HOME   »  マスコミ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事の「画像」とリンク先の動画やブログなどは、ヤフーブログでご覧ください。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html




「朝日は嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>



------------------------------------------------

サンゴ事件だけじゃない 朝日新聞の誤報・虚報歴代ベスト5

日本のクオリティペーパーを自任する朝日新聞の紙面の質が年々劣化している。一連の「従軍慰安婦」報道が世紀の大誤報であることは本誌で繰り返し指摘してきたが、それ以外にも朝日新聞の誤報や虚報は少なくない。

 今回、ジャーナリストの大谷昭宏氏や誤報のメカニズムを研究している小黒純・同志社大学教授、本誌誤報検証シリーズでおなじみの楊井人文氏らに印象に残っている誤報を聞き、本誌は総合的な観点から「誤報・虚報歴代ベスト5」を作成した。”殿堂入り”の「従軍慰安婦」誤報のほか、1位から紹介する。

■殿堂
・1991年8月11日付大阪朝刊「思い出すと今も涙 元朝鮮人従軍慰安婦を韓国の団体聞き取り」
・1992年1月11日付朝刊「慰安所への軍関与示す資料 防衛庁図書館に旧日本軍の通達・日誌」ほか
 現在に至る「従軍慰安婦問題」のきっかけを作った。慰安婦について〈「女子挺身隊」の名で強制連行〉などの事実誤認や本人が嘘であることを認めた「吉田証言」を取り上げるなど、誤報を繰り返してきた。

■1位
・1989年4月20日付夕刊 「サンゴ汚したK・Yってだれだ」
 西表島近海でサンゴに「KY」と傷があったことを写真付きで報じた。だが、傷つけたのは当の朝日記者と判明。当初は、もともとあった薄い傷を撮影効果を上げるためさらに削ったと説明したが、その後、無傷のサンゴに傷つけたことを認めた。

■2位
・1950年9月27日付朝刊 「宝塚山中に伊藤律氏 不精ヒゲ、鋭い眼光 ”潜入の目的は言えぬ”」
 団体等規正令違反で捜査当局が行方を捜していた共産党幹部・伊藤律と数分間会見したという”大スクープ”だったが、まったくの作り話だった。3日後の社告で陳謝の上、全文を取り消した。縮刷版からも削除された。

■3位
・2005年8月21日付朝刊、22日付朝刊 「郵政反対派『第2新党』が浮上」「追跡 政界流動 『郵便局守れだけでは』」
 当時の田中康夫長野県知事と亀井静香氏が、郵政民営化に反対する新党を結成する話をするために、8月13日に長野県内で会談したと報じたが、そうした事実はなかった。記事では2人の会話のやりとりまで詳細に記述していた。
 
■4位
・1959年12月~60年1月 北朝鮮帰還運動に関する一連の報道
〈帰還者にわく平壌 身ぎれいな町の人 立ち並ぶアパート〉や〈働けば食える 浸透する政治〉などと題する特派リポートを立て続けに掲載。北朝鮮を〝地上の楽園〟として紹介し続けたが、実態はその後明らかになった通り。

■5位
・1984年8月5日付朝刊 「南京虐殺、現場の心情つづる 元従軍兵の日記、宮崎で発見」
 日本軍元兵士が大虐殺の現場写真を持っていたと報じた。12人の生首が転がっている写真など3葉で〈歴史的資料になるとみられる〉としたが、この写真は日本軍とは関係なく場所も時期も違うものと指摘され、朝日は写真に関する記述を取り消した。
※SAPIO2014年1月号
http://www.news-postseven.com/archives/20131218_231379.html


---------------------------------------------



>現在に至る「従軍慰安婦問題」のきっかけを作った。慰安婦について〈「女子挺身隊」の名で強制連行〉などの事実誤認や本人が嘘であることを認めた「吉田証言」を取り上げるなど、誤報を繰り返してきた。


朝日新聞は、従軍慰安婦問題について捏造報道で火をつけ油を流し大炎上させました。

1991年に朝日新聞は、朝鮮の済州島で慰安婦狩りをしたと捏造した吉田清治の著書、「私の戦争犯罪 -- 朝鮮人強制連行」を報道しました。

1996年のインタビューで吉田清治は、「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と、韓国での慰安婦の強制連行を捏造だと認めました。


1991年8月11日付の朝日新聞は、植村記者のソウル発記事で、「女子挺身隊」の名で戦場に強制連行された人が出てきたと報道しました。

記事では、「女子挺身隊の戦場に連行され日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち一人が名乗り出た」などと報じました。

名乗り出た元慰安婦の金学順は、8月14日に韓国で記者会見をしました。

金学順は、「生活が苦しくなった母親によって14歳の時に、平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。3年間の検番生活を終え初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった」と語りました。

つまり、当時は貧困な日本人にもあった身売り話しで、同じ朝鮮人に売られただけでした。


また、植村記者の記事にある「女子挺身隊」は、昭和18年9月に閣議決定されたもので、金学順が17歳だった昭和14年には存在しない制度です。

朝日新聞の植村記者は、日本政府に訴訟を起こした「太平洋戦争犠牲者遺族会」の女性幹部の娘と結婚しています。
植村記者は、義母からの情報提供で、事実に反した反日記事を捏造して報道しました。


1991年12月、韓国人元慰安婦の金学順・文玉珠らが原告として、日本政府に慰安婦補償を求めた初の損害賠償請求が東京地裁に提訴されました。


訴訟名称:アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
(慰安婦に対する賠償を日本政府に求めた初の裁判)※最高裁で敗訴確定
提訴:1991年12月6日・追加1992年4月13日
原告:当初35人・追加6人
裁判所:東京地方裁判所(民事17部)弁護士:高木健一・福島瑞穂・渡邊彰悟・他8名


朝日新聞は、当該訴状に「親に売られてキーセンになった」と記載されているものを、「軍が慰安婦を女子挺身隊として強制連行した」と書き変えて報道しました。

外務省は10月末までに「最近の韓国による情報発信」と題した文書をまとめました。

慰安婦問題について、「(昭和40年の)日韓請求権・経済協力協定に基づき『完全かつ最終的に解決済み』であるにもかかわらず、韓国側は請求権協定の対象外としている」と、1990年代以降の韓国政府の態度豹変を批判しました。


【関連記事】

産経新聞「河野談話の正当性は根底から崩れた」


つまり、1990年代に朝日新聞が従軍慰安婦問題を大炎上させたのです。


【慰安婦にまつわる年表(朝日新聞関連)】

1989年
5月 主婦で「朝鮮と朝鮮人に公式謝罪を・百人委員会」の事務局員、青柳敦子が『朝日ジャーナル』に意見広告
8月 吉田の著書が韓国で翻訳出版

1990年
1月4日 『ハンギョレ新聞』で、韓国の梨花女子大学教授の尹貞玉が「"挺身隊"怨念の足跡取材記」との連載で慰安婦問題を告発
7月10日 韓国で「挺身隊研究会」(現「韓国挺身隊研究所」)結成
11月 韓国で「韓国挺身隊問題対策協議会」が発足。ソウルの日本大使館前で「日本軍による慰安婦問題」に対する抗議デモを行なう。以降水曜デモが恒例に。

1991年
5月22日 『朝日新聞』大阪版が「木剣ふるい無理やり動員」との見出しで吉田 清治の慰安婦狩りの証言を写真入りで紹介
8月11日 『朝日新聞』が「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」(植村隆韓国特派員・ソウル発)との見出しで記事掲載
8月14日 元慰安婦の金学順がソウルで記者会見
8月15日 『ハンギョレ新聞』により、金学順が「親に売り飛ばされた」と証言 していたことが判明
10月10日 『朝日新聞』大阪版が井上祐雅編集委員による吉田清治のインタビュー記事を掲載12月6日 金学順を初め三名の元慰安婦を含む三十五人の原告(主任弁護士:高木健一)が日本政府を相手取り提訴(アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件)

1992年
1月11日『朝日新聞』が一面トップで吉見義明中央大学教授の防衛研究所における資料発見を「慰安所、軍関与示す資料」「部隊に設置指示 募集含め統制・監督」と報じる
1月13日十一日の『朝日新聞』の記事をうけ、加藤紘一官房長官が事実調査の前に「お詫びと反省」の談話
1月14日 韓国のマスコミが、女子児童が挺身隊として勤労動員されたという報道を誤解し、「国民学校の生徒まで慰安婦にさせた日帝の蛮行」などと報道1月16日 韓国を訪問した宮沢喜一首相は慰安婦問題の報道により反日デモが高まる状況に、首脳会談などで八回謝罪し、「真相究明」を約束
1月23日『朝日新聞』夕刊「窓」欄のインタビューで、吉田清治が「強制連行した女性は少なくみても九百五十人」と発言5月25日『朝日新聞』が、吉田清治が韓国に「謝罪の旅」に出る予定と紹介7月6日 日本政府が吉見義明教授の資料発見を受けて行った慰安婦問題に関する調査結果を発表。百を超える関係資料を公開。加藤紘一官房長官は「強制連行の資料はなかったが、慰安所の設置や運営監督に政府が関与していた」ことを初めて公式に認める7月31日 韓国政府が「日帝下の軍隊慰安婦実態調査中間報告書」で「日本政府による慰安婦の威圧的連行があった」と主張8月12日 吉田清治が訪韓。金学順に頭を下げて謝罪

1993年8月4日 日本政府が「慰安婦問題に関する第二次調査報告結果」を公表。それに関連し、河野洋平官房長官が旧日本軍の強制連行を認める、いわゆる「河野談話」を発表


【朝日新聞「従軍慰安婦」記事数の変動】

1985年1月1日~1998年4月30日
年  件数  特記事項
1985   3  ソ連にゴルバチョフ書記長登場。
1986   3
1987   2
1988   4
1989   6  ベルリンの壁崩壊。
1990   8
1991  110  ソ連崩壊。
1992  622
1993  350
1994  296
1995  384
1996  450
1997  375
1998  76


2010年11月8日放送の「ビートたけしのTVタックル」に、安倍総理が出演しましたが、安倍総理も朝日新聞を批判しました。



ブログ「銀色の侍魂」抜粋2010年11月8日放送の「ビートたけしのTVタックル」より


安倍元総理
「ただ、まあ私の・・安倍内閣はですね挑戦的な内閣だったんですよね
戦後レジュームプランからの脱却と言って。
そうするとたくさんの敵ができたんです。
戦後レジュームのまま・・だけの方がいいっていう人達がねえ。
そういうマスコミの人達もいるし、たくさんいますね。
そういう人達をかなり敵に回したことがありました。」


阿川さん
「マスコミも・・・」

安倍元総理
「ま、ですから、そりゃマスコミを中心としたね・・・」

宮崎氏
「敵っていうのは?」


安倍元総理
「例えば朝日新聞なんかそうですよね。
ハッキリ言いますと。」

(スタジオから笑い声?)阿川さん
「この局なんです、すみませんねホントにご迷惑をかけます。」


安倍元総理
「え・・まあ、私の総理ぶら(ぶら下がり会見)・・の時にはですね5人連続朝日の記者が聞くわけですよ。
ちょっと異常でしょ?
7~8人来てるんですから。
普通各社1人ですよ。
7~8人来てて次々と質問させてイライラさせようと、言うことですね。
で、なんとか私が失言をさせようと言ったんですよ。」



11月28日付の朝日新聞は、「インドネシアにも慰安婦だったと証言する女性がいる」と捏造報道をしました。

--------------------------------------------------------
慰安婦問題、インドネシアの女性証言 「日本軍のテントに連行された」

慰安婦問題は日韓間だけの問題ではない。日本政府が約20年前、東南アジアへの波及を防ぐ外交を水面下で進めていたことを朝日新聞は報じた。1942年に日本が占領したインドネシアには、現在も「旧日本軍から性暴力を受けた」「慰安婦だった」と証言する女性がいる。


日本軍のテントで何度も辱められたと証言したベッチェさん。家族にも捨てられ、未婚だという=7月18日


イパティマンさんは、日本の大手企業の工場で働いていたところを連行されたと証言した。「毎日10人ほどの日本人がやって来た」と話した=7月21日
以下略
2013年11月28日 朝日新聞

----------------------------------------------------

1942年に日本軍がオランダからインドネシアを解放したのに、なぜ「テント」の慰安所があるのでしょうか?

当時は日本国民だった朝鮮人もインドネシアにいたので、性的暴行を加えたのは朝鮮人軍属ではないのでしょうか?

朝日新聞が2人の女性にインタビューをしたのは7月なのに、なぜ11月になってから報道したのでしょうか?

そして、この2人の女性は、日本軍に強制された慰安婦ではなく、現地の戦時売春婦だったのではないのでしょうか?

日本軍人がインドネシアでオランダ人女性を慰安婦にしたという白馬事件でも、秦郁彦は、判決で被害者のオランダ人の全てが強制とはされなかった事、慰安所に連行される以前に売春婦であった女性が存在した可能性について述べています。

そもそも、大東亜戦争当時、日本軍はインドネシアの人々から解放軍として迎えられ、民間経営による慰安所があり、日本軍人相手の慰安婦がいたのです。

つまり、どうしても「日本を悪者にしたい」との朝日新聞による捏造記事です。


【関連記事】

朝日新聞「インドネシアの女性『日本軍のテントに連行された』


『赤が書きヤクザが売ってバカが読む』との朝日新聞の2011年度の従業員平均給与は1287万円、役員は2870万円と高給です。


朝日新聞の「誤報・虚報歴代ベスト5」でも分かるように、一連の「従軍慰安婦」報道により日本の名誉を毀損した朝日新聞に日本の新聞社としての資格はありません。


朝日新聞は廃刊しろ!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓




人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



スポンサーサイト


記事の「画像」とリンク先の動画やブログなどは、ヤフーブログでご覧ください。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



「韓国人は嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>




-------------------------------------------------


「反韓」煽る週刊誌 言論機関は本来の姿に戻るべき

韓国と日本の関係がうまくいっていない。日本の週刊誌などは連日、毎週のように韓国に対して根拠のない誹謗中傷を続けている。日本の良識が失われたと言われても仕方がない状況だ。

今月2日には民団中央本部代表団が東京・千代田区の『週刊文春』本社を訪れ、同誌12月5日号「今週のバカ」という連載の中で「朴槿恵の『おばさん外交』」と題した誹謗中傷の記事に対して謝罪を要求した。また、駐日韓国大使館も同誌本社を直接訪れて抗議したという。

韓国の誹謗中傷を続ける週刊誌などを見て、都内のある団員は「韓日関係は単なる政治家だけの問題から、マスコミなどを通じて被害者は一般市民にまで広がっていると感じる」と話した。

先月の29日と30日の両日には、都内で日本と韓国の議員連盟による合同総会も開かれた。安倍晋三首相も出席し、「日韓両国は、言うまでもなく、最も重要な隣国同士」とアピールしている。日本の各地では、韓日関係の改善に向けて、韓国フェスタや朝鮮通信使再現行列など市民による草の根交流が地道な努力で続けられている。

両国の政治家や市民らによる地道な努力が重ねられているにもかかわらず、日本国内の主要な週刊誌などは、韓国に対して誹謗中傷を続け、まるで韓国バッシングのキャンペーンを張っているかのようだ。

今週発売された週刊誌だけをみても、韓国バッシングの状況が続いていることは読み取れる。
9日発売の『週刊ポスト』(12月27日号)は、「なぜ韓国は『反日』がやめられないのか」というテーマで16ページにもわたる特集を組んでいる。また12月12日号の『週刊新潮』も、「『韓国』が目を背ける不都合な真実」をテーマに、ベトナム戦争当時の韓国軍の残虐さを煽ったり、韓国から日本企業が撤退すれば韓国経済には何も残らないといった内容の特集を組んでいる。

月刊誌の『SAPIO』は12月号で「韓国が背負う『嘘の代償』」、来年1月号では「暴走国家よ目を覚ませ 韓国『教科書とキムチ』の嘘」と韓国を「嘘つき」とするような特集を続けている。

このような日本の限度を超えた一連の韓国バッシングの動きの中で、民団中央本部代表団は2日、『週刊文春』本社を訪れ、誹謗中傷記事に抗議した。

林三鎬民団中央副団長は「いま韓日関係を正常化しようと双方が努力をしている中で、水を差すような記事を掲載した。記事内容も女性蔑視で一国の国家元首を揶揄するのは失礼にも程がある」と伝えたという。

現在、心無い記事が日本の週刊誌などによって広がっている。誹謗中傷記事は、今後の韓日関係を害するばかりだ。言論機関は本来の姿に戻る必要がある。
2013/12/11 統一日報
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=74373&thread=04


-------------------------------------------------


>韓国と日本の関係がうまくいっていない。日本の週刊誌などは連日、毎週のように韓国に対して根拠のない誹謗中傷を続けている。



事実を報道しているだけだ!

韓国人は日本が嫌いなくせに、日本のテレビや新聞、週刊誌を見ています。


>日本の良識が失われたと言われても仕方がない状況だ。


お前が言うな!

12月7日、韓国のSBSテレビは、韓国人タレントの6才になる息子に「生まれて一番カチンときた瞬間」に関するトークで日本を批判させました。

----------------------------------------------

イ・ヘウン息子、独島問題一針「日本、竹島呼称腹が立つ」

タレント、イ・ヘウンの息子ヒョンソ(6)君が独島(ドクト、日本名:竹島)に対する愛情を見せた。

7日放送されたSBS‘スター・ジュニア・ショー-プンオパン’に出演したヒョンソは「生まれて一番カチンときた瞬間」に関するトークで「独島は韓国の土地なのに、日本の人々が度々、独島を竹島と呼んで腹が立つ」と言ってみなをびっくりさせた。


ママのイ・ヘウンは「ヒョンソが保育園で独島について習ってきた」として「独島について学び、旗も作ってステッカーも作り、道で人々に独島について広報もした」と感心な6才の息子の愛国を自慢した。

引き続きヒョンソはキレのある振りつけと一緒に歌「独島は私たちの土地」を熱唱し、出演者たちから大きな拍手を受けた。
2013.12.07;TVデイリー(韓国語)


--------------------------------------


>今月2日には民団中央本部代表団が東京・ 千代田区 の『週刊文春』本社を訪れ、同誌12月5日号「今週のバカ」という連載の中で「朴槿恵の『おばさん外交』」と題した誹謗中傷の記事に対して謝罪を要求した。また、駐日韓国大使館も同誌本社を直接訪れて抗議したという。


韓国人は言論弾圧するな!

朴槿恵大統領は、就任後初めて訪米した5月から、外遊の先々で「Tale-bearer Diplomacy(告げ口外交)」を繰り返しています。

しかも、朴槿恵の「反日告げ口外交」は常識の範囲を超えたやり方であり、何よりもその主張は事実に基づかない嘘です。

11月28日発売の週刊文春(12月5日号)は、「今週のバカ」とのコラムで朴槿恵大統領を取り上げ、「隣近所の悪口を言いふらす『おばさん外交』をしている」と指摘しました。



朴槿恵の「おばさん外交」連載29「今週のバカ」
「週刊文春」2013年12月5日号

ああいうおばさんってたまにいますよね。キャパシティが小さいので、すぐに爆発してしまう。一流大学出身で無駄にプライドが高いので、一度言い出したことをうまく収めることができない。買い物をするたびにクレームの電話をかけたり、ゴミの捨て方に文句をつけたりするので、近所の主婦からも煙たがられる。
韓国の朴槿恵は大統領就任直後から、竹島問題や「従軍慰安婦」問題について騒ぎ出し、「(日本と韓国の)加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることはない」と持論を述べている。
訪米中にはオバマ大統領に「北東アジアの平和のために日本は正しい歴史認識を持たねばならない」。訪韓したヘーゲル米国防長官には「歴史や領土問題で後ろ向きの発言ばかりする日本指導部のせいで信頼関係を築けない」と「反日告げ口外交」を展開。 中略
「要旨」

・反日告げ口外交というより、井戸端会議で隣近所の悪口を言いふらす「おばさん外交」だ。
・韓国の歴代大統領は、支持率が下がると反日カードを切ってきたが、日本側も追い詰められた事情をわかっているから大人の対応をとってきたのだろう。
・朴槿恵は最初に反日カードを切っちゃった。思慮が浅いというか、微笑ましいというか、自分が信じている正義を一方的に叫ぶだけなら子供と変わらない。
・「会って得るものがない」と言う人に会っても得るものがない。結局、困るのはあのおばさん。クレーマーおばさんの対応は適当にやって、実務は裏方がこなせばいい。
・最近は韓国国内でも「朴槿恵の反日パフォーマンスはやりすぎだ」との声が出始め、反日メディアからさえ批判を浴びている。
こうした状況を打開するためには、やはり「愛」が必要だと思う。
朴槿恵は人から愛された経験が少ないのではないか。それでつい攻撃的になってしまう。そんな彼女の弾ける気持ち、甘酸っぱいパッションをしっかりと受け止めることができる大人の彼氏の出現が今求められているのではないか。


【関連記事】

週刊文春「今週のバカ」クレーマーおばさんと化した朴槿恵


>9日発売の『週刊ポスト』(12月27日号)は、「なぜ韓国は『反日』がやめられないのか」というテーマで16ページにもわたる特集を組んでいる。


日本の週刊誌が連日、毎週のように「韓国の真実」の記事を掲載しているのは、韓国を取り上げると週刊誌の販売部数が伸びるからです。

つまり、日本は嫌韓ブームになっているので、週刊誌が売れているのです。


「なぜ韓国は『反日』がやめられないのか」
「週刊ポスト」2013年12月20・27日号


>このような日本の限度を超えた一連の韓国バッシングの動きの中で、民団中央本部代表団は2日、『週刊文春』


本社を訪れ、誹謗中傷記事に抗議した。
 
これまでにもマスコミが韓国と北朝鮮にとって不都合な報道をすると、民団と総連が押しかけて抗議をしています。

そして、マスコミは在日韓国・朝鮮人の圧力に屈して、捏造歴史による反日報道をしています。
その事情について、2005年に「マンガ嫌韓流」を出版して、電通支配のマスコミが捏造した韓流ブームと対立した漫画家、山野車輪は自身のサイトで述べています。


2003年7/17~7/21のぐだぐだ日記を編集・一部追加してうPしました。-車輪-
(抜粋)
 出版社は4ヶ所回りました。色々話を聞いたけど、説明が面倒なんで要約するね。


4ヶ所目
「ウチでは扱えない。おそらく編集長がOKしない。在日の攻撃が恐ろしい。ウチは簡単に潰れる。そういう内容の作品を扱って雑誌を潰すことは出来ない。日本人ではなく在日の立場でこの問題を描くのならばまた別だが。」
 出版社は右よりの主張が出来ないのか?
 この辺の事情を3ヶ所目に回った出版社の編集さんに教えて貰った。どうやら、朝鮮に関する内容について間違った記述をした場合、大阪にある民団か総連かその辺は知らないけど、在日の講習に編集と作家が毎週一回、それを一年間通い続けなければならないというルールがあるそうだ。この編集さんの話ぶりだと拒否出来ないっぽい。冗談じゃない。在日に都合の良い、嘘で塗り固められた講習を受けるのはまっぴらだろう。だから本気で描く場合、作家側が完全に理論武装しておかないと上記の様なことになるらしい。その編集さんの好意で、某右よりの雑誌の編集さんを呼んで貰おうとしたけど編集部にいなかったらしく、深い話は出来なかった。残念。
 それにしても在日という存在は恐ろしい権力を持っているのだな‥‥日本人を虫けらのように思っているのではなかろうか?日本のあまりにも自虐的すぎる歴史観は在日の犯罪を覆い隠している。
 悪辣なレイプ犯でさえ、韓国人ということで悪辣に描ききれない。このように描いたらマズイのではないか?という表現のラインを気にしてしまうのだ。日本に巣食っている小中華思想というものは本当に恐ろしい。悪辣な存在を悪辣に描けない状況。これこそが韓国をテーマにエンターテインメントに徹し切れない原因でもある。朝鮮という存在は面白い題材なのに漫画家さんやドラマのシナリオライターさんが手を出さない原因だろう。実際に漫画雑誌側でも朝鮮を題材とした企画はあったようだ。ポシャッているのだろう。

 この状況を何とかしないと日本はヤバイよ。マスコミも当てにならない。テレビも新聞も当てにならない。頼れるのは、ネットと部数の少ない朝鮮についての書籍だけだ。今、こうしている間にも日本人の人権は剥奪されているんだよ‥‥




2004年、NHKで放送予定のドラマ「坂の上の雲」の脚本を任されていた脚本家の野沢尚が自殺しました。


------------------------------


作家野沢尚さんが死亡 事務所で首つり自殺か

28日午後2時半ごろ、東京都目黒区八雲、作家野沢尚さん(44)の事務所で、野沢さんが首をつって死亡しているのが見つかった。警視庁碑文谷署は、自殺とみて調べている。

野沢さんは、名古屋市出身で日大芸術学部を卒業。1983年にシナリオ作家の卵らに贈られる城戸賞の入選を機に本格デビューした。人気テレビドラマ「親愛なる者へ」「この愛に生きて」「青い鳥」などの脚本を担当。99年に「眠れる森」で向田邦子賞を、2002年には「反乱のボヤージュ」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。「その男、凶暴につき」「ラストソング」など映画の脚本も手掛けた。小説の執筆にも取り組み、97年には「破線のマリス」で江戸川乱歩賞を受賞。「深紅」など意欲的に発表を続けるマルチぶりを発揮していた。

06年からNHKで放送予定のスペシャル大河ドラマ「坂の上の雲」の脚本も任されていたが、野沢さんの取材に時間がかかり、07年以降に放送が延期されていた。
2004/06/28 【共同通信】


--------------------------------


ドラマ「坂の上の雲」は、野沢の自殺により未完となり、NHKの製作スタッフが完成させましたが、野沢が自殺した際、知人に「夢はいっぱいあるけど、失礼します」との遺書が残されました。

NHKは2009年から2011年にスペシャルドラマ「坂の上の雲」(全13話)を放送しましたが、原作(司馬遼太郎)にはない反日的なシーンがありました。


2009年12月20日放送NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」
正岡子規役(中央)香川照之日清戦争に従軍した正岡子規の前で、日本軍が清国人から食料らしき物を強奪(徴用)して老人が抗議する「坂の上の雲」の原作にないシーン!



民団中央本部代表団が『週刊文春』本社を訪れ、「朴槿恵の『おばさん外交』」と題した記事に対して謝罪を要求し、駐日韓国大使館も直接訪れて抗議したということです。

韓国人は日本の週刊誌を読むな!


と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓





人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html




記事の「画像」とリンク先の動画やブログなどは、ヤフーブログでご覧ください。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



「韓国は嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>




韓国大統領府関係者、文春コラムに不快感 朴大統領をやゆに

韓国大統領府関係者は28日、週刊文春最新号が「今週のバカ」とのコラムで朴槿恵大統領を取り上げ「隣近所の悪口を言いふらす『おばさん外交』」をしているとやゆしたとして、「暴言は恥ずべきことで不名誉なことだ」などと不快感を示した。聯合ニュースが報じた。

 28日付の韓国紙、東亜日報などが、担当作家が書いた週刊文春のコラムの内容を報じた。従軍慰安婦問題などで日本の批判を続ける朴氏を「クレーマーおばさん」とからかい、「人から愛された経験が少ない」朴氏の気持ちを受け止める「大人の彼氏の出現が今求められているのではないか」と結んでいる。

 大統領府関係者はコラムについて「いちいち対応する価値がない」とも述べた。

 週刊文春をめぐっては11月21日号に掲載された、安倍晋三首相が「韓国はただの愚かな国」と発言したとの記事に対し韓国で反発が広がり、日本外務省が韓国外務省に記事の内容は事実ではないと伝えていた。(共同)
2013.11.2 8 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131128/frn1311281207002-n1.htm



>韓国大統領府関係者は28日、週刊文春最新号が「今週のバカ」とのコラムで朴槿恵大統領を取り上げ「隣近所の悪口を言いふらす『おばさん外交』」をしているとやゆしたとして、「暴言は恥ずべきことで不名誉なことだ」などと不快感を示した。


事実じゃないか^^

朴槿恵大統領は、就任後初めて訪米した5月から、外遊の先々で「Tale-bearer Diplomacy(告げ口外交)」を繰り返しています。

朴槿恵大統領の「反日告げ口外交」は、国際的儀礼を欠いています。

また、各国首脳は、「他人の告げ口をする者は信用に値しない」と判断しますが、これらを理解できないのが韓国人です。

朴槿恵の「反日告げ口外交」は常識の範囲を超えたやり方であり、何よりもその主張は事実に基づかない嘘です。
保守系議員は政府に、韓国をパッシング(無視)するのではなく「経済制裁を科すべきだ!」と進言するべきです。


【関連記事】

朴槿恵の「Tale-bearer Diplomacy(告げ口外交)」


>従軍慰安婦問題などで日本の批判を続ける朴氏を「クレーマーおばさん」とからかい、「人から愛された経験が少ない」朴氏の気持ちを受け止める「大人の彼氏の出現が今求められているのではないか」と結んでいる。


韓国人は日本が嫌いなくせに、日本のテレビや新聞、週刊誌を見ています。


日本人は、週刊誌の記事のことを話半分と受け止めますが、韓国人はマジギレします。

11月14日発売の週刊文春(11月21日号)は、「韓国の『急所』を突く!」と題する特集記事を掲載しました。



韓国の「急所」を突く!
安倍首相「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」
金融制裁による「経済的征韓論」も提示
「週刊文春」2013年11月21日号



記事では、安倍首相の周辺人物の話として、安倍首相が「中国はとんでもない国だが、まだ理性的に外交ゲームができる。一方、韓国はただの愚かな国だ」と発言したと報じました。

また、首相側近と専門家の話として、「日本の金融機関が手を引けば韓国経済は壊滅的打撃を受けるだろう。」「サムスンですら一日で破綻する可能性がある。」と発言したと報じました。

11月15日、菅義偉官房長官は記者会見で週刊文春の記事について、「そんなことを言うわけがない。あり得るわけがない。」と明確に否定しました。


しかし、韓国では、メディアや国会議員まで猛反発しました。

韓国メディアは、「安倍がまた妄言」「本性があらわになった」「韓国をおとしめる発言」などと非難する報道をしました。

与党セヌリ党の洪文鐘事務総長は、「安倍首相と側近が韓国政府をおとしめる発言を続け、有力誌がとっぴな話を書いているようならば、韓日関係は今後多くの困難に直面するだろう」と批判しました。

最大野党・民主党の田炳憲院内代表も、「日本の軍国主義の亡霊にとらわれた安倍首相の妄言に、韓国政府は断固対応すべきだ」と発言しました。

11月16日付の朝鮮日報は週刊文春の記事について、「韓国の経済専門家は、同誌の主張は経済的な論理に合わない荒唐無稽な内容だと分析している。」と報じました。

しかし、韓国の生殺与奪権を握る日本が、「経済的征韓論」を実行すれば韓国経済は破綻するので、韓国は「愚かな国」です。


【関連記事】

サムスンが文春報道は「荒唐無稽」専門家反論



>大統領府関係者はコラムについて「いちいち対応する価値がない」とも述べた。


反応しているじゃないか^^



【ネット掲示板の声】
7 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
>>1
>大統領府関係者はコラムについて「いちいち対応する価値がない」とも述べた。

だったらいちいち取り上げるなよw

12 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
国が週刊誌に噛み付くとかすごいなw

18 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
>>1
> 「暴言は恥ずべきことで不名誉なことだ」などと不快感を示した。

> 大統領府関係者はコラムについて「いちいち対応する価値がない」とも述べた。

無視するのか文句言うのかどっちなんだよ

32 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
他国の週刊誌に文句を言う政府wwww

33 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
文春に釣られるって・・・w

34 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
効いてる効いてるw

35 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
おばさん外交wwwww的確すぎてワロタ

75 :名無しさん@13周年:2013/11/28(木)
韓国は新聞が同じようなことやってるくせに


【韓国人の反応】

日本人たちの感情がどうなのか知ることができる記事である。今、日本は私たちを馬鹿にしている。強者に弱く、弱者には強い典型的なすばしこい日本人の根性を見せている。
日本の有力週刊誌がメディアには到底受け入れられないほどの表現を使いながら、朴槿恵大統領を卑下して、波紋が広がっている。この週刊誌は、朴大統領の今週の馬鹿の中傷を広めるおばさんと主張して解決策は、彼氏と嘲笑した。

日本よ、今がどうであるか精神的ないくつかを願う。我々は早い時間内に島国日本を凌駕するものである。
共感67非共感12

日本は永遠に二流国に残るだろう。表面的な認識が変わりもないだろう変更される場合の機会も自分の車でとめしまった。結局、お金の多くの偏狭な国家として存続するだろう。
共感92非共感20

お前は永遠に犯罪国家の烙印を押されて、将来的に滅亡したときに、その名分があろう。
共感78非共感13

日本のマスコミのレベルだね。情けないそのものだ対応する価値も、怒る価値もない。
共感35非共感7

島の猿たちがなにか言った場合OOOよ!安倍を気にかける放射能猿たちよ
共感94非共感23


週刊文春の「今週のバカ」とのコラムでは、安倍首相も取り上げられたことがありますが、安倍首相は韓国人のように激怒していません。


11月28日発売の週刊文春(12月5日号)は、「今週のバカ」のコラムで朴槿恵の「おばさん外交」を掲載しました。

私は同誌を読みましたが、朴槿恵とその側近はコラムで指摘されている点を認めるべきです。


朴槿恵の「おばさん外交」
「週刊文春」2013年12月5日号

連載29「今週のバカ」クレーマーおばさんと化した

ああいうおばさんってたまにいますよね。キャパシティが小さいので、すぐに爆発してしまう。一流大学出身で無駄にプライドが高いので、一度言い出したことをうまく収めることができない。買い物をするたびにクレームの電話をかけたり、ゴミの捨て方に文句をつけたりするので、近所の主婦からも煙たがられる。
韓国の朴槿恵は大統領就任直後から、竹島問題や「従軍慰安婦」問題について騒ぎ出し、「(日本と韓国の)加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることはない」と持論を述べている。
訪米中にはオバマ大統領に「北東アジアの平和のために日本は正しい歴史認識を持たねばならない」。訪韓したヘーゲル米国防長官には「歴史や領土問題で後ろ向きの発言ばかりする日本指導部のせいで信頼関係を築けない」と「反日告げ口外交」を展開。

中略
「要旨」

・反日告げ口外交というより、井戸端会議で隣近所の悪口を言いふらす「おばさん外交」だ。
・韓国の歴代大統領は、支持率が下がると反日カードを切ってきたが、日本側も追い詰められた事情をわかっているから大人の対応をとってきたのだろう。
・朴槿恵は最初に反日カードを切っちゃった。思慮が浅いというか、微笑ましいというか、自分が信じている正義を一方的に叫ぶだけなら子供と変わらない。
・「会って得るものがない」と言う人に会っても得るものがない。結局、困るのはあのおばさん。クレーマーおばさんの対応は適当にやって、実務は裏方がこなせばいい。
・最近は韓国国内でも「朴槿恵の反日パフォーマンスはやりすぎだ」との声が出始め、反日メディアからさえ批判を浴びている。


こうした状況を打開するためには、やはり「愛」が必要だと思う。
朴槿恵は人から愛された経験が少ないのではないか。それでつい攻撃的になってしまう。そんな彼女の弾ける気持ち、甘酸っぱいパッションをしっかりと受け止めることができる大人の彼氏の出現が今求められているのではないか。



※全文は「週刊文春」でお読みください。



親韓マスコミの中で、「週刊文春」など週刊誌が韓国の実態を報じていますが、やはり電通支配の浅田真央叩きの週刊誌も存続しています。

2012年12月、ロシア・ソチで、浅田真央が4年ぶりのGPファイナルの優勝を飾りました。


それなのに、12月10日放送フジテレビの「すぽると!」は、GPファイナル優勝の浅田真央でなく、ドイツの試合での「キム・ヨナ復帰完全検証」を特集しました。

しかも、本来比べられない試合の点数をならべて、浅田真央よりもキム・ヨナのほうが上だという印象操作を行いました。


【関連記事】

ジャンプで転倒キムヨナが「今季最高得点」「浅田真央より上」



ネットでは、11月25日発売の小学館(一ツ橋グループ)「ビッグコミック・スピリッツ」での浅田真央を侮辱した漫画に批判の声があがっています。


61:名無しさん@13周年:2013/11/28(木) 02:24:33.38 ID:Vqa1U/iQ0
小学館も消えてなくなればいいのに

144 132 2013/11/27(水) 18:01:52.53 ID:bofiGJDb0
実はここに来るのは超がつく久しぶりなんだけど
電通キモすぎ記念に晒しときます。
サイズが大きかったり小さかったりしたらごめん
1コマ目

2コマ目

3コマ目

4コマ目

真央が絶好調なことにキムチ臭い人たちがファビョッて侮辱してるんだろうけど、
オリンピックが始まる前から2位確定みたいなモノを載せた小学館にも抗議してやる
ちなみに、ここには画像を載せてないけどこの4コマの右側には
『いよいよ、スケートシーズン到来。「2位じゃだめなんですか?」そんな
フレーズありましたね。』とか書かれてたよ。

11/25(月)発売の小学館「ビッグコミック・スピリッツ」のP60に掲載されている、
「気まぐれコンセプト」という4コママンガ。
書いているのはホイチョイ・プロダクションズという集団だそうだよ。

そういえば以前、蛆テレビ抗議デモをdisった4コマを載せた実績ありw



【告知】

当ブログでは「総理就任から1年、安倍総理は靖国神社に参拝するべきですか?」のアンケートを実施していますので、ぜひ投票をお願いします。
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=123369


週刊文春が朴槿恵大統領を「おばさん外交」としましたが事実であり、週刊誌にまで噛み付くのが韓国政府関係者です。

マスコミは反日韓国の真実を報道しろ!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓





人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html





記事の「画像」とリンク先の動画やブログなどは、ヤフーブログでご覧ください。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。

人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html




「みのは嫌い!」という方はクリックを<(_ _)>



島倉千代子さん葬儀を「カムバックにふさわしい舞台」と言い切ったみのもんたが、また大炎上中



『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』文化放送

 次男の不祥事でTBSの報道番組を降板したみのもんたが、またも舌禍事件を起こし大炎上している。

 9日、パーソナリティーを務める文化放送『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』に生出演したみのは、14日に東京・青山葬儀所で営まれる島倉千代子さんの葬儀・告別式に参列することを表明したが、その際の言い方が大きな批判を集めているのだ。

 番組後半、みのは突然「14日の島倉さんの葬儀に参列します。参列者がたくさん訪れるので、青山葬儀所には(午後)12時30分ごろに訪れます」と宣言。女性アシスタントの南波糸江が慌てて「ハッキリ言っちゃっていいんですか? また記者の方が集まっちゃいますよ」と指摘したが「(島倉さんに)私のカムバックにふさわしい舞台を用意していただいた」と言い切った。

 島倉さんとは40年来の付き合いで「文化放送の駆け出し時代に毎年年末に行われた『コロムビア大行進』というイベントで司会を務めたことが縁で知り合った」というみのだが、故人の葬儀を“カムバックの舞台”と形容したことには、ネット上を中心に「不謹慎だ」「他人の不幸を踏み台にするな」「人として最低」という声が殺到。テレビ関係者は「本心ではないにしても、言い方がまずかったですね。みのさんは現在、仕事がなくて“このまま芸能界から忘れ去られてしまうのではないか?”と相当焦っているそうです。ラジオでの発言もマスコミの気を引くためのリップサービスなのでしょうけど、故人の配慮に欠けることは否めません」と指摘する。

 今回の“失言”でカムバックがさらに遅れたことだけは確かなようだ。
2013.11.11日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2013/11/post_15070.html




>9日、パーソナリティーを務める文化放送『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』に生出演したみのは、14日に東京・青山葬儀所で営まれる島倉千代子さんの葬儀・告別式に参列することを表明したが、その際の言い方が大きな批判を集めているのだ。

島倉千代子さん・・・謹んでお悔やみ申し上げます。

『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』でみのもんたと、アシスタントの南波糸江は、みのもんたが島倉千代子さんの葬儀・告別式に参列することを笑いながら話しました。


【動画】

みのもんた、島倉千代子の葬儀参加について「(島倉さんが)私のカムバックにふさわしい舞台を用意していただいた」
http://youtu.be/5j8AlQYJH-c

書きお起し

みのもんた:(リスナーの声を紹介)「思い出話を皆さんありがとう。それだけお世話になられたのなら、ご葬儀ぜひ参加してくださいよ。貴殿の環境が大変であろうと、葬儀は人生最後のセレモニーです。参列してご冥福をお祈りしてください。世間の目なんか気にする必要ありません。これが人間としての本当の恩返しではないでしょうか。」

みのもんた:いや~その通り!ですから14日、午後の一時ですか、南青山の斎場。私は十二時半ちょい前くらいに行きます。
南波糸江:あっ、えっ?え?
みのもんた:ものすごいのよ混んじゃって。
南波糸江:いいんですか、情報公開して?記者の方が来てしまうかもしれないですよ。大丈夫ですか?
みのもんた:それが狙いでしょ!
南波糸江:えっへっへっ。
みのもんた:私の復帰第一作!
南波糸江:(笑)みのもんた:南青山の斎場。 私の、カムバックにふさわしい、舞台が揃ってるじゃないですか!
南波糸江:島倉さんが与えてくださったのかも、しれないですねぇ~。
みのもんた :え?島倉さんの葬儀なの?南波糸江:それっ。みのもんた:なんて、この感じが、僕にいいですね~。
(葬儀に行った時のことを来週話す等)
(棺の中で)どんな着物着ていたのか来週報告しますね!来週この番組が存続してることを祈りたいですね。
南波糸江:スタッフさんたちが下を向いてます、みんな一斉に。
みのもんた:社長どこ行った社長は!頼むよぉ~。



>故人の葬儀を“カムバックの舞台”と形容したことには、ネット上を中心に「不謹慎だ」「他人の不幸を踏み台にするな」「人として最低」という声が殺到。


ネットの掲示板では、みのもんたに対して批判の声が殺到しています。

18 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
もう、みのもんたが自分の葬式あげてくれよ…
亡き人までネタにするのかこいつは…心底のクズだ。

21 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
(人間性が)駄目な奴は何をやっても駄目

34 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
親族、こいつの参列断れば良い。
いまさらみのもんたと仲良くしたってなんのメリットもないだろ。

49 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
こういうのをゲスの極みって言うのだろうね

50 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
こいつは、アホだな。息子の反省もないみたいだ。こんな奴は、永久追放で良い。
人間の気持ちも、もってない。

61 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
人の不幸が舞台とか頭おかしいな

74 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
弔問にきても丁重にお断りしてさしあげろ
いくらなんでも下衆すぎる

84 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
島倉千代子さんの葬儀 改め みのもんた復帰第一作

といっているわけだが
冗談でも失礼極まりないな

恩返しといいつつこんな言葉が出てくるところが、みのの人格をよく表してる

140 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
「島倉さんの死に装束がどんなだったかラジオで報告します」
   ↑
こんな狂った発言、初めて聞いた。ありえない。

142 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
人の命とか、故人に対する追悼の気持ちとか、何にもないのな。

人間だったら、冗談でも言えないわこんな事。
こんな事思ってる奴に故人も葬儀来てほしくないだろう。
朝鮮人以下。

823 :名無しさん@13周年:2013/11/11(月)
この親にしてあの子ありだね~
こんな俗物がまともな人間を育てられるはずは無いよ。
人の死に際して、この厚かましさはほとほと閉口する。
二度と表に出てこないことを祈る。
ほんとうんざりする。正真正銘のゲスだわ

888 :名無しさん@13周年:2013/11/12(火)
ああやっぱり炎上したかw
普通に考えて他人の不幸を喜びそれで自分を利する事を堂々と宣言したら、
そりゃ日本人的感覚なら不謹慎と怒るわな。
人の不幸に付け込むのはシナとチョン特有の感覚だ。

900 :名無しさん@13周年:2013/11/12(火)
>みのさんは、来週番組で葬儀の模様を報告したいとして

人様の葬儀の模様をラジオで報告したいって・・・ふざけすぎだろ


みのもんたは、他人の不幸の痛みがわからない人間です。

香川県坂出市で50代の女性とその孫の幼児姉妹2人の計3人が2007年11月16日未明に殺害され、死体が遺棄された事件(香川・坂出3人殺害事件:最高裁で死刑確定)が起きました。

2007年11月19日放送の『みのもんたの朝ズバッ!』でみのもんたは、(行方不明になってから、通報に至るまで1時間かかったことについて)「普通すぐに電話しない?警察署に行って届け出てる。普通だったらそのまま電話しないかねぇ?」「不思議だねぇ」と被害者の家族をあからさまに犯人扱いするような発言をしました。

被害者の家族は怒りを露にし、週刊誌の取材に「みのもんたさんに聞きたかった。オレが殺したんかと」と話しました。


【関連記事】

みのもんた謹慎の予定なかった


『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』のアシスタントの南波糸江は、みのもんたが経営する「ニッコク」に所属しています。


▼10月26日謝罪会見で「女房に申し訳ない」と涙ながらに想いを語ったみのもんた


▼みのもんたと南波糸江


【みのもんた「朝ズバッ!」セクハラ騒動】
2006年 TBSアナウンサーの山田愛里、みのもんたからの執拗な­セクハラ被害に耐えかね「朝ズバッ!」降板。

2007年 TBSアナウンサー水野真由美、入社6か月後に「朝ズバッ!」担当を6か月やったあと1年以上休業。

2012年 TBSアナウンサー高畑百合子の「セクハラ!」という声が「朝ズバ­ッ!」生放送中に流れた。

2013年 TBSアナウンサー吉田明世が「朝ズバッ!」生放送中、みのもん­たからセクハラを受け困惑の表情で手を払い除­けた。

【関連記事】
みのもんた「生セクハラ」?茶の間に流れる

みのもんた(本名:御法川法男)は、水道メーター製造販売会社「ニッコク」(2006年度売上高40億円)の代表取締役社長です。

「ニッコク」は、東京都などへの水道メーター納入業者を決める一般入札で談合を行い、不当な利益を上げていました。


ニッコク

過去の不祥事

2003年、水道メーター談合疑惑で談合に関わったメーカーとして家宅捜索を受けた。それ以前も、摘発を受け処分されていたが、その後も談合をくりかえしていたとして公正取引委員会から排除勧告を受けている。

2005年、東京都水道局の入札に関する水道メータ談合事件に係る課徴金納付命令に伴う談合企業を東京都水道局が発表。再びニッコクが談合に関与していた件で東京都から13,941,018円の損害賠償請求(第二次請求)を受けることになった。

2006年、神奈川県の 川崎市 水道局で、2000年から2002年の間に行われた『水道メーター入札に関する談合事件』に関与していた企業が、刑事告発を受けた。その結果、ニッコクを含む計8社に対する損害賠償請求が行われた。


『みのもんたの朝ズバッ!』は反日的な世論誘導を繰り返し、反日左翼・反日韓国人らを喜ばせるための反日番組でした。

2012年12月17日放送の「みのもんたの朝ズバッ!」でみのもんたは、自民党の憲法改正・国防軍を「富国強兵という意味合いがものすごく感じられる」と世論誘導しました。


みの
「この政権公約一応書かして頂いたんですけどこれ見てますとね、昔小学校の時に富国強兵という言葉を僕ら教わったんですよ。その富国強兵という意味合いがものすっごくここにね、僕は感じられるんで。日本を取り戻すってどういうことですか、日本がかつて富国強兵に、政策的に、国を挙げて動いていた時のような…(ためる)所に戻そうとしてるんですか?だから憲法改正、国防軍という言葉が出てくるんでしょ」

【関連記事】

「富国強兵という意味合いが感じられる」

みのもんたは、次男の不祥事により、TBSの『みのもんたの朝ズバッ!』から降板しました。

みのもんた(本名:御法川法男)は、2002年に長男の御法川隼斗をTBSに入社させ、2005年に次男の御法川雄斗を日本テレビに入社させました。

みのもんたは、不祥事を起こした次男について、「不完全な形で世の中に送り出してしまったのか。どこかが狂って、社会に送り出した。その責任は、父親である私にあります。」といっていました。

その日本テレビから諭旨解雇された次男は、入社の筆記試験が難しくて「住所と名前」しか書けなっかったのに、みのもんたは「コネ入社」させていました。


次男は「筆記試験で住所と名前しか書けなかった」 みのもんた、手記で「コネ入社」経緯明かす

次男が窃盗容疑で逮捕=不起訴処分=されたことが原因で報道番組の降板を余儀なくされたみのもんたさんが、2013年11月10日発売の「文藝春秋」13年12月号に一連の騒動についてつづった手記を寄せている。
これまでの週刊誌のインタビューで、みのさんは次男が日本テレビに「コネ入社」したことを認めていたが、今回の手記では、その経緯がさらに詳しく明らかにされた。筆記試験にはまったく歯が立たなかったというのだ。

「将来、社屋を移転する可能性もあるので、引っ越し要員が必要だ」

みのさんは、これまでのインタビューで、11年に死去した元日本テレビ会長の氏家齊一郎氏に次男の入社を働きかけたことを告白している。例えば週刊朝日11月15日号では、

「次男の日本テレビ入社は、正直、コネでした。受験番号とか言って、『せがれが受けるからよろしく頼むよ』って、僕が氏家さんに言ってますからね」

と明かしており、週刊文春11月14日号では、入社試験の内容についても触れている。

「試験は、次男が言うには『難しくてわかんなかった』そうですが、結果的に受かった。ですからコネクションがあったからだと思います」

今回「文藝春秋」に寄せた手記「私はなぜここまで嫌われたのか」では、8ページにもわたって自らの思いや、週刊文春をはじめとした週刊誌への反論を展開している。その中で、「コネ入社」の経緯についても詳しく説明している。

「入社試験を受けたのですが、恥ずかしいことに、筆記試験が難しくて住所と名前しか書けなかった、と。それで、当時、日テレの会長で、一昨年亡くなった氏家齊一郎さんに相談したところ、『将来、社屋を移転する可能性もあるので、引っ越し要員が必要だ』といって、体力だけはある次男を引っ張ってくれたのです(笑)」

塾高時代に万引きが響いて留年

次男は06年に日本テレビに入社し、今回の事件で諭旨解雇されている。日本テレビが本社機能を麹町から汐留に移転したのは04年のことなので、氏家氏が語ったとされる「将来、社屋を移転する可能性」は、どんなに近くても数十年後だ。
もちろん入社試験の内容は年ごとに変わるが、就職情報サイトの情報を総合すると、過去の日本テレビの筆記試験では、一般常識問題や、番組の企画案、好きな番組とその理由を書く問題などが出題されたという。一般に、マスコミ各社の筆記試験での合格ラインは6~7割だとされる。
次男は、いわゆる「慶應ボーイ」で、「幼稚舎→普通部→塾高(慶應義塾高校)→商学部」という典型的なエスカレーター進学を果たしている。塾高時代に万引きで停学になったことなどが響いて1年留年している。
また、慶應内部の高校から日吉キャンパスにある大学学部に進学希望を出す際の序列は、

「医学部→法学部法律学科→法学部政治学科→理工学部→経済学部→文学部→商学部」

が一般的だとされており、次男の塾高での評定平均はかなり低かった可能性がある。
2013/11/11 J-Castニュース



民放各局は著名人の子弟を「コネ入社」させ、「在日外国人枠」や「創価学会枠」で社員を採用しているから、マスコミは腐りきったままなのです。

【就職】「在日は武器」 在日女子大生、面接で靖国や独島の質問答えてTBSに内定:2007/01/10(水)
民団新聞
■TBSテレビ内定【李民和】さん

2年後


みのもんたの年収は数億円と言われていますが、みのもんたは国民共有の財産である公共の電波を利用して高収入を得ている公人です。

河本準一の母親生活保護不正受給問題の際、自民党の世耕弘成参院議員は「国民の財産である電波を使用して高額の収入を得ている以上は、特権を認められた一種の公人」と述べました。

【関連記事】

河本準一の母親生活保護不正受給疑惑


みのもんたは公人として、故人の葬儀を「カムバックの舞台」と言い切り、筆記試験で住所と名前しか書けなかった息子をコネ入社させました。


みのもんたは引退しろ!

と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓





人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html



空いている時間に画像添付や文章編集をしています。ヤフーブログの更新を優先していますので、読者の皆様にはご理解下さい。



人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。


http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html


おおいた評論:東京五輪 雑感

 1964年の東京五輪の時は幼稚園児だった。記憶にある東洋の魔女や裸足の王者などの姿が、その時に見たものかどうかは判然としないが、国道3号を走り抜けた聖火ランナーと、ファンファーレの荘厳で神秘的な響きは確かに見て聴き、強く印象に残っている。70年には大阪万博で世界の最先端の科学や文化を垣間見て、新幹線で東京に行って大都会というものに目を見張った。日本全体が熱に浮かされたかのように高度経済成長(当時、その言葉は知らなかったが)の道をひた走っているという高揚感を、子供心にも覚えたものだ。東京五輪は、国民を元気づけ、日本が先進国の仲間入りをする上で跳躍台の役割を果たしたという意義はあったと思う。

 翻って2020年の東京五輪の意義は何なのか? 招致活動が盛り上がる中、なぜまた東京なのか、東京をさらに肥大化させるだけではないのか、巨費を投じるべき先は他にあるだろう……などと声を小にしてつぶやきたい気持ちがずっとあった。国際オリンピック委員会(IOC)総会の決定は尊重するが、まだすっきりはしていない。

 特に安倍晋三首相が総会の最終プレゼンで福島第1原発の汚染水漏れについて「状況はコントロールされている」と発言したことは看過できない。果たして地元の漁業関係者や識者からは批判の声が上がり、東京電力幹部も否定的だ。ごまかしで招致したと言われないためにも早急に国会で審議すべきだろう。

 人類が4年ごとに見る夢とも言われる五輪。見るなら幸せな夢がいい。開催してよかったと後に誰もが思えるよう、これから準備の過程を厳しく見守り、閉幕までを見届けなくてはならない。そのためには、何はともあれ健康でいることだ。その意志を持ち続けることによって国民の健康が増進されるとすれば、それこそが東京五輪の最大の効用かもしれない。<大分支局長 桑原省爾>
毎日新聞 2013年09月16日
http://mainichi.jp/area/oita/news/20130916ddlk44070399000c.html




>翻って2020年の東京五輪の意義は何なのか? 招致活動が盛り上がる中、なぜまた東京なのか、東京をさらに肥大化させるだけではないのか、巨費を投じるべき先は他にあるだろう

>国際オリンピック委員会(IOC)総会の決定は尊重するが、まだすっきりはしていない。

諦めが悪いな^^

3:名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 20:50
まだ文句言ってる連中が居るのか・・・

13:名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 20:52
もうただのクレーマーだなw
人のやる事にケチ付けないと気が済まないんだろうな。

66:名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 20:56
コレが民主政権時代だと大絶賛してたんだろうなこいつら。

48:名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 20:55
東京五輪の為にも福一なんとかしようとモチベ上がるし文句ないだろ
スペインだって景気対策の為に誘致してたんだよ

49:名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 20:55
反対なら反対で良い。
ただし最後の最後までその態度を徹底しろよな。
勿論、五輪開催中の報道も一切拒否でな。
反対反対と言いながら連日五輪の話題が紙面を埋め尽くすとか絶対やるなよ?

113:名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 20:59
>>1
いつまでも韓国みたいなこと言ってないで前見ろよ

35 :名無しさん@13周年:2013/09/16(月) 22:05
韓国の東京五輪妨害工作に内通して
日本ネガキャン(放射能の風説の流布など)をやりまくった反日メディア

【3大国賊メディア(S級)】
東京新聞・中日新聞
TBS
毎日新聞

【A級】
北海道新聞
朝日新聞
信濃毎日
沖縄タイムズ

共通点:日本人に成り済ました在日朝鮮人(韓国籍)が与太記事を書き飛ばす。


9月8日、2020年東京五輪開催が決定しましたが、日曜日の早朝のため、TBSは五輪決定直後に『サンデーモーニング』を放送しました。

【動画】

サンデーモーニング 東京五輪決定反応
http://www.youtube.com/watch?v=J5bP45tH8Pk

当ブログで取上げましたが、この『サンデーモーニング』はお通夜状態で、お祝いムードは一切見られませんでした。

img_1203798_38156719_10.jpg

寺島実郎
「小さなナショナリズムにうずくまる日本」
「近隣の諸国と正面から向き合え」

img_1203798_38156719_11.jpg

大宅映子
「もっと経済効果があり得る国があるのに」
「他の国に譲れば良かった」


【関連記事】

東京開催を喜ばない韓国人と同じ


2020年の東京五輪開催は経済効果だけではなく、東京都には1964年の東京五輪開催に向け整備したインフラの老朽化問題があります。

2020年の東京五輪開催により、東京都による日本の首都のインフラ整備や、政府による福島原発事故の対策もより一層進むことになります。



内閣支持率65.2% 2020年東京五輪を9割近くが歓迎 FNN世論調査


FNNが、この週末に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は65.2%と、V字型に上昇した。2020年夏のオリンピックの開催都市が東京に決まったことについては、9割近い人が歓迎している。

15日までの2日間、全国の有権者1,000人から回答を得た電話調査によると、安倍内閣の支持率は65.2%と、8月より10ポイント上がった。

「支持しない」は9.8ポイント減り、21.1%だった。

東京でのオリンピック開催決定について、「良かった」と「思う」人は9割近くにのぼり、8割を超える人が、経済成長につながると「思う」と答えた。

今回、皇族がIOC(国際オリンピック委員会)総会でスピーチしたことについては、9割近くが、良かったと「思う」と答えた。
以下略
09/16 21:21 FNN



>特に安倍晋三首相が総会の最終プレゼンで福島第1原発の汚染水漏れについて「状況はコントロールされている」と発言したことは看過できない

>ごまかしで招致したと言われないためにも早急に国会で審議すべきだろう。


民主党の応援か^^

民主「汚染水」で攻勢…首相追及の材料に

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水漏れ問題を巡り、民主党が安倍政権への批判を強めている。

 13日に福島県郡山市で開いた党の対策本部(本部長・大畠幹事長)会合では、安倍首相が7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で「状況はコントロールされている」と発言したことへの疑問の声が相次いだ。国会の閉会中審査や、10月15日召集予定の臨時国会で、首相を追及する構えだ。

 民主党は8月22日に対策本部を設置、4回目の今回の会合には大畠氏、増子輝彦副代表のほか、県内の自治体や東電、政府の担当者が出席した。首相の発言について、増子氏は「県民、国民に安心感を与えられるのか」と再三、明快な説明を要求。東電の山下和彦フェローが「コントロールできていない」と答え、経済産業省資源エネルギー庁の中西宏典審議官も「今後はしっかりコントロールできるようにやる」と答えたことで、同党は国会での追及の弾みになると見ている。

 政府と東電は早速、汚染水の港湾外への影響はコントロールできているとの趣旨で、首相と東電の認識は同じだとの説明に追われた。
2013年9月14日 読売新聞



毎日新聞には反日左翼や在日外国人の記者がおり、日本の名誉を毀損しては中韓など反日勢力のための報道を続けています。

2006年10月に佐賀県で開かれた「第26回全国豊かな海づくり大会」に、天皇皇后両陛下をご招待することを発表する佐賀県知事の会見がありました。

毎日新聞の在日外国人記者は、「今回の行事にですよ、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか」と、両陛下に敬称もつけない不敬発言をしました。


毎日新聞は、長年に亘り英文サイト、毎日デイリーニューズ上のコラム「WaiWai」では、「日本人変態記事」を世界中に発信していました。

しかも毎日新聞は、「日本人変態記事」を発信していたことを謝罪で済ませ、世界へ訂正記事を発信していません。

「毎日新聞の英

語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki」

※ 原則未成年の方の閲覧を禁止させていただきます。


2月5日、毎日新聞は中共海軍のフリゲート艦が海上自衛隊の護衛艦に射撃管制用のレーダーを照射していた問題を報道しました

5日22時40分更新記事では、「中国側が友好ムードを演出しているにもかかわらず、対中強硬姿勢を取り続ける安倍首相に態度軟化への変化が感じられないためだ」としていました。


毎日新聞は、中共海軍が自衛艦にレーダーを照射した原因は、中共側が友好ムードを演出しているのに、安倍首相が態度を軟化させないからだと断言しました。

しかし毎日新聞は、「最終更新02月06日01時53分」の記事で、こっそり記事の内容を書き換えました。



387 :可愛い奥様 :2013/02/06(水)
「安倍首相の対中強硬のせい」毎日新聞が中国の宣戦布告支持、も突然ひっこめる

魚拓 http://megalodon.jp/2013-0205-2315-24/mainichi.jp/select/news/20130206k0000m030077000c.html
今現在http://mainichi.jp/select/news/20130206k0000m030077000c.html

【北京・工藤哲】中国海軍のフリゲート艦が東シナ海で海上自衛隊の護衛艦にレーダー照射した背景には、
日本の安倍晋三政権に対する中国側の強いいらだちがある可能性が高い。日中間では首相経験者らが活発に往来し、
中国側が友好ムードを演出しているにもかかわらず、対中強硬姿勢を取り続ける安倍首相に態度軟化への変化が感じられないためだ。
↓↓↓

 【北京・工藤哲】中国海軍のフリゲート艦が海上自衛隊の護衛艦にレーダー照射した意図は不明だが、
対中強硬姿勢を崩さない安倍政権に対する中国側のいら立ちが背景にある可能性が高い。

【ポイント】
・レーダー照射した背景には~ ※安倍が悪いと断言
・レーダー照射した意図は不明だが ※と濁す

その他、所々消しゴム+書き換え。以上。


【関連記事】

毎日新聞「安倍首相が態度を軟化させないからだ」


▼東京五輪開催を喜ばない奴ら▼

img_1203798_38156719_2.jpg

img_1203798_38156719_3.jpg

img_1203798_38156719_6.jpg

テレビ朝日『池上彰が伝える2020五輪開催地決定SP 完全生中継!東京に運命の瞬間』の土田晃之


TBS『サンデーモーニング』関口宏、寺島実郎、大宅映子

韓国人

支那人

毎日新聞 ←NEW!

FNNの世論調査で2020年東京五輪開催を9割近い人が歓迎していますが、毎日新聞は「まだすっきりしない」と報道しました。

毎日新聞は廃刊しろ!


人気ブログランキングの投票は、↓ヤフーブログ↓のほうでクリックをお願い致します。<(_ _)>

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html




訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。