HOME   »  反日教育・創価学会
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



「池田大作は嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>



ニコ動「頭がパーン」MADアップロード主の情報、地裁が開示命令 創価学会の請求認める



問題になった動画は現在視聴できないが、再アップロードされたと思われる動画が公開されている=画像は一部加工

タレントの久本雅美さんが出演するビデオを無断で「ニコニコ動画」にアップロードされ著作権を侵害されたとして、ビデオの著作権を持つ創価学会がプロバイダ責任制限法に基づいて発信者情報の開示を請求し、東京地裁がISPに対し情報開示を命じていたことが分かった。

判決は10月22日付け。アップロードユーザーが利用したISPを運営するGMOインターネットに対し、動画をアップロードしたユーザーの氏名・住所、電子メールアドレスの開示を命じている。

 判決によると、動画は2012年11月29日に投稿されたもので、長さは2分6秒。判決文(PDF)の「対応一覧表」によると、創価学会が著作権を持つ「すばらしきわが人生 part2」のうち、「久本が創価学会の池田名誉会長から漫才を褒められて、頭がパーンとなったと話している」部分などが含まれている。いわゆるMADと呼ばれる動画の1つで、現在は視聴できない。

 創価学会側は、この動画が著作権(複製権、公衆送信権)を侵害しており、損害賠償などを請求するために発信者情報の開示を受けるべき理由があると主張。東京地裁(長谷川浩二裁判長)は主張を認め、GMOインターネットに対し情報開示を命じた。

 10月24日の時点で、この動画を再アップロードしたものと思われるMAD動画がニコ動で確認できる。
2013年10月24日ITmediaニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1310/24/news094.html




>タレントの久本雅美さんが出演するビデオを無断で「ニコニコ動画」にアップロードされ著作権を侵害されたとして、ビデオの著作権を持つ創価学会がプロバイダ責任制限法に基づいて発信者情報の開示を請求し、東京地裁がISPに対し情報開示を命じていたことが分かった。

ふざけるな!

この案件は、本来なら久本雅美本人や所属事務所による肖像権等侵害の発信者情報開示請求ですが、創価学会が出てきました。

2012年に『ニコニコ動画』に公開された動画『学会裏参道(sm19467958)』を著作権侵害として、著作権者の創価学会がプロバイダに対して情報開示命令を行いました。

この動画の元の作品は、創価学会が著作権者で久本雅美が出演する『すばらしきわが人生 part2』というもので、その映像を断片的につなぎ合わせて作ったMAD映像です。

創価学会からの発信者情報開示請求は、今回が初めてではありません。

2012年12月にも、創価学会が著作権者の作品を使用したMAD動画作者に対して情報開示請求を行っています。

創価学会側は損害賠償請求訴訟を前提としていますが、何を以って損害が生じたと主張するのか?

今回の動画がアップされたことにより、創価学会が被った損失額は立証できるのでしょうか?

公明党の応援演説に度々顔を見せる、創価学会の芸術部副部長・久本雅美のように、自らが学会員だと公表して学会の機関紙に登場する芸能人もいます。



創価学会の機関紙「創価新報」で学会員であることカミングアウトした、謎かけ芸人の「ねづっち」!

しかし、現時点では、自ら創価学会員だと公表していない芸能人やスポーツ選手もいます。

2011年2月に放送されたTBS『中居正広の金曜日のスマたちへ』でオカマタレント「楽しんご」が特集された際、少年時代の家族写真のバックに、創価学会の寄進によって建てられた日蓮正宗の大石寺正本堂と思われる建物が写っていた!
1991年に日蓮正宗は創価学会を破門にしているが、写真が撮影された頃の「楽しんご」の年齢を考えると破門前の可能性があり、当時は参拝に行く学会員は多かったと言われ、写真には家族全員が学会マーク紋ではないかと思われるマークを胸に付けていた。

テレビ番組で「はなわ」の自宅を紹介すると、本棚には池田大作の著書『人間革命』のシリーズが大量にある場面が映った!

2012-05-13 22:59:53
高橋みなみでス☆ デコ♪♪
(一部抜粋)

PS
最近のにゃーちゃんは

もっぱら新聞紙が好きらしぃ
かーわぃ

AKB48高橋みなみのブログに写っていた猫の下の新聞は聖教新聞だった!

マスコミは池田大作が、2006年NHK大河ドラマ「義経」の出演者について「えー、義経に出る事になっている滝沢秀明、上戸彩、石原さとみは創価学会のファミリーです」と発言したと報道。

反日企業花王のCMに出演する石原さとみ(花王は久本雅美もCMに起用)

在日韓国系企業ソフトバンクのCMに出演する上戸彩


つまり創価学会は、タレントなどが出演する創価学会が著作権者の動画をアップすると、そのユーザーの氏名・住所が特定できると言論弾圧・言論封殺をしています。


4 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 23:34
怖いよ~~

奴らがいっぱいやってくるよ~~~~~

7 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 23:35
近所の学会員からの嫌がらせ待ったなし

15 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 23:37
>>7  嫌がらせだけで済めばいいけど・・ ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

59 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 23:45
仏罰という理由でリアル頭がパーンやられそう・・・

80 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 23:50
日本人の言論弾圧か!
こええよ



創価学会による言論弾圧、言論封殺は今に始まったことではありません。
マスコミは、創価学会の巨悪を報道しません。

マスコミには創価学会の池田信者は多く、また、マスコミは創価学会の広告費などの収入に依存しています。

聖教新聞・公明新聞、月2回発行の創価新報など、創価学会系機関紙は、主に三大新聞社へ印刷委託をされ、この印刷代は年間100億円を超えると言われています。

他にも、池田大作の著書や創価大学などの広告もあり、学会系企業の広告もあるので、マスコミにとって創価学会系の広告費は貴重な収入源です。



ヤマダ電機社長、創価大学園祭で大カンゲキ「池田先生の手は分厚く温かい」
「週刊文春」2010年10月28日号(10月21日発売)

「(昨年)初めて池田先生と直に握手をさせていただきました。原田(稔・創価学会)会長から、『本学卒業のヤマダ電機の一宮君です』と言われて、『知っているよ、ありがとう、ありがとう』と二回言われまして握手を求められました。非常に温かい、分厚い手で、今もその感触が残っています」

 そう誇らしげに話すのは、10月11日に行われた創価大学学園祭特別講演会で壇上に立ったヤマダ電機の一宮忠男社長(55)である。

 創価大学法学部卒の一宮社長は、バリバリの学会員。この日は母校に招かれ、最近めっきり姿を見せない池田大作名誉会長への思いを熱く語ったのだった。

「同社の創業者・山田昇会長(67)も学会員ですが、一ノ宮ほどは熱心ではないそうです」(学会ウォッチャー)

 ヤマダ電機は73年、山田会長の個人商店として出発した。

「2000年に東証一部上場を果たし、業績も急上昇。現在は売上高2兆円を超えて小売業でセブン&アイ・ホールディングス、イオンに次ぐ企業に成長しました」(経済部記者)
 そんな大企業を率いる一宮氏は、「ほとんどメディアに登場しない」(同前)といわれ、彼の素顔もあまり知られていない。講演では、
「私がこの創価大学に入学したのは昭和48年でした。(略)私は5期生であり6期生なんです。なぜかというとダブったからです」
 と、学生時代は勉強よりもバイトとマージャンに明け暮れていたことを明かし、
「(大学5年目のとき)残りの60単位を1年間で取りました。(略)1年間必死になって勉強しました。伝説によると、正木(正明)さん(創価学会理事長)という先輩は80単位取ったといいます。(略)私と同じ経営者をやっている星野(康二)さんという人がいます。ジブリの社長さん。あの方も私と同じタイプ」(同前)
 などと、創価大卒の有名人を挙げて笑いを誘った。

ヤマダ電機に入社した一宮氏は、やがて副社長に。
すると、池田センセイからこんな“和歌”を贈られた。
<創大生、ここにもありて広布かな>
 門外漢にはよくわからない歌だが、
「創価大の卒業生が実業界で活躍することは大変意味があり、広宣流布も進展するんだ、という意味なのでしょう」(ジャーナリストの乙骨正生氏)
 池田先生の歌を載くのは学会員にとって大変な栄誉らしい。
一宮社長は講演で、
「わたしは思わず涙が止まりませんでした。先生はわたしのことを分かっていただいているんだ。見ていただいているんだ。これだけで、わたしは有難いと思いました」
 と大感激の様子なのである。

しかも池田センセイ、一昨年に一宮氏が社長に就任すると、今度は「お母さんがいたからだね、今の一之宮君があるのは」と声をかけ、彼の母に創価大学最高栄誉賞を授与したというから、一宮社長が身も心も捧げたくなるのは当然?
「池田氏は昭和40年代頃から、創価学会の外郭企業の社長を集めた“社長会”を開き、経済革命をやると言っていた。結局これはうまくいきませんでしたが、彼は実業家の重要性をよく知っている。実業界で活躍する創価大出身者をアピールしておくことは、宣伝としても実利面からも大変重要ですからね」(乙骨氏)

 一宮社長は講演で、ヤマダ電機約1万7000人の社員の内、創価大学出身者は社長を含め47人と明かし、
「同志として(池田)先生に対してご恩を返していく、それがわたくしの使命」
 と池田氏への忠誠を熱く語ったのだった。ますます同社の安売りに熱がこもる……かもしれない。



麻生政権下で、矢野元公明党委員長が創価学会に絶縁状を叩きつけたことが話題となりました。

また、元後藤組の後藤忠政組長も自叙伝の中で創価学会について取り上げました。


「元後藤組組長《後藤忠政氏》が明かした「ヤクザと創価学会の真実」

「創価学会は人を利用するだけ利用して、用済みになれば簡単に切り捨ててきた。池田教が国家権力の中枢に入り込み、日本を乗っ取ろうとしている」

「池田や学会、公明党がガタガタ言ってくるんなら、いつでも相手になってやるよ。なんなら民主党も、学会と反目になって『黒い手帳』とかいう本を出した矢野さんと俺を、国会で証人喚問したらどうだ」
フライデー(講談社)2010年5月28日号




【関連記事】

「ヤクザと創価学会の真実」

一部転載


池田側近(公明幹部)と暴力団の「絆」『月刊現代二月号』

「野中広務『権力20年戦争』」─ (ジャーナリスト・魚住 昭『月刊現代』0402要旨)


【暴力団との密会】

小沢一郎の側近、平野貞夫(当時新進党参院議員)が友人の権藤恒夫から「会いたい」という連絡を受げたのは1996年(平成8年)3月6日のことだった。

権藤は公明党時代に国対委員長として活躍した新進党の代議士である。平野はすぐ議員会館の権藤の事務所に向かった。部屋に入ると、深刻な顔をした権藤が口を開いた。

「何とか住専予算で妥協する方法はないだろうか」

国会は破綻した住専(住宅金融専門会社)の処理策をめぐって大揺れに揺れていた。小沢が率いる新進党は6千850億円の税金投入に反対して2日前に予算委員会室の出入り口で座り込みをはじめたばかりだった。

「ようやく政府を追い込んだというのに、妥協の話はないでしょう。何があったんですか」

平野がそう言うと、権藤は怒りで顔を歪めながら小声で話しはじめた。

「野中さんが会いたいというので久しぶりに会ったんだが、とんでもたい話だった。『公明』代表の藤井富雄さんが暴力団の後藤組の組長と会ったところをビデオに撮られたらしい。そのテープを自民党側に届けた者がいるということなんだが……」

藤井は創価学会名誉会長・池田大作の側近といわれる東京都議で、後に野中とともに自公連立の牽引車となる人物である。当時は新進党に合流していない旧公明党参院議員と地方議員を束ねる「公明」代表をつとめていた。

その藤井が山口組きっての武闘派として知られる後藤組(本拠・静岡県富士宮市)の組長・後藤忠政と密会している場面を隠し撮りしたビデオテープがあるというのである。

「脅かされているので妥協したいということなのですか?」

平野の問いに権藤が答えた。

「ことは暴力団がからんだ問題だ。学会も気にしているから放っておけない。このままだと公明系(の新進党議員)がもたなくなるので、何かいい知恵はないだろうか」

平野は権藤と2人で党首の小沢に報告に行った。小沢は、

「学会が困っているんだから、話し合いをしてやれよ」と、権藤・野中ラインでの交渉開始を了承したが、

「条件が2つある。1つは予算を修正すること。もう1つは自民党にも経済構造改革の必要性を分かっている人がいるから、住専問題を機会に改革のきっかけを作ることだ」と釘を刺した。住専予算をめぐる権藤・野中の水面下の交渉はこうしてはじまった。(平野の回想)


「交渉結果は逐一、権藤さんから報告を受けました。向こう側には野中さんだげでなく(参院自民党幹事長の)村上正邦さんや亀井静香さんもいて、問題を表に出したくなければ住専で妥協しろと言ってきた。

でも、小沢党首は予算案から(6千850億円の)数字を削れと言って譲らない。間に入った権藤さんは学会からもいろいろ言われるから困ってね。そうこうするうちクリントン大統領の来日が迫ってきた。それまでに予算案を衆院通過させなきゃいけないというので、事態はかなり切迫してきたんです」


【組長に襲撃依頼!?】

住専国会で新進党切り崩しの材料になった「密会ビデオ」。その存在が永田町の一部で密かに取りざたされるようにたったのは、これより3ヵ月前の95年12月ごろのことである。

当時、自民党の組織広報本部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井が「命を狙われている」という噂が流れた。

まもなくその噂を裏付けるように亀井付きのSPが増員され、亀井の車はつねに警視庁の警備車両2台にはさまれて移動する騒ぎになった。村上正邦の元側近が語る。

「騒ぎの発端は、藤井さんと後藤組長の密会ビデオでした。亀井さんが入手したそのビデオのなかで、藤井さんは反学会活動をしている亀井さんら4人の名前を挙げ『この人たちはためにならない』という意味のことを言ったというんです。

受け取りようでは後藤組長に4人への襲撃を依頼したという意味にもとれる。それで亀井さんと村上、警察関係者、弁護士、私も加わって対策会議が開かれたんです」

会議にはビデオの実物は出されなかったが、登場人物2人のやりとりを筆記した書面があった。その場の話ではビデオの映像はかなり画質が悪いうえに雑音が混じっていて声が聞き取りにくかったが、専門家に鑑定してもらった結果、登場人物は藤井と後藤にほぼ間違いないと分かったという。

「でも、この会議のころは野中さんはビデオの件にはコミットしてません。逆に『野中にはバレないように気をつけろ。何をされるかわからないから』という話でした。ところがしばらくして村上が『えらいことだ。野中に嗅ぎつけられた』と騒ぎ出した。

事情は詳しくわかりませんが、野中さんが亀井さんに『見たでえ』と言ったらしいんです。それからずいぶんたって村上が『野中が一仕事したみたいだな』と言ってました。『何ですか』と尋ねたら『あのビデオで信濃町(学会)をやったみたいだぞ』という返事でした」

そのころの野中は亀井とともに反学会の急先鋒だった。細川政権時代の93年秋、国会で共産党議長・宮本顕治宅の盗聴事件(70年)を取り上げ「通信を所管する現職大臣が関与していたのではないか」と郵政相の神崎武法(公明党)を追及した。

さらに「公明党は選挙のたびに全国の学会施設や電話をただで使っているのではないか」と具体的な証拠を挙げながら公明党と学会の「政教一致」を突いた。

95年秋の国会で創価学会に関わる宗教法人法改正が行われたのも、もとはといえば自治相・国家公安委員長の野中が「オウム事件の捜査が宗教法人の壁に阻まれた。法改正の必要がある」と言いだしたからである。


【学会の裏社会に対する防波堤】

東海道新幹線新富士駅からタクシーに乗り換え、北へ約40分ほど走ると、富士山のすそ野に広大な墓地が見えてくる。創価学会の「富土桜自然墓地公園」(敷地面積122万平方メートル)である。

この墓苑開発をめぐって地元・富士宮市議会で賛否両論が巻き起こり、暴力団による傷害事件にまで発展したのは今から30年近く前のことだ。

学会の元顧問弁護士・山崎正友が書いた『懺悔の告発』(日新報道刊)によると、この墓苑開発は70年代に始まり、総額2百数十億円にのぼる工事を自民党市議の会社が中心となって請け負うことになった。

だが、市長や自民党市議の勢力と反対勢力との政争もからんでトラブルが続発した。双方の陣営への賄賂と地元暴力団の積極的な協力で何とか完成にこぎつけたが、最後まで妨害した人物に対しては暴力団がその自宅にブルドーザーで突っ込み、日本刀で片腕を切り落とす荒療治で鎮圧したという。

この暴力団の組長が密会ビデオに登場するという後藤忠政だ。だが、後藤と学会の関係は80年代に入ってこじれはじめる。協力の報酬をめぐるトラブルが原因らしい。

83年3月、後藤は名誉会長の池田と公明党委員長(当時)の竹入義勝あてに学会の対応を非難する内容証明付き郵便を送りつけた。85年11月には学会本部の文化会館に拳銃2発が撃ち込まれ、後藤組組員が警視庁に現行犯逮捕された。

藤井が後藤と接触するようになったのはその前後からだ。元学会幹都の岡本勇(仮名)が証言する。

「藤井さんが後藤組長と接触する直接のきっかけは、学会本部が右翼・暴力団の街宣車に悩まされたことでした。それを抑えるため藤井さんは元警視総監らの仲介で後藤組長に会い、彼とのパイプをつくった。
 (略)




この亀井静(当時、国民新党代表)は、麻生政権下に国会で創価学会の言論封殺をとりあげました。


第170回国会予算委員会第4号 平成20年10月7日(火曜日)
○亀井(静)委員

一部抜粋

それと、もう一つ。矢野さんが、私は耳を疑ったんだけれども、もう長い信者で、公明党の委員長を長くやられた方が、考えられないような言論封殺を内部で幹部から受けられたと。そうして、尾行、張り込み、生命の危険まで感じたというようなことをおっしゃっている。全部が本当かうそかは私にはわかりませんけれども、少なくとも矢野さんはそういうことをおっしゃっていますね。

 私は、この問題、矢野さんは我々の大先輩で、長くこの院にも勤められた方です。そういう方がそういうことを本当に真剣に私どもに話されたという、私は国会としても放置できない。それは司法の場に任せておけばいいじゃないかという人もいらっしゃるけれども、警察や裁判所だけでいいのなら国会なんか要りませんよ。国会としてそうした問題にどう責任を果たしていくかということは、大きな課題だろうと私は思いますよ。




創価学会の池田大作とその信者は、中共を親と、朝鮮を兄と慕っています。

中共は、1972年の日中国交正常化の地ならしを行った創価学会名誉会長の池田大作を、「井戸を掘った功労者」と評価しています。

中共は、池田大作を強い力を持った政治家と位置付けて、胡錦濤前国家主席と池田大作は3回も会談をした旧知の仲です。


2008年5月8日、池田大作創価学会名誉会長と中共の胡錦濤国家主席
聖教新聞は日中ではなく「中日」と報道!

尖閣諸島や歴史認識問題で日本に対し強硬発言を繰り返していた、中共の程永華駐日大使は、「創価大学」のOBです。

「池田大作」創価学会名誉会長が中国から貰った「駐日大使」というお年玉 (週刊新潮2010年1月21日号)


中共の対日工作員、日本ユニセフ協会大使の偽善者のアグネス・チャンは、池田大作を礼賛しています。


アグネス・チャンが本部幹部会で池田大作を礼賛


2012年、「中国共産党第18回党大会」の開幕に、創価学会は祝いの書簡を送りました。

創価学会の原田稔会長は手紙の中で、「中国の繁栄は人類史上前例が無く、高く評価されている。中国共産党の指導の下、より一層輝かしい『中国の新時代』が創造されると信じている」とべた褒めしました。

中共の習近平が国家主席に就任した時に、創価学会は祝賀のメッセージを送っています。



【関連記事】

「池田大作ミイラ化計画」

韓国の創価学会(韓国SGI)が2005年5月15日に開催した「愛国大祝祭」では、「独島(竹島)は韓国の領土である」との数万人規模の人文字が作られました。

そして、オーロラビジョンに「竹島」が映し出されるや、怒号のような歓声が上がりました。

この「愛国大祝祭」には、池田大作も「祝福のメッセージ」を寄せました。


2005年5月15日、韓国SGIが主催した「愛国大祝祭」


池田大作の碑文

韓国を「あまたの文化文物をもたらし尊き仏法を伝え来た師恩の国」「隣邦を掠略せず天地を守り抜く誉の獅子の勇たぎる不屈の国」と!
日本の朝鮮出兵と日韓併合を「小国(日本)の倨傲、大恩人の貴国(韓国)を荒らし」と表現!


池田大作の本名は「成・太作(ソン・ぺチャク)」といい、韓国から日本に帰化した朝鮮人といわれています。

現在のマスコミは創価学会に支配されていますが、まだ支配される前、例えば、昭和32年のニュースでは創価学会の巨悪を報道していました。


【動画】

昭和32年のニュース/創価学会の折伏(勧誘)の様子
http://www.dailymotion.com/video/xkh9ew_yy32yyyyyy-yyyyyyy-yy-yyy_news

※動画の2分11秒辺りに、選挙違反で検挙された、若き日の池田大作(ジープから降りる白いシャツ)らしき姿が映っている。


この時、池田大作は取り調べの刑事から「こら朝鮮!」と怒鳴られたことが忘れられないと言われています。

そして、創価学会の青年部は、「勉強できる者は検事になれ、それ以外は警官になれ」というコースが決められたと言われています。

池田大作の妻、池田香峯子は、韓国籍の元プロ野球選手で、日本に帰化して公明党参議院議員になった白木義一郎の姪です。

池田大作夫婦が韓国から日本に帰化したと言うことは、息子の池田博正SGI副会長も韓国系日本人と言うことになります。

外務省には、「大鳳会(おおとりかい)」という、同省内における創価学会信者の集まりがあり、外務省内で創価学会の信者を拡大している状況です。

2008年6月、皇太子殿下は、ブラジルへの日本人移住100周年を慶祝する記念式典にご臨席されました。

2008年6月の聖教新聞は第一面に、記念式典にご臨席された皇太子殿下と、池田博正SGI副会長の写真を掲載しました。


宮内庁は、皇太子殿下と池田博正が式典で同列したことを、事前に承知していなかったと釈明をしました。

しかし、創価学会による皇室の利用を企てたのは、外務省のサンパウロ新総領事で「創価大学」の一期生だと言われています。

2010年5月以降、創価学会の最高権力者、池田大作は公の場に姿を見せていませんが、創価学会は政府与党の一角を占める公明党の支持母体です。

政府は創価学会の国民に対する言論弾圧・言論封殺の動きを阻止するべきで、自民党は公明党との連立を解消するべきです。

池田家所有の創価学会は解散しろ!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓




人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


スポンサーサイト
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。