1937年12月12日の夜には、南京の人口は約20万人でした。
 
 
しかも、善良な市民は全員が安全区に避難していました。
 
南京陥落後、日本軍が南京を占領してからは、南京の人口は減るどころか逆に増えています。
 
1938年1月14日、日本軍の南京占領1ヶ月後の生存人口は約25万人(安全委員会公文書)で、南京で戦闘が始まったときよりも人口は増えました。

 

南京占領2日目の写真
1937
1215日、南京城内難民区、

佐藤振壽・東京日々新聞(現在の毎日新聞)カメラマン撮影

参考:昭和121937)年1213日が南京陥落
 
 

(朝日新聞)南京占領5日目の写真(第1回の写真特集)
タイトルは「平和甦る南京《皇軍を迎えて歓喜沸く》」

「17日河村特派員撮影」松井軍司令官を先頭に入城式があった日
 
占領5日目に早くも露天商が出て、兵隊が銃も持たないで買い物をしている。
1)兵隊さんの買い物(右)
2)皇軍入城に安堵して城外の畑を耕す農民達。(中上)

3)皇軍に保護される避難民の群。(中下)

4)和やかな床屋さん風景。(左)
 
朝日新聞は、1971年から「南京大虐殺」という虚構宣伝のキャンペーンを開始したのです。
 
1978年に、日本の中学校教科書に初めて「南京大虐殺」が記述されますが、しかし、同年までの中共の教科書には「南京大虐殺」の記述はなかったのです。
 
1937年から42年間という長期間、中共の教科書は「南京大虐殺」を記述しなかったのであり、朝日新聞の捏造報道を基に、日本の教科書が先に記述したのです。
 
私立中が小学生に自虐史観入試問題を出題し、公・私立中高で自虐史観教育をするから、大学受験のセンター試験でも自虐史観の設問があるのです。
 
2004年のセンター試験の「世界史B」では、「日本統治下の朝鮮」に関連し、「第二次世界大戦中、日本への強制連行が行われた」を正解とする設問がありました。
 

 
2009年のセンター試験(日本史A:第5問の問5)(日本史B:第6問の問5)では、「日本軍が南京を占領するに際し、捕虜や非戦闘員を殺害」「関東軍参謀河本大作らが、張作霖を奉天郊外において爆殺」などとありました。
 

 
これらは歴史学者など学界でも異説(事実ではない)があるのに、大学入試センターは歴史的事実として設問にしました。
 
●関連記事
 
 
 
 
    告知
 
新しい歴史教科書をつくる会 春のシンポジウム 「教科書を歪め続けた国家の大罪 -文科省・教科書検定の実態-」
 
「南京事件」を書かないと合格させない。
日本の政体を「立憲君主制」と書くことを絶対に許さない。
これが、前回(平成22年度)の検定での現実である。
「近隣諸国条項」を含む教科書検定がこれまでもたらしてきた弊害を、一挙にあぶりだす。
 

 
  
平成25420日(土)1500分(1430分開場)
東京・日本交通協会 大会議室
基調講演:中山成彬(元文部科学大臣・衆議院議員)
 
 
小学生が自虐史観に満ちた過去問題を一生懸命勉強しているのは大問題であり、文科省は私立学校を指導するべきで、教育界に巣食う反日左翼を根絶するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、自虐史観についてご考慮下さい。
 
子供に正しい歴史教育をする日本にしよう!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。